【警察不祥事】愛人・妻と共謀、59歳巡査部長が持続化給付金詐欺で書類送検 【警視庁はなぜ逮捕しない?】


NO.9812479 2021/09/05 10:00
愛人・妻と共謀、59歳巡査部長が持続化給付金詐欺で書類送検 警視庁はなぜ逮捕しない? 東京都立川市
愛人・妻と共謀、59歳巡査部長が持続化給付金詐欺で書類送検 警視庁はなぜ逮捕しない? 東京都立川市
 9月3日、警視庁は、新型コロナウイルス対策の持続化給付金を国からだまし取ったとして、立川署交通課の巡査部長の男(59)ら4人を詐欺容疑で書類送検した。警察官が持続化給付金詐欺で立件されるのは全国で初めてだという。淫らな人間関係から始まったお粗末な犯行だが、気になるのは、なぜ身柄を取らなかったかという点だ。身内に甘すぎではないか。

■“報酬”は夫妻で山分け
「あなたの奥さん、パート勤務でしょ。だったら持続化給付金もらえるんじゃない?」

 昨年の秋頃、巡査部長にこう囁いたのは、飲食店に勤務する50代の女。ここから現職警官による“悪巧み”が始まるのである。警視庁担当記者が解説する。

「2人は3年くらい前から愛人関係にあった。その気になった巡査部長は、家に帰って妻に計画を持ちかけることに。妻の仕事は配送商品を仕分けするアルバイトだったのですが、個人事業主である“家政婦”と身分を偽り、コロナ禍で収入が減ったと虚偽の申請をしたのです。妻は当初、『バレたらまずい』と嫌がったようですが、巡査部長は『絶対バレないから大丈夫』と説得。実際に書類を作成したのは愛人と知人関係にある80代の男で、指南役だったとみられます」

 とんでもない警察官である。妻も妻で、夫の職業をどう捉えていたのか。昨年末、振り込まれた“報酬”の100万円は夫婦で山分けし、巡査部長は50万円を愛人のために使ったという。

「現金やプレゼントを貢いだと。おそらく、指南役の男にも手数料が支払われたと思われます」(同)

■定年まであと1年だったのに、退職金がパー
 悪事はあっけなく露見す..
【日時】2021年09月05日 06:01
【ソース】デイリー新潮
【関連掲示板】







#9 [匿名さん] :2021/09/05 10:30

>>0
詐欺をやっても金返せば無罪ってこと?


#1 [匿名さん] :2021/09/05 10:02

アホ丸出し


#2 [匿名さん] :2021/09/05 10:03

それはね、身内に甘いクズ警察組織だから


#3 [匿名さん] :2021/09/05 10:03

警察内部で他にも関わってるんじゃないの?


#4 [匿名さん] :2021/09/05 10:06

自主退職で終わらせる身内に甘い悪組織
このような体制が警察全体のイメージをダウンさせる


#5 [匿名さん] :2021/09/05 10:10

>>4
警察にいいイメージなんか無いけどね。


#6 [匿名さん] :2021/09/05 10:15

こんな事件の後は警察24時を放送してイメージ中和すんでしょ!ったく!


#7 [匿名さん] :2021/09/05 10:18

たった100万円を3〜4人で山分けするのにもう少しで定年退職で退職金がっぽり貰えて安気だったのに。アホな公務員


#8 [匿名さん] :2021/09/05 10:22

例えばだ

駐車場で
止まってる車に乗ってた
人を怪我させて
当て逃げ
警察なら
逮捕もされず
戒告処分
つまり注意だけで済ませる
これが
警察な
九州のどこかの
県で実際あったことやな