コロナで国民の貴重な年金18兆円が泡となる


NO.8631849 2020/07/04 10:50
コロナで国民の貴重な年金18兆円が泡と消えた! 年金積立金をリスクの高い株式に運用し始めた安倍政権の責任
コロナで国民の貴重な年金18兆円が泡と消えた! 年金積立金をリスクの高い株式に運用し始めた安倍政権の責任
一体、この失敗の責任を安倍首相はどう負うのか。

本日、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が2020年1〜3月期の公的年金積立金の運用実績を発表したが、なんと、過去最大の損失額となった2018年10〜12月期の14兆8039億円をはるかに上回る、17兆7072億円の赤字となったのだ。

さらに、2019年度の運用実績のほうも8兆2831億円の赤字となり、リーマン・ショックがあった2008年に9兆3481億円の損失を叩き出して以来、過去2番目の損失額を記録。

こちらも2020年1〜3月期の赤字が大きく響いた格好だ。

無論、今回ここまでの赤字を叩き出したのは新型コロナの影響によって世界的に株価が値下がりしたことが原因だ。

実際、すでに4月の段階から1〜3月期の運用が17兆円前後になると民間エコノミストが試算し、厚労省も同様の試算を示していた。

だが、今回約18兆円もの赤字を叩き出したことは、「新型コロナのせいなのだから仕方がない」などと済ませられるようなものではない。

むしろ、国民が老後のために捻出してきた約18兆円もの年金を一気に溶かしてしまう、現在の運用システムの問題が浮き彫りになったというべきだ。

そもそも、GPIFは国民が積み立てた年金を資産運用し、その金額は130〜160兆円にものぼることから「世界最大の機関投資家」「クジラ」とも呼ばれる。

だが、以前は国民の年金を減らしてしまう危険性を考え、株式などリスクのある投資を直接的にはほとんどしていなかった。



【日時】2020年07月04日 08:00
【ソース】LITERA
【関連掲示板】


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村ランキング


ニュース全般ランキング
年金(ねんきん、英: pension、annuity)とは、毎年定期的・継続的に給付される金銭のことである。また、年金を保障する仕組みとして年金制度(ねんきんせいど)も指す。制度の運営手法によって、公的年金と私的年金に分類される。また個人年金は私的年金とは別に分類する場合が多い。 年金
30キロバイト (3,928 語) - 2020年6月4日 (木) 16:23








#4 [匿名さん] :2020/07/04 10:52

>>0
株主優待券もらったからな安倍


#6 [匿名さん] :2020/07/04 10:53

この責任は誰が取るんですか?


#9 [匿名さん] :2020/07/04 10:55

>>6
いつもながら、阿部は責任一切取らない。


#18 [匿名さん] :2020/07/04 10:59

>>6
韓国
韓国を叩かせて発散させ忘れる
なかったことに


#7 [匿名さん] :2020/07/04 10:53

国民の汗水垂らした税金を博打に使うな!カスどもが


#20 [匿名さん] :2020/07/04 10:59

>>7
本当、国民から支払わせて先延ばしや減額とかもはや投資詐欺と同じ


#11 [匿名さん] :2020/07/04 10:57

お前らホント何も知らないな(笑)
もう喋んな、邪魔


#17 [匿名さん] :2020/07/04 10:58

>>11
何を知ってるの?
知ってること書いといて