ぼっちゃんのブログ

当ブログの掲載記事・文章・画像等は
Twitter、2ch、5ch、爆サイなどからの転載です。
様々な情報や話題をお届けするブログです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    騎手が「馬の顔蹴る」動画が物議、ばんえい競馬「許される行為ではない」と処分へ


    NO.9417673 2021/04/21 20:47
    騎手が「馬の顔蹴る」動画が物議、ばんえい競馬「許される行為ではない」と処分へ
    騎手が「馬の顔蹴る」動画が物議、ばんえい競馬「許される行為ではない」と処分へ
    馬が数百キロのそりを引く「ばんえい競馬」(北海道帯広市主催)で、騎手が坂の途中で動けなくなった馬の顔を2度蹴るシーンがあり、虐待ではないかとSNSで物議を醸している。

    4月18日におこなわれた「令和3年度第1回能力検査」の18Rでの出来事。出走していた2歳牝馬が上り坂途中で膝をついて動けなくなったところ、そりから降りた騎手が、馬の顔を蹴るシーンが中継に映っていた。

    主催者側によると、騎手は競走中止が決まったうえでそりから降りたという。馬を立ち上がらせるために蹴ったようだが、「許される行為ではなく、処分等を検討している。近日中にホームぺージで説明する」という。

    能力検査は競走馬のデビューのために必要。8月の第10回まで何度でもチャレンジでき、翌年にもチャンスはあるが、不合格だった場合は、競走馬としての道が断たれることになる。


    【日時】2021年04月21日 16:09
    【ソース】弁護士ドットコムニュース


    【騎手が「馬の顔蹴る」動画が物議、ばんえい競馬「許される行為ではない」と処分へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    華原朋美 暴行被害でFLASHカメラマン逮捕で…お騒がせ歌姫暴走・勘違い報道の東スポに違和感の声 - 芸能ニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版


    NO.9417715 2021/04/21 21:08
    華原朋美 暴行被害でFLASHカメラマン逮捕で…お騒がせ歌姫暴走・勘違い報道の東スポに違和感の声
    華原朋美 暴行被害でFLASHカメラマン逮捕で…お騒がせ歌姫暴走・勘違い報道の東スポに違和感の声
    4月16日の午前中、東京・品川区内の路上で複数の警察官に囲まれて事情聴取を受けるジャージ姿の女性は、歌手の華原朋美だ。
    「報道によれば、華原さんはタクシーで移動中、後を追ってくる別のタクシーに気付き乗客の男を問いただしたところ、腕をつかまれたり肩を押されたりといった暴行を受けたそうです。加害者はどうやら週刊誌の記者だということです」(スポーツ紙記者)
    現場に偶然居合わせた人物は、当時の状況をこのように語る。
    「華原さんは警察官に対してジェスチャーを交えて状況を説明していました。加害者が乗っていたタクシーの後ろにもう1台、乗用車も止まっていたので、2台から追跡されていたようです」
    続きを見る

    96年に小室哲哉のプロデュースにより『I’m proud』をリリースしミリオンセラーを達成した華原は、これまでも週刊誌をはじめ世間の注目を集めてきた。
    「98年に交際していた小室さんとの破局をきっかけに精神的に不安定になり、2度の活動休止を余儀なくされました。
    昨年9月に所属していた事務所を退社しましたが、その後はSNSで積極的に発信したりボイストレーニングを始めたりなど、歌手活動の再開に向けて動き出していましたね。今年3月には、配信ライブを開催したところでした」(芸能プロ関係者)
    4月1日にはマツコ・デラックスと矢部浩之が司会を務める『アウト×デラックスSP』(フジテレビ系)にも出演し、赤裸々トークを披露。今回のトラブルは完全復帰と思われた矢先の出来事だった。

    「90年代に一世を風靡した彼女は、今でも話題に事欠きません。活動再開したことで、各メディアも動向を注目しているのでしょう」(同・芸能プロ関係者)

    ■窓口の人物が語ったこと
    逮捕された記者は、彼女のスクープを追っていたのだろうか。華原の窓口を務める人物に問い合わせると、心配と安堵が混じった口振りでこう答える。
    「会社側に事件の話が届いたのは午後4時ごろです。それまでは華原が1人で毅然と対応していました。詳細については確認中です。
    記者が来た目的はわかりませんが、彼女にとっても大事な時期なので、あまり大ごとにしたくないというのが本心です」
    ようやく復帰の光が見えてきた華原。3度目の活動休止にならないことを願いたい。
    逮捕されたのはFLASH記者
    歌手の華原朋美さん(46)の腕をつかんだり、肩を押したりしたとして、警視庁大崎署は16日、暴行の疑いで東京都江東区の自称会社員の男(32)を現行犯逮捕した。
    捜査関係者への取材で分かった。光文社によると、同社のスタッフで、華原さんへの取材中にトラブルになったという。
    捜査関係者によると、男は雑誌記者とみられ「身に覚えがない」と容疑を否認している。
    華原さんがタクシーに乗車中、男が乗った別のタクシーが30分以上付いてくることに気付き、品川区内で停車した。
    近くに止まった男のタクシーに乗り込み問い詰めると暴行を受けたという。駆け付けた警察官が男を現行犯逮捕した。
    華原「息子を守るため」
    歌手の華原朋美が18日、ツイッターでトラブルについて言及した。(現在は削除)



    【日時】2021年04月21日
    【提供】gossip!


    【華原朋美 暴行被害でFLASHカメラマン逮捕で…お騒がせ歌姫暴走・勘違い報道の東スポに違和感の声】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    吉瀬 美智子(きちせ みちこ、1975年2月17日 - )は、日本の女優、女性ファッションモデル。 福岡県朝倉市出身。フラーム所属。身長166cm。愛称は「みっちゃん」。 高校生の頃は美容部員志望だったが不合格だったため、高校卒業後は地元のエステサロンや喫茶店でアルバイトをしていた。喫茶店でのアルバ
    27キロバイト (3,020 語) - 2021年4月11日 (日) 09:45



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)



    1 ひかり ★ :2021/04/21(水) 06:14:53.49

     2021年4月7日、自身のツイッターを通じて離婚を発表した吉瀬美智子(46)。10歳上の前夫は、飲食業や美容業を手がける敏腕実業家で、5年の交際を経て2010年12月に結婚、2人の娘をもうけた。

     離婚の理由は不明だが、大手広告代理店の担当者は、今後の活動に支障はないと語る。

    「先月末、クライアントに対して離婚の報告があったそうです。とくに揉めたという報道もないので、彼女にとって痛手とはならないでしょう」

     テレビ局関係者も、離婚は転機になるのでは、と続ける。

    「今後はセレブ妻からママタレに路線を変え、バラエティなどでの活躍が期待できます」

     新たな一歩を踏み出した吉瀬だが、本誌は彼女の意外な過去をキャッチした。地元・福岡でモデル活動をしていた吉瀬を、よく知る友人が明*。

    「彼女は地元の雑誌に載っていて、ちょっとした有名人だったので、しょっちゅうナンパされていました。ただ、ほとんどがヤンキーでした(笑)」

     また、美人ヤンキーとしても有名で、吉瀬がガソリンスタンドでアルバイトをしていたとき、「彼女目当ての暴走族が列をなして給油していた」という伝説まであるそうだ。

     本誌は、吉瀬が通った高校の卒業アルバムを入手。貫禄十分の “番長姿” だが、たしかに別格の美貌でもある。吉瀬自身も著書で、制服はミニスカートで、髪はワンレンだったと綴っている。

     前夫は彼女のこんな強気の姿を知っていたのか――。それはともかく、シンママの飛躍に期待したい。

    (週刊FLASH 2021年5月4日号)

    https://smart-flash.jp/showbiz/139796/1

    (出典 data.smart-flash.jp)


    (出典 data.smart-flash.jp)


    (出典 data.smart-flash.jp)


    【【芸能】吉瀬美智子、“福岡最強” の「美人ヤンキー」写真…離婚したばかりの前夫も仰天!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    北朝鮮、「SLBM実験発射」を準備中の可能性=米CSIS


    NO.9415693 2021/04/21 09:45
    北朝鮮、「SLBM実験発射」を準備中の可能性=米CSIS
    北朝鮮、「SLBM実験発射」を準備中の可能性=米CSIS
    北朝鮮が、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)実験発射を準備しているとの分析が提起された。

    20日(現地時間)、米国戦略国際問題研究所(CSIS)の北朝鮮専門サイト「Beyond Parallel」は今月に入り、計6回にわたり撮影されたナムポ(南浦)海軍造船所の衛星写真データを土台に北朝鮮が SLBM試験船で作業を行なっていると説明した。

    米戦略国際問題研究所(CSIS)のジョセフ・バミューデス専任研究員とビクター・チャ氏は同サイトで、北朝鮮が直近4週間でSLBM試験発射用船の中央位置に固定された円筒型の物体を作業中で、この物体がミサイル用発射管ではないかと推定した。

    ただし、2人の研究員は確保した写真の解像度や撮影角度からは、この物体が発射管であるのかなどの詳細事項を得るのは難しいと強調している。

    研究員らは、北朝鮮の動きが意味するところは現時点では明白ではないとして、SLBM実験発射の準備、SLBMシステム改善、または新たなシステム設計や拡張修理、船および運営体系のアップグレードや修正、船員への教育、または戦略的な欺瞞や虚偽情報作戦などの可能性も捨てきれないと説明した。
    【日時】2021年04月21日 09:38
    【提供】WoW!Korea


    【北朝鮮、「SLBM実験発射」を準備中の可能性=米CSIS】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 image.itmedia.co.jp)



    1 ばーど ★ :2021/04/21(水) 08:06:14.96

    ※京都新聞

    喫煙していた少年(15)を殴ってけがを負わせたとして、滋賀県警が2日に県内の警察署の50代の男性巡査部長を、傷害容疑で書類送検していたことが20日、県警への取材で分かった。巡査部長は2日付で所属長訓戒処分を受け、依願退職した。

    県警監察官室によると、元巡査部長は休日だった3月15日午前9時ごろ、大津市内でたばこを吸っていた少年を発見。未成年とみられたため、喫煙をやめるよう注意したところ、つかみ合いになり、先に少年の額を手で1回殴り、全治4日間の軽傷を負わせた。少年は元巡査部長の顔を殴り返し、鼻骨骨折の重傷を負わせたという。

    元巡査部長は当日に上司に経緯を報告。「喫煙をやめるよう注意したが、反抗されたので手を出してしまった。少年に謝罪したい」と話したという。県警は発表対象に当たらないとして公表していなかった。同室は「職員に対する職務倫理教養を徹底する」としている。

    県警は、この少年を今月2日、元巡査部長に鼻骨骨折を負わせたとして、同容疑で書類送検した。

    4/21(水) 6:01配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5fd64334b9b67a96905b7339dd366e9e1d7cfe26


    【【滋賀】休日の巡査部長、たばこを吸っていた少年(15)を注意 つかみ合いになり先に殴る…書類送検「依願退職」】の続きを読む

    このページのトップヘ