ぼっちゃんのブログ

当ブログの掲載記事・文章・画像等は
Twitter、2ch、5ch、爆サイなどからの転載です。
様々な情報や話題をお届けするブログです。

    2021年11月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    菜々緒のビキニで四つん這いポーズ姿にファン「わお!」 - 芸能ニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関西版


    NO.10024315 2021/11/29 13:44
    菜々緒のビキニで四つん這いポーズ姿にファン「わお!」
    菜々緒のビキニで四つん這いポーズ姿にファン「わお!」
    モデルで女優の菜々緒が27日、自身のInstagramを更新。
    晴天の青空に透き通る綺麗な海をバックに、黒のビキニ姿で四つん這いポーズをする自身の写真を公開。
    スタイル抜群のセクシーショットに、ファンは悶絶。Twitter上では「さすがは蠍座のオンナ」「はぅ~」「後ろからが好きなの?」「これは芸術」「このお尻から太腿のlineが最高にsexy」「わお!」「セクシー過ぎます」「神がかりな美しさ」「素晴らしいヒップ」「エロ通り越して芸術」といったツイートが続々と寄せられている。
    ※写真はイメージです。
    【日時】2021年11月27日
    【提供】Entame Plex

    【菜々緒のビキニで四つん這いポーズ姿にファン「わお!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    1 凜 ★ :2021/11/30(火) 09:59:58.44

    ■産経新聞(2021/11/29 18:57)

     政府が監視体制を強める新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」は、感染力が高まったり、ワクチン効果を弱めたりする可能性が指摘されている。その特徴を「主要な変異株の悪いところを総取りした」と表現する専門家もいるが、全体像は見えておらず解析が急がれている。

     オミクロン株は、ヒトの細胞への感染の足掛かりとなる突起状の「スパイクタンパク質」に約30カ所の変異を持つ。これまで検出された変異株の中で最も多様な変異がある。世界中で広まったデルタ株やアルファ株などの特徴である「K417N」「T478K」「N501Y」などの変異があり、東京農工大の水谷哲也教授(ウイルス学)は「これまでの主要な変異株の悪いところを総取りしたような変異株だ」と指摘する。

     ただ、詳しい性質は明らかになっていない。世界保健機関(WHO)は28日の声明で、オミクロン株について、南アフリカの一部地域で感染者と入院率が増えているが、現時点で症状が他の変異株と異なるという情報はないとした。重症化率の高さなどの解明には「数日から数週間かかる」という。

     一般に、スパイクタンパク質に入る変異が多くなるほど、構造や機能が変化する可能性が高まる。国立感染症研究所によると、スパイクタンパク質に変異を20カ所入れた合成ウイルスを用いた実験では、感染者やワクチン接種者の血液で免疫を逃れる性質が確認されたとする報告がある。オミクロン株でも、こうした多重変異によるワクチン効果の低下や再感染の可能性が懸念されるという。

     ただ、ワクチン接種によってできた中和抗体が結合できるウイルス上の目印は複数あり、水谷教授は「ワクチン効果が弱まる可能性はあるが、無くなることはないだろう」と話す。

     一方、すでに世界各国で水面下での感染が拡大し、日本国内に入り込んでいる可能性もある。日本政府は、水際強化に加え、全国のゲノム解析による監視体制を強化。感染研ではオミクロン株を検出するPCR検査の手法を開発中だ。

     東京医科大の濱田篤郎特任教授(渡航医学)は「気温が下がり、年末年始に向けて人流が増え、国民のワクチン効果も落ちていく今後、国内でオミクロン株が次の感染の波を作る可能性もある。詳しい性質が判明するまでは水際対策を強化し、少しでも流入を遅らせるべきだ」と話している。

    https://www.sankei.com/article/20211129-VVSSF2LRU5NV7E6RAVG7A67VFA/

    ■前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1638227822/

    ★1 2021/11/29(月) 22:48:03.69


    【【新型コロナ】オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    日大・田中英寿理事長を脱税容疑で逮捕…東京地検特捜部


    NO.10024242 2021/11/29 13:17
    日大・田中英寿理事長を脱税容疑で逮捕…東京地検特捜部
    日大・田中英寿理事長を脱税容疑で逮捕…東京地検特捜部
    所得税約5300万円を脱税した疑いがあるとして、東京地検特捜部は29日、日本大学の田中英寿理事長(74)を所得税法違反容疑で逮捕した。

    関係者によると、田中容疑者は、日大医学部付属板橋病院(東京都板橋区)の建て替え計画などを巡り、背任罪で起訴された医療法人「錦秀会」前理事長・籔本雅巳被告(61)などから、昨年までの間に少なくとも8000万円を受領した疑いが浮上していた。

    特捜部は今年9月、板橋病院を巡る背任事件で日大本部(千代田区)や田中容疑者の飲食店兼自宅(杉並区)などを捜索。同病院の建て替え計画や医療機器の調達に絡み、日大に計約4億2000万円の損害を与えたとして、10~11月、籔本被告と元日大理事・井ノ口忠男被告(64)を2度、逮捕・起訴した。

    特捜部はこの捜査の過程で、田中容疑者から複数回にわたり事情聴取を実施。田中容疑者は資金流出への関与や、籔本被告らからの現金の受領を否定していた。

    日大のホームページによると、田中容疑者は1969年日大経済学部卒。同大保健体育事務局勤務などを経て、99年に理事となり、2008年に理事長に就任した。監督を担った同大相撲部の人脈などをもとに13年間にわたりトップを務め、大学外でも日本オリンピック委員会(JOC)副会長や国際相撲連盟会長などを歴任した。

    【日時】2021年11月29日 13:10
    【ソース】読売新聞

    【日大・田中英寿理事長を脱税容疑で逮捕…東京地検特捜部】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    NO.10024768 2021/11/29 23:41
    岸田文雄首相「念のための臨時・異例の措置」外国人新規入国を全面禁止 30日から”当面1カ月”
    岸田文雄首相「念のための臨時・異例の措置」外国人新規入国を全面禁止 30日から”当面1カ月”
    [東京 29日 ロイター] - 岸田文雄首相は29日、新型コロナウイルスの新たな変異株オミクロン株の拡大を受けて水際対策を強化し、11月30日午前0時から全世界を対象に新規外国人の入国を禁止すると表明した。これらの措置は当面1カ月の間、実施されるが、今後、各国の状況により対象国などの追加があり得るという。

    岸田首相は、オミクロン株に関する情報がある程度明らかになるまでの「念のための臨時・異例の措置」としている。

    日本人や在留資格を保有する外国人などについても入国規制の強化し、特定の国や地域からの帰国者などに対し、国に応じて10日間、6日間、3日間の指定施設での厳格な隔離措置を実施する。

    10日間の待機国はアンゴラが追加され、計10カ国となった。また、6日間待機はイスラエルや英国など4カ国が追加、3日間待機の対象には豪州やドイツなど9カ国・地域が加わった。

    ワクチン接種者含め、すべての日本人などの帰国者には14日間の待機を求める。

    また、入国者総数についても、1日の上限を5000人としている措置を停止し、12月1日から、1日3500人めどに引き下げる。

    また、ナミビアからの入国者1人がコロナ陽性になったことが判明したと明らかにし、ゲノム解析による詳細の調査の結果が出るまで4─5日かかるとの見通しを示した。

    【日時】2021年11月29日 14:15
    【ソース】ロイター

    【岸田文雄首相「念のための臨時・異例の措置」外国人新規入国を全面禁止 30日から”当面1カ月”】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    NO.10023845 2021/11/29 08:59
    緊急事態宣言下の闇営業で繁盛した飲食店が「客離れ」に直面している
    緊急事態宣言下の闇営業で繁盛した飲食店が「客離れ」に直面している
    法律や契約にのっとらずに行われている営業が「闇営業」と呼ばれるのが本来なのだが、最近では、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために自粛を求められている営業行為をあえて実行している店舗に対して用いられていた。

    もちろん、この意味での闇営業は違法ではないので、緊急事態宣言下では大繁盛していた。

    ところが、世の中が通常どおりに戻り始めると、少し様子が変わってきたらしい。

    ライターの森鷹久氏が、営業自粛要請がなくなったら客離れがすすんだと嘆くかつての闇営業飲食店についてレポートする。

    * * *新型コロナウイルスの新規感染者数が減少し、繁華街には人出が戻っている。

    多くの店では消毒や換気を実施し、そしてソーシャルディスタンスの呼びかけを行なっていて、まさに「ウィズコロナ」時代を生きていることを実感させる。

    様々な手間は増えたが、少しずつではあるけれど客が戻ってきたと、どこの店で働く人も笑顔を見せるなか、なぜか今になって「客足が減った」と嘆いている飲食店がある。

    「11月になって規制が緩和され、周囲の店にはそれなりに人出が戻りましたが、うちは戻るどころか減りました。数ヶ月前は一人勝ちの状態だったんですけどね」東京のオフィス街に近い繁華街で居酒屋を営む鹿島恵一さん(仮名・40代)は、緊急事態宣言下でも営業自粛要請を無視し、通常通りの営業を続けていた。

    酒類の提供をやめず、深夜まで同じように営業を続けていた店は近隣にも2店ほどあったためか、酒が飲める貴重な店だと遠方から来る客もいて、大いに賑わっていた。

    「うちが営業を続けるか..
    【日時】2021年11月28日 16:15
    【ソース】NEWSポストセブン

    【緊急事態宣言下の闇営業で繁盛した飲食店が「客離れ」に直面している】の続きを読む

    このページのトップヘ