ぼっちゃんのブログ

当ブログの掲載記事・文章・画像等は
Twitter、2ch、5ch、爆サイなどからの転載です。
様々なグルメ情報や話題をお届けするブログです。

    2021年08月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    【「人の歯」を持つ魚が大西洋岸で捕獲される】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    1 ひかり ★ :2021/08/02(月) 00:07:00.92

     「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の芥見下々(あくたみ・げげ)さんのマンガ「呪術廻戦」が、8月2日発売の同誌35号で連載を再開した。同号の表紙には、「呪術廻戦 連載再開!」「死滅回游編、白熱!!」と掲載された。「呪術廻戦」は、作者の芥見さんの体調不良のため、6月21日発売の同誌29号から休載していた。

     休載発表の際、芥見さんは「体調を崩したとは言っても大病したわけではなく、メンタルは通常運転なのでご心配には及びません。ただただお待たせして申し訳ないです。復帰から新連載のつもりで頑張ります」とコメントを寄せていた。
     「呪術廻戦」は2018年から同誌で連載中。強力な“呪物”の封印が解かれたことで、高校生の虎杖悠仁(いたどり・ゆうじ)が呪いを巡る戦いの世界に身を投じることになる……というストーリー。コミックスの累計発行部数が5000万部を突破するなど大ヒットしている。テレビアニメが2020年10月~2021年3月に放送された。劇場版「劇場版 呪術廻戦 0」が制作され、12月24日に公開されることが発表されている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ae0e41113fd3ea5bd9107545950c7ac791ce7791


    【【漫画】<呪術廻戦>「ジャンプ」で連載再開 死滅回游編、白熱!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    好きな焼肉の部位ランキング! 3位「牛ハラミ/サガリ」、2位「牛カルビ」を僅差で抑えた1位は?


    NO.9731975 2021/08/09 00:27
    好きな焼肉の部位ランキング! 3位「牛ハラミ/サガリ」、2位「牛カルビ」を僅差で抑えた1位は?
    好きな焼肉の部位ランキング! 3位「牛ハラミ/サガリ」、2位「牛カルビ」を僅差で抑えた1位は?
    暑い夏こそ焼肉を食べてスタミナをつける時! LINEリサーチは、10~50代の男女を対象に、焼肉に関するアンケートを実施。牛肉・豚肉・ラム肉の中で、好きな部位や種類について聞きました。好きなサイドメニューと合わせて、ランキングをご紹介します。

    今回は、日本全国に住む15~59歳の男女5252人を対象に、スマートフォンによるWeb調査にてアンケートを実施しました。

    ■好きな焼き肉の部位ランキングTO3! 接戦を制し「牛タン」が1位に

    1位に輝いたのは、「牛タン」(63.7%)でした。年代別のランキングでは10~40代で1位となり、特に20代は7割近くが牛タンを支持。幅広い年代から人気を得ている部位だということがわかりますね。

    1位と僅差で2位にランクインしたのは「牛カルビ」(60.7%)。10~40代で2位、50代では1位となりました。焼肉に行くと必ず注文するといってもいい定番メニューは、やはり欠かせませんね。

    続く3位は「牛ハラミ/サガリ」(50.1%)。脂身が少なくヘルシーな部位なので、脂っこいのが苦手な人やカロリーを抑えたい人には嬉しい食材です。上位を占めたのはすべて牛肉の部位。やはり焼肉=牛肉というイメージがあるといえます。

    ■5位以下には豚肉の部位もランクイン
    ランキングの5位から8位までには、「豚カルビ」(28.7%)、「豚バラ」(28.7%)、「トントロ」(28.5%)、「豚ロース」(25.2%)がランクイン。年代別のランキングでも全年代でTOP5以内に豚肉メニューが入りました。
    またランキング外ですが、「ミノ」や「シマチョウ」は30代以上の男性に人気が高いことが明らかに。ホルモン専門店もあるくらいなので、ファン..
    【日時】2021年08月06日 12:35
    【ソース】All About
    【関連掲示板】

    【好きな焼肉の部位ランキング! 3位「牛ハラミ/サガリ」、2位「牛カルビ」を僅差で抑えた1位は?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    1 HAIKI ★ :2021/08/11(水) 20:56:12.67

    オンラインバックアップ企業のBa*blazeが行った最新の調査で、ハードディスクが近い将来に廃止される可能性が示唆された。

    ソリッドステートドライブ(SSD)は近年、ノートパソコンやデスクトップパソコン向けの主要なストレージとしての地位をハードディスクから奪いつつあるが、データセンターなどの商業用ストレージではまだハードディスクが使われており、SSDのコストは依然として高額だ。

    しかし、Ba*blazeによると、SSDがハードディスクよりも長期的な信頼性が高いことが証明されており…

    続きはソース元で
    https://forbesjapan.com/articles/detail/42703/1/1/1


    【【PC】近い将来「ハードディスクは滅亡する」、ストレージ企業が予測】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    意外に知らない…人類はイノシシをどうやってブタに変えたのか?


    NO.9733487 2021/08/09 15:33
    意外に知らない…人類はイノシシをどうやってブタに変えたのか?
    意外に知らない…人類はイノシシをどうやってブタに変えたのか?
    火の発見とエネルギー革命、歴史を変えたビール・ワイン・蒸留酒、金・銀への欲望が世界をグローバル化した、石油に浮かぶ文明、ドラッグの魔力、化学兵器と核兵器…。化学は人類を大きく動かしている――。白熱のサイエンスエンターテイメント『世界史は化学でできている』は、朝日新聞、毎日新聞、日本経済新聞夕刊、読売新聞夕刊と書評が相次ぎ、発売たちまち7万部を突破。『Newton9月号 特集 科学名著図鑑』において、「科学の名著100冊」にも選出された。
    池谷裕二氏(脳研究者、東京大学教授)「こんなに楽しい化学の本は初めてだ。スケールが大きいのにとても身近。現実的だけど神秘的。文理が融合された多面的な“化学”に魅了されっぱなしだ」と絶賛されたその内容の一部を紹介します。好評連載のバックナンバーはこちらから。

    ● 家畜化で定住化が促進

     人類が野生哺乳類の家畜化に着手した動機は、まず食料の安定供給という経済的な目的だろう。そのほかに、神への「いけにえ」にするという宗教的な目的や、ペットとしての存在意義などもあったと考えられる。

     現在、家畜化されている動物には家畜化しやすい要因があった。イヌやブタは野生のときに人間の食べ残しの掃除屋的な存在として生活圏のまわりにいた。ウシやヒツジは群れで生活をし、集団のなかではボスに従う性質が強いので、人間が管理しやすかったのだ。

     家畜化は、イヌで一万四千年前、メンヨウ(ヒツジ)、ヤギ、ウシ、ブタで約一万年前、ウマで五千年前、ニワトリで四千年前に行われたとされている。

    ● イノシシからブタへ

     イノシシは何で..
    【日時】2021年08月08日 06:01
    【ソース】DIAMOND Online
    【関連掲示板】

    【意外に知らない…人類はイノシシをどうやってブタに変えたのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ