ぼっちゃんのブログ

当ブログは、Twitter、2ch、5ch、爆サイなど
スレッドのニュースまとめブログです。
様々な情報や話題をお届けするブログです。

    2020年08月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【橋下徹氏】次期総理は多用で心身共にボロボロになる <総裁選>

    やることが多くて大変だ

    NO.8808262 2020/08/31 16:27
    橋下徹氏、次期総理は「誰がなっても、あまりにもやることが多過ぎてボロボロになりますよ」
    橋下徹氏、次期総理は「誰がなっても、あまりにもやることが多過ぎてボロボロになりますよ」
    31日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月〜金曜・後1時55分)では、安倍晋三首相(65)の電撃辞任に伴う政局について特集した。

    この日の番組には元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(51)が生出演。

    まず、自身が一部番組で菅義偉官房長官(71)が後継有力と発言したことについて聞かれると、「それは(政治評論家の)田崎史郎さんの領域だから。確かに菅さんは安倍さんのもと、霞ヶ関を動かしてきた。でも、プロデューサーにはその話をしないでって言われた」と答えをぼかした。

    その上で次期総理について、「まずは国会改革と国と地方の関係を見直して欲しい。このままだと、誰が首相になってもボロボロになります。あまりにやることが多すぎて。中央集権国家だから、総理が保育所の問題までやらなきゃいけない。日本の総理は仕事が広すぎて」と話し、「安倍さんへの批判に、いろいろな政策を打ち上げっ放しだと言うのがありますけど、100日以上、総理が国会に縛られて、いつやるんですか? 総理は国会の仕事に縛られて、菅さんになろうと、石破さんになろうと、岸田さんになろうと、ボロボロになってしまう」と続けた。

    その上で「仕事を整理した上で霞ヶ関を動かすためには人事権を持っていないといけない。悪い忖度はダメだけど。まずは総理の仕事を整理しないと、無理ですよ。今のままだと」と提言していた。



    【日時】2020年08月31日 14:38
    【ソース】スポーツ報知

    ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

    にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
    にほんブログ村ランキング


    ニュース全般ランキング

       

    【【橋下徹氏】次期総理は多用で心身共にボロボロになる <総裁選>】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    剛力 彩芽(ごうりき あやめ、1992年8月27日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、タレント、歌手。本名同じ。 神奈川県横浜市出身。オスカープロモーション所属(2020年8月31日まで)を経てフリー。姉は1歳上。 幼い頃から目立つのが好きで、小学生になると「モデルになりたい」と両親に相談
    62キロバイト (7,895 語) - 2020年8月31日 (月) 09:02



    (出典 www.sonymusic.co.jp)


    独立が多い

    1 ひかり ★ :2020/08/31(月) 18:51:28.53

    剛力彩芽(28)が31日、インスタグラムを更新し「この度、私、剛力彩芽は18年間お世話になりました株式会社オスカープロモーションを退所し、独立させていただくこととなりました。」と、所属事務所オスカープロモーションからの退社と独立を発表した。

    剛力は冒頭で、10歳だった2002年(平14)に入社後、自らを育ててくれたオスカープロモーションの古賀誠一会長と、マネジメントスタッフに感謝の思いをつづった。

    「引っ込み思案で幼く何も分からない私をいつも優しく愛情いっぱいで育ててくださった古賀会長をはじめ、暑い中寒い中昼夜を問わず私をずっと支え続けてくださった事務所関係者及びマネージャーの皆さま、こんな私といつも楽しくお仕事をご一緒くださる関係者の皆さまには感謝してもしきれません」

    その上で「『いつでも相談しなさい』という父のような強くも温かい会長のお言葉を心に、これからは自分自身で考え選択し挑戦していくという新しい環境の中、表現者としてより一層皆さまに笑顔と感謝をお届けできるよう、誠心誠意頑張ってまいります。よろしくお願いいたします」と、退社に当たって、古賀会長から温かい言葉をかけてもらったことを明かした。

    その上で「そして、なによりいつも変わらずに応援してくださるファンの皆さまに、心より感謝申し上げます」(コメントは原文のまま)とつづった。

    剛力は、3月末に看板女優の米倉涼子が退社したのを皮切りに、岡田結実、ヨンア、長谷川潤、小田茜と、所属タレントが相次いで退社する状況に、不安を募らせていたという。既に個人事務所を立ち上げており、当面はフリーで活動する。12月13日から東京・TBS赤坂ACTシアターで稲垣吾郎と共演の舞台「No.9~不滅の旋律~」の再々演が決まっている。

    また映画も、3月の製作発表会に参加した映画「お終活 熟春! 人生、百年時代の過ごし方」(香月秀之監督)は、来春に公開予定で、7月には哀川翔主演で12年ぶりに復活した「新・デコトラの鷲」(香月秀之監督、公開日未定)の撮影にも参加するなど、公開待機作が複数、控えている。

    また、フリーに転身した9月以降の仕事が、既に決まっているとの情報もある。

    日刊スポーツ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/36d3e80ebb03539d346f429add9737936ee6a07e


    【【芸能】『剛力彩芽』10歳で入社のオスカー退社「独立を発表」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    女優の階戸瑠李さんが、持病により28日に亡くなったことが31日、分かった。31歳だった。

    階戸さんの所属事務所は公式サイトを通じ、「階戸瑠李を応援してくださった全ての皆様にご報告申し上げます。弊社所属の女優 階戸瑠李(享年31)が、2020年8月28日、持病により急逝いたしました」と報告。「弊社といたしましても、あまりにも突然の訃報に接し現実を受け入れ難く、とても残念でなりません」と沈痛な思いをつづっている。

    階戸さんは27日までSNSを更新。これまで『クソ野郎と美しき世界~ピアニストを撃つな!』(18)や『全裸監督』(19)など注目作にも出演し、最近では、TBS系ドラマ半沢直樹』で丸岡商工のやる気のない女性社員・北川を好演し、SNSで話題になっていたばかりだった。

    ■所属事務所 発表全文
    関係者様、ファンの皆様へ

    階戸瑠李を応援してくださった全ての皆様にご報告申し上げます。

    弊社所属の女優 階戸瑠李(享年31)が、2020年8月28日、持病により急逝いたしました。

    弊社といたしましても、あまりにも突然の訃報に接し現実を受け入れ難く、とても残念でなりません。

    皆様におかれましては、これまで階戸瑠李を温かく見守ってくださいましたこと
    心よりお礼申し上げます。

    本当にありがとうございます

    葬儀、告別式に関しましては、ご遺族のご意向にてご親族のみで執り行わせて頂きます。

    故人への生前の厚誼に深く感謝するとともに、謹んでお知らせ申し上げます。

    尚、マスコミの皆さまにおかれましては、ご親族への取材や、憶測での記事掲載などはご遠慮くださいますよう、切にお願い申し上げます。

    2020年8月31日
    株式会社G-STAR. PRO

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    階戸 瑠李(しなと るり、1988年10月30日 - 2020年8月28日)は、日本の女優、モデル、元グラビアアイドル。石川県白山市出身。所属事務所はG-STAR.PRO。 北海道で3人兄妹の末っ子(姉と兄がいる)として生まれ、その後石川県に移住。東京都立国立高等学校、上智大学文学部ドイツ文学科卒業。
    17キロバイト (2,329 語) - 2020年8月31日 (月) 10:44



    (出典 portal.st-img.jp)


    ご冥福をお祈り致します。

    【【訃報】階戸瑠李さん死去 『半沢直樹』北川役】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    東野幸治 「クチャラー離婚」 だった

    親も食事のマナーを言わなくなった

    NO.8807980 2020/08/31 14:16
    東野幸治、“クチャラー離婚”だった
    東野幸治、“クチャラー離婚”だった
    レント・東野幸治(53歳)が、8月30日に放送されたバラエティ番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演。

    離婚の最後の決定打になったのが“クチャラー”だったと明かした。

    この日、番組内で“三角食べ”などの食事マナーについての話題が取り上げられ、タレント・指原莉乃は「人前で食べなきゃいけない時とかは三角食べとか気を付けますけど。1人だったらブロックごとに食べる。 食べ終わってから、次を食べる。先に小鉢食べて、その後おかずを食べたいんです」とコメント。

    また、A.B.C-Zの河合郁人は「僕は三角食べしていないと食事をしている感じがしない。おかずとご飯とみそ汁だったら最後に一口ずつ残るように食べないと食べた感じがしないんです。あとくちゃくちゃ音立てて食べるのもダメです」と語る。

    すると、東野は「俺もくちゃくちゃするし、迎え舌無意識なんですけど。嫁は1回離婚して復縁してるんですけど、離婚する寸前に、すし屋で僕がサバの握りを食べた瞬間の口元を見てゲロを吐きました」と話し、結婚生活を水の入ったコップにたとえて「最終的にコップに水があふれた。離婚という水があふれた原因は僕の口元です。くちゃくちゃ食べてる」と“クチャラー”が離婚の最後の決定打となったと明かした。



    【日時】2020年08月30日 17:43
    【ソース】Narinari.com

    ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

    にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
    にほんブログ村ランキング


    ニュース全般ランキング

       

    【【ワイドナショー】 東野幸治 「クチャラー離婚」だった】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    悪いことをした人間は罰せられるべきである——。それは確かに正論なのですが、「あいつは悪いことをしたのだから、みんなで傷つけてもいい」「あの人は昔、こんな酷いことをしたのだから、我々が強く非難し続けるべきだ」とばかりに、完膚なきまでに叩きのめしてしまうのはいかがなものでしょうか。

    正義感も行き過ぎると、恐るべき「悪」となる…最近そんなケースが多発しているように思います。

    ほんのはずみで「悪い子」にされたCちゃん

    先日、筆者の知人がこんな話をしてくれました。

    彼女には小学2年生の娘、Cちゃんがいます。Cちゃんには、仲の良いクラスメイト女の子がいるのですが、そのクラスメイトは少々強引なところがあるそうです。

    「たとえば、うちの子は休み時間に本が読みたいのに、その子は『縄跳びしたいから外へ行こう』と無理矢理引っ張って連れていく、という風に、一事が万事その子が主導権を握っていて。うちの子はそれがストレスだったみたい」

    「私は自分の好きなことがしたいのに」とこぼすCちゃんに、知人は「じゃあ、はっきりと『私は今、コレがしたいから、ごめんね』と言いなさい」とアドバイスをしたそうです。

    翌日、案の定「お外で遊ぼう」と声をかけてきた彼女に、Cちゃんは「ごめんね、私本を読みたいから行かないね」と告げたそう。すると彼女は「なんで!? 行こうよ!」と強引にCちゃんの腕をひっぱりました。

    思わず「やめて」と手を振り払うと、たまたまCちゃんの手が彼女の目元に当たり、彼女はシクシクと泣き出したのです。

    「LIMO[リーモ]の今日の記事へ」

    クラスメイトたちからの猛攻撃

    穏やかならぬ雰囲気に、続々と他の生徒たちが集まり「どうしたの?」「なんで泣いているの?」とたずねます。すると、彼女は泣きながら「Cちゃんにお外で遊ぼう、って言ったら『嫌だ』って腕を強く払われた」と答えたそうです。

    するとその話を聞いた子供たちが口々に「何それ、最低」「かわいそうじゃん、謝りなよ」とCちゃんを責め立てます。

    あまりの展開に何も言えなかったCちゃん、すると周りの子が、泣きじゃくるクラスメイトの肩を抱きかかえて「酷いよね、先生に言いに行こう」と先生の元へ報告に行きました。周りの雰囲気に気圧され、先生に事情を聞かれても何も言えず黙っているCちゃん。

    するとまた周りの生徒たちは「Cちゃんって酷い!」「なんで謝れないの!」と強い口調で責め立てたそう。

    声をふりしぼって「ごめんなさい」と言ったCちゃん、帰宅するなり声を上げて泣き出したそうです。

    「もちろん先生には真実を伝えて、翌日うちの子と相手の子で話し合って事態は収束したけれど…。うちの子は『周りの子がすごくキツく怒ってきたのが嫌だった』と言ってた。それ以来、学校を休みがちになっているの」

    「正義」は人を守るもののはずでは…?

    知人のエピソードを聞いたときに、筆者の脳裏に浮かんだのは、SNS上で起きる行き過ぎたバッシング

    芸能人が不倫した、テレビ番組で感じの悪い態度をとっていた、不謹慎な発言をした…。すると、SNSには当人を非難するおびただしい数のコメントが寄せられます。あまりにも激しく非難され、収拾がつかなくなり、活動自粛に追い込まれた人もいれば、非難の数々に耐えられなくなり、自ら命を落とすという悲しい結末を選んだ人もいます。

    話をCちゃんに戻しましょう。

    子供たちが「Cちゃんがクラスの子を泣かした=Cちゃんが悪い」と判断し、そして「悪い子は謝らなければいけない」という結論に至り、正しい行動をしているつもりでCちゃんを責めた…という流れであったことは想像に難くありません。

    子供というのは自分の目で見たものをすべてだととらえ、そこに至る背景までは深く考えたりしないものです。

    しかし、成長するにつれ、「もしかしたら何か事情があるかもしれない」と考えるようになり、さらには「当人にしかわからない何かがあるかもしれないから、外野は黙っておこう」と配慮できるようにもなります。それが大人です。

    しかし、昨今の炎上騒動や、コロナ禍の「他県ナンバー狩り」「自粛警察」騒動を見ていると、なんと大人になり切れていない人が多いのか…と考えることしきりです。

    誤解を恐れずに言えば、「自分軸の正義感で他人を攻撃することによりマウントをとっている、あるいはストレス解消をしている」人が非常に多いように見えるのです。

    まとめ

    安全な場所から誰かを攻撃するために、他人の過失に目を光らせる…。それが果たして「正義」といえるのか、筆者は疑問に思います。都合のいい「正義」を振りかざし、行き過ぎたバッシングをすることで、はからずも自分が加害者になる可能性もあるのです。

    昔から「罪を憎んで人を憎まず」とよく言われます。その言葉の意味を今一度、じっくりと考えるべき時が来ているのではないでしょうか。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 limo.ismcdn.jp)


    罪を憎んで人を憎まず

    <このニュースへのネットの反応>

    【【社会】他人を非難したい人、 正義感を暴走させる人】の続きを読む

    このページのトップヘ