ぼっちゃんのブログ

当ブログの掲載記事・文章・画像等は
Twitter、2ch、5ch、爆サイなどからの転載です。
様々なグルメ情報や話題をお届けするブログです。

    2022年04月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    小池さんが食べていたラーメンもここがモデル! 藤子不二雄Aさんの愛した町中華「松葉」


    中華料理(ちゅうかりょうり、簡体字中国語: 中国菜、拼音: Zhōngguó cài〈ジョングオツァイ〉、繁体字中国語: 中華料理、粤語: 中華飲食)は、中国で食べられてきた料理またはその技法・調味料を使用して作られた料理である。中国料理とも呼ばれる。多彩な技法や味のバラエティーを持ち、世界三大料理の1つに挙げられている。
    28キロバイト (3,929 語) - 2022年4月22日 (金) 01:33



    【小池さんが食べていたラーメンもここがモデル! 藤子不二雄Aさんの愛した町中華「松葉」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    『金田一少年』人気絶頂の裏側で…「これじゃいけない」初代ヒロイン・ともさかりえ(42)が10代で直面した“岐路”


    金田一少年の事件簿』(きんだいちしょうねんじけんぼ)は、天樹征丸(原案→原作)、金成陽三郎(原作、case2巻まで)、さとうふみや(作画)による日本漫画作品、及びこれを原作とする一連作品群総称。ミステリーを題材としている。略称は『金田一』。 『週刊少年
    150キロバイト (23,537 語) - 2022年4月24日 (日) 01:05



    【『金田一少年』人気絶頂の裏側で…「これじゃいけない」初代ヒロイン・ともさかりえ(42)が10代で直面した“岐路”】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【石原さとみ】第1子出産を『感動いっぱい』に報告 「心から幸せを感じています」


    石原 さとみ(いしはら さとみ、1986年〈昭和61年〉12月24日 - )は、日本のタレント、女優。東京都出身。ホリプロ所属。2022年の第1子妊娠を機に女優業については無期限休止中(詳細後述)。 2002年、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』グランプリ受賞を経て
    94キロバイト (11,884 語) - 2022年4月23日 (土) 03:04



    【【石原さとみ】第1子出産を『感動いっぱい』に報告 「心から幸せを感じています」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     女優の黒島結菜ヒロインを務める、NHK連続テレビ小説 『ちむどんどん』(月~土 前8:00 総合/前 7:30 BS4K・BSプレミアム土曜日は1週間の振り返り)の第10回が22日、放送された。

    【キャスト相関図】来週から東京鶴見編!黒島結菜、川口春奈ら…登場人物の関係をおさらい

     本作は今年で本土復帰50年となる沖縄が舞台。ヒロイン黒島結菜は、豊かな自然に恵まれた「やんばる地方」のサトウキビ農家の次女として育つ比嘉暢子(のぶこ)を演じる。物語は、本土復帰前の1960年代からスタート。本土復帰となった1972年に高校を卒業した暢子は、東京へ。レストランで修行に励む中、人生を変える人々との出会い、そして運命の恋。愛する沖縄料理に夢をかけるヒロインと強い絆で結ばれた4兄妹の笑いと涙の「家族」と「ふるさと」の物語が描かれる。

    ※以下、ネタバレあり
     東京の遠い親戚からの申し出は、「四人のこどものうち、ひとり預かってもいい」というものだった。誰を行かせるべきか。家族と離れるのは誰なのか。本当は四人の兄妹、誰も行きたくはなかった。

     悩む優子(仲間由紀恵)。さまざまな葛藤の末に、暢子が自ら「東京に行きたい!」と…。そして、やんばるを去る史彦(戸次重幸)、和彦(田中奏生)とともに、暢子(稲垣来泉)が家族と離れる日がやってきた…という第10回のストーリーだった。

     同回ラストでは、物語が7年後に移り、子役から黒島らキャストバトンタッチ。黒島演じる高校生となった暢子も登場し、語りのジョン・カビラが「大きくなった暢子と兄妹たちの新しい物語が始まります」と告げた。ネット上では「暢子、大きくなったな~」「来週からも楽しみ」「黒島さんも元気いっぱいの暢子だね」などの声が寄せられている。

    連続テレビ小説『ちむどんどん』の場面カット(C)NHK


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへの2chの反応>

    【【ちむどんどん】遂にヒロイン・黒島結菜が登場! ネット待望「暢子、大きくなったな~」「来週からも楽しみ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    パワハラスメント(和製英語: power harassment)とは、職場内虐待の一つ。職場内の優位性を利用した、主に社会的な地位の強い者(政治家、会社社長、上司、役員、大学教授など)による、「自らの権力や立場を利用した嫌がらせ」のことである。略称はパワハラ。当初のパワハラ
    52キロバイト (8,227 語) - 2022年3月3日 (木) 08:36

    1 デデンネ ★ :2022/04/20(水) 17:31:27.80

    https://bunshun.jp/articles/-/53685?page=1

     4月1日早朝、山梨県甲府市にある寿司チェーン店「無添くら寿司」に勤務する30代の男性店長が、店の駐車場で自*ていたことが「 週刊文春 」の取材でわかった。

    上司から日常的にパワハラを受けていた
    2021年10月期には過去最高売上を更新した
     亡くなったのは中村良介さん(仮名・享年39)。中村さんは自身の車を店舗の駐車場に停め、車内に火を放ち、自ら命を絶った。

     くら寿司は東証プライムに上場する回転寿司チェーンの最大手企業。「コロナ禍で飲食業界が厳しい中、2021年10月期(連結)の売上高は1476億円と過去最高を更新している」(経済誌記者)。

     業績好調のさなかに衝撃的な事件は起きた。

     中村さんは神奈川県出身。地元の大学を卒業後、くら寿司に入社。横浜の店舗での勤務を経て、甲府に赴任した。「本当に優しい人でバイトの子にも怒らない。面倒見が良く、従業員に好かれていた」(現役の従業員)という。

     そんな中村さんについて、「今年3月に着任した上司のスーパーバイザー(SV)・X氏から日常的にパワハラを受けていた」と複数の従業員、元従業員が証言している。

    「Xは店長と同期ですが、上司です。アルバイトや部下など自分より立場が下の人には威圧的な物言いをするタイプ」(元従業員)

    「罵声や叱責は特に本人にはしていない」
     別の元従業員によると、X氏は着任直後から頻繁に中村さんに激高。「大きな怒声が厨房からフロアにまで響き、客からクレームが入ったこともある」という。

     次第に追い詰められていった中村さんは、周囲に対し、「店に火をつけてやりたいと思っている。いつも空の灯油用ポリタンクを車に積んでいるんだ」などと漏らしていた。

     退勤後のX氏を直撃した。

    ――罵声を浴びせたり叱責したのか。

    「『こういう風にやるんだよ』と指導することはありましたが、そういうこと(罵声や叱責)は特に本人にはしていませんので」

    くら寿司側の回答は…
     くら寿司本社にX氏のパワハラや中村さんの*理由などについて聞くと、

    〈当社において中村(※回答では本名・以下同)店長の就労状況について調査を実施しましたが、ご指摘のような中村店長に対するパワハラ行為があったとの事実は確認できておりません。

     なお、ご指摘のX(※回答では本名)SVについては、当該店舗に着任して1ヶ月しかなく、その間も中村店長との間では数回程度しか接点もなかったため、そもそも「日常的」な関係性があったとの事実は確認できておりません。

     事故については、ご遺族ともお話をさせていただいており、当社における業務に関連しない中村店長の個人的な事情によるものであることが推定されておりますが、プライベートに関わる問題であるため、当社としては回答を差し控えさせていただきます〉

     と回答した。

    4月20日(水)12時配信の「 週刊文春 電子版 」および4月21日(木)発売の「週刊文春」では、中村店長が追い詰められていく様子、従業員や元従業員による詳細なパワハラ証言、そして中村店長の父親の想いについて詳しく報じる。


    (出典 i.imgur.com)

    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1650440714/


    【【パワハラ 】「くら寿司」店長が店の駐車場で焼身自殺  】の続きを読む

    このページのトップヘ