ぼっちゃんのブログ

当ブログは、社会、芸能に関する世の中の
最新ニュースを毎日掲載しております
まとめサイトです。
たまに、飲食や旅先の出来事など掲載します。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    恋愛リアリティ番組『テラスハウス』(フジテレビNetflixで放送・配信)に出演していた女子プロレスラー・木村花さん(享年22)が23日に亡くなったことを受け、お笑いコンビダウンタウン松本人志が、31日放送のフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00~11:15)でコメントした。

    木村さんの死をきっかけに、SNS上での誹謗中傷が改めて問題視されている。松本は、「やっぱり匿名で誹謗中傷している奴らが一番悪いに決まってて、番組が悪いとか番組の演出がどうたらとなっていくのが僕はちょっと……」と制作側への批判に納得がいかず、「分かるけども」と一定の理解は示しつつも、「とにかく優先順位はそっちだろうと。番組のせいになってくると、奴らは本当に卑怯だから『そうだそうだ』と。『こんな番組やってるから我々は誹謗中傷したんだ』という逃げ道を作るでしょ。言い訳のきっかけを与えてしまうから、今は番組を悪く言う方向にいくのは、あいつらを救うみたいで俺はすごく嫌」と主張した。

    さらに、「すみません。この番組全く見たことないし、何曜日の何時にやってるか知らないし、正直彼女のことも知らなかったですけど、彼女がこういうことになったときに番組を恨んで番組の演出家を恨んでこうなったのかといったら、そんなわけはやっぱりなくて。発端は間違いなくこの輩であって。こいつらを逃してはいけないなと俺は思うんですよね」と心ない書き込みをした人々を非難。「責任転嫁して番組のせいにしてるのは奴らやと思う。別に番組に忖度してるわけではないですよ。フジテレビに出してほしいから言ってるわけじゃないですよ」と補足した。

    一方、『テラスハウス』のスタジオキャストが盛り上げ役を担っていることについては、「今のテレビの悪いところではあるんですよ」と指摘。「『ワイドナショー』の唯一良いところは、何ひとつ良い番組ではないんですけど」と笑いを誘いつつ、「方向を決めないじゃないですか。みんな自分の意見を言えるから。たぶん東野(幸治)はそこも気遣って、俺の意見を先に聞かない。俺が言っちゃうと、その流れに行く可能性があったりするから。この番組は、絶対にそっちにいかない。偏らせない」と番組の中立性についても言及した。

    規制強化の流れを、「うまくいかないのかもしれないけど、動き出したのは良いことで」と評価し、「ダメなら軌道修正しながら。間違いなく言えることは、今のままでいいわけでは絶対にない」と断言する松本。ネット誹謗中傷によって傷ついている人々に向けても、「日本国中が自分の敵みたいな気になってしまうのかもしれないけど、あんなものごく少数が何人ものふりしてやっているだけで、次のターゲットを見つけたらすぐ行っちゃうんやから」と必死に呼びかけていた。

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 amd.c.yimg.jp)



    ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

    にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
    にほんブログ村ランキング


    ニュース全般ランキング


    <このニュースへのネットの反応>

    【「誹謗中傷する奴らが一番悪い」松本人志 番組で必要な中立性にも言及】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    夜の営みがなくなっていく原因 考える40代女性の『性欲』

    性欲・・・

    NO.8530129 2020/05/31 13:43
    40代、あらためて考える男と女の「性欲」の違い
    40代、あらためて考える男と女の「性欲」の違い
    男は知らない、パートナーの「性」昨年から離婚準備を始めていた愛さん(仮名)。

    小学生の子どもが二人いるが、独身のように見えるかわいらしい人。

    これまでにも何度も夫の浮気があったのだが、その理由は「僕は性欲が強いから」。

    セックスレスとなっていたため、夫はその相手を外に求めたのだそう。

    愛さんは納得がいきません。

    人間の三大欲求にも登場する「性欲」は、しばしば夫婦間の問題になります。

    夜の営みがなくなっていく原因について、男女の違いについてお話しします。

    女性は自分自身の、男性はパートナーの「性」を知らないだけかもしれません。

    男女の性への捉え方・探究心の違い男性は性器が外に存在しており、見た目にもわかる反応があることから、基本的にオープンです。

    例えば、男性同士「つきあい」で風俗に行ったりみんなでビデオを見たりという文化について、やはり女性である私から見ると違和感があります。

    それに対して、女性は「慎みなさい」と言われて育つことが多いもの。

    もちろんそれは家庭の文化的環境によって大きく異なります。

    例えば、筆者の母はまるで経験したこともないかのように、性的な話を毛嫌いしました。

    それは母自身が「性」に対して嫌悪感を抱いているだけでなく、そう洗脳することで、私たち娘を守ろうとしていたのだろうと今は思います。

    最近は「女性のための大人のビデオ」もあるとはいえ、まだまだ女性同士でそんな話題が出ることに抵抗がある人がいるのも確か。

    以前、女性向けAVの監督にインタビューさせてもらったとき視聴品のビデオをいただいたことをSNSの投稿でつぶやいたところ、「観てみたい」という声をいただきましたが、「みんなで鑑賞会しましょうか?」と伝えると反応が悪かったほど。

    女性は肉体的にも刺激して気持ちよくなる場所が秘めた部分にあるだけに、本来、自分ひとりでは気持ちよくなるには限界があるという難点がある。

    ゆえに、若いうちに自分のからだを性的に開発してきていない人もいます。

    どうすれば自分が気持ちよくなるのかを知らず、オーガズムを体験せずに中高年になっていく人も多いようです。

    相手の手を借りないと気持ちよくなれない女性、自分のペースで進める男性男性は自分が気持ちよくなるために探求している人が多い一方で、女性は自分の性欲に気づいていなかったり封印していたりするも..

    【日時】2020年05月30日 22:15
    【ソース】All About
    【関連掲示板】



    ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

    にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
    にほんブログ村ランキング


    ニュース全般ランキング 【夜の営みがなくなっていく原因 考える40代女性の『性欲』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     テレビ朝日久保田直子アナ(38)は自身が発した「下ネタ迷言」から「軽いオンナ」と流布されて墓穴を掘ってしまった。

     きっかけは5月1日の同局系「マツコ&有吉かりそめ天国」の総集編。問題の発言が飛び出したのはカラーコンタクトレンズ(カラコン)を巡るトークだった。

     マツコから目の違和感を指摘された久保田アナはカラコンを使用していることを告白。

     さらに「年なんだからやめたほうがいい」「あなたに目のクリクリは求められてない」「ウソの目」とイジられ続け、業を煮やした久保田アナは「裸は見せられても、コンタクトを取った姿は見せられない!」と強く言い放ったのだ。

     テレビ朝日関係者が言う。

    久保田アナは高校時代にヨーロッパに留学していたこともあってかフランクな性格なのですが、このところフランクのひと言では済まない『軽いオンナ説』が。というのも久保田アナは自他ともに認めるズボラキャラですが、「以前、彼女は『ツボ押しマッサージ』のロケで『私、足が臭いんです』と衝撃的な告白をして、実際に本人の足の匂いを嗅いだ劇団ひとりを『臭え!』と悶絶させていました。このようなズボラな性格から来る“ユルさ”が周囲に『軽いオンナ』と見られてしまう原因となっている」

     実際、久保田アナのズボラエピソードは枚挙にいとまがないという。テレ朝関係者が続けて、

    「彼女は『ベッドの上でテレビを見ながらアイスクリームを食べ、そのまま寝てしまう』『歯磨きもせず、カラコンも外さず、化粧も落とさず寝る』『風呂に入らない日があり、何日も同じ下着で出社する』といった『ズボラ武勇伝』をみずから語っています」

     そんな彼女のズボラ生活は公式ブログ久保田直子のかりそめ日記」からもうかがえる。

    5月8日、彼女は『最近、家ではこんなことやってました』として絡まったネックレスをほどいている様子を報告。さらに続けて『部屋に設置しました』と掲載した画像が『ゴキファイター』というゴキブリ駆除剤だった。『部屋のいろんな場所に対応できる』『すごく便利!』と絶賛しているのですが、裏を返せば彼女が『ゴキブリの出る汚部屋で暮らしている』ということ。普通の女子アナならイメージを気にして絶対にアップしない画像ですよ」(テレ朝関係者)

     不名誉極まりない「軽いオンナ」説が飛び交うまでのズボラぶりに、「むしろ『庶民目線』の持ち主として、一般視聴者の好感度に結びついているのでは」と指摘するのは女子アナ評論家の春山マサハル氏である。

    「派手でお高いイメージ女子アナが多い中、美人なのにまったく着飾らない彼女は異彩を放っている。画面に出ているだけで安心感があり、今後はテレ朝でも『ポスト大下容子』としての活躍が期待できるのではないでしょうか」

     愛すべき庶民派キャラになりそうだ。

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 img-cdn.jg.jugem.jp)


    墓穴を掘ってしまった・・・


    ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

    にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
    にほんブログ村ランキング


    ニュース全般ランキング 【テレ朝・久保田直子 ズボラキャラが「下ネタ連発」に「軽いオンナ」説】の続きを読む

    このページのトップヘ