BIOS、更新してますか?

Image: Gizmodo US

えっ、「ばいおす」ってなんですか?

そう思う人もいるかもしれませんが、ざっくり言うとPC(Windows機)の基本中の基本となるソフトウェアのことです。米GizmodoのDavid Nieldが基本的なところから解説してくれています。その性質上、実際に試される際は自己責任でお願いいたします。

BIOSとは

BIOSBasic Input/Output System)はコンピューターに搭載されている最も基本的なソフトウェアコンピューターの電源を入れると最初に起動し、システムの構成要素(コンポーネント)がすべて動作しているか、正しい場所にあるかをチェックし、メインのOSをロードします。PCのスムーズな稼動にはBIOSが不可欠です。だからこそ、BIOSを最新の状態に保つことが重要なのです。

幸い、数年前と比べ、システムを良好な状態で維持するという目的では、BIOSの更新はかなり簡単になりました。ユーザーの負担を減らすため、PCでBIOSが格納されているマザーボードが改良され、進化したからです(ここでいう「PC」とは、Windowsの実行を目的としたコンピューターのことですが、Linuxデバイスや、「ハッキントッシュ」の大半もBIOSを頼りにしています。Appleアップル)社製のマシンはちょっと事情が異なります)。

たとえば、現在のマザーボードで、UEFI(Unified Extensible Firmware Interface)がBIOSに取って代わったのも、このような進化の一端です。UEFIはBIOSよりも速く賢く、これまでBIOSが担当していた仕事の大半をこなします。ただし、話をわかりやすくするために、ここではUEFIもBIOSと呼ぶことにします(実際、UEFIはUEFI BIOS、または単にBIOSと呼ばれることがよくあります)。

CPU-Zは準備を手伝ってくれる Image: Gizmodo US

名前はともかく、今日のテーマであるBIOSはPCが土台として頼りにしているファームウェアですから、バグ修正プログラムセキュリティパッチを使って、常に最新の状態にしておくことが重要なわけです。システムをできるだけ健全かつ安全に保つために、定期的にチェックしたいものです。

BIOS更新のやり方

慌てる必要はありません。指示にしっかり従って進めれば、数分で終わる程度のささいなことですから。(UEFI)BIOSは、通常、Windows UpdateまたはUSBメモリを使って更新されます。ただし、そのプロセスは、マザーボードメーカーによってほんのちょっと異なりますが。

アップデートファイルの入手先を探す

これを念頭に、まず、マザーボード(もしくはノートパソコン)を製造したメーカーWebサイトにアクセスしましょう。必要なアップデートファイルはすべてここにあります。詳しい手順書もおそらくここで手に入るでしょう。たとえば、新しいASUSマザーボードガイドはここにありますし、Acerコンピューターのはここにあります

必要なDell BIOS更新ファイルを見つける Image: Gizmodo US

使用しているコンピューターメーカー名と機種でネット検索すれば、関連する情報がヒットするはずです。できれば、取り付けられているマザーボードの名前と型番も検索に含めてみてください。PCに入っているマザーボードの型番が分からない? では、「システム情報」画面(タスクバーの検索ボックスで「システム情報」を検索すればすぐ見つかります)へ進み、「システムの要約」でベースボードの詳細を確認しましょう。「ベースボード製造元」がマザーボードメーカー、「ベースボード製品」が型番です。

CPU-Zでも必要な情報がわかる

何らかの理由でこれが上手く行かなかった場合、またはなんのことやらさっぱりわからないという場合には、無料アプリCPU-Zにやってもらいましょう。このアプリを起動して、「Mainboard」タブを見れば、マザーボードメーカーと型番が表示されているはずです。CPU-Zとシステム情報のどちらにも、BIOSバージョンと日付が表示されますので、最後に更新してからどのくらいの年月が経っているかがわかります

さてこれで、BIOSの更新プログラムの検索に必要な情報が揃いました。必ず、メーカーの正式なサポートWebサイトを探しましょう。マルウェア感染の心配のない、純正のプログラムが確実に手に入りますから。メーカーによっては、マザーボードメーカーや型番ではなく、ノートPCメーカー名と型番(これに「BIOSの更新」というキーワードをつければ尚可)で見つけられることもあります。

更新の仕方はメーカーごとに異なる(要手順の確認)

実際のアップデートは、このようなユーティリティが最後までガイドしてくれる Image: Gizmodo US

BIOSの更新方法は、メーカーによって異なります。また、メーカーが同じでも、マザーボードの種類によっては手順が変わることもありますが、最小限の技術的ノウハウがあればなんとかなるはずです。ここではDell PCを例に説明しますが、メーカーが違っても、手順はだいたい似たようなものでしょう。

Dellの総合サポートポータルこちらです。アクセスすると同時に、使用しているコンピューターの型番の入力、またはアシスタントツールダウンロードを求められます。また、「ドライバおよびダウンロード」をクリックして、必要なダウンロードまっすぐ進むこともできます。ひとりじゃ不安だという方は、「SupportAssistのダウンロードインストール 」へ。運が味方してくれれば、BIOS更新作業の大半を自動化してくれるWindowsツールが手に入ります。そうでなくても、少なくとも手順を詳しく説明した説明書は手に入るはずです。

Dellコンピューターをはじめ、大半のコンピューターでは、指定された小さなユーティリティダウンロードして実行すれば、BIOSが最新バージョンに更新され、同時にPCが再起動されます。このとき、まず、すべての作業を保存し、すべてのファイルをバックアップすることを絶対に忘れないでください。

UEFIを搭載した最新のWindows 10システムならBIOSへのアクセスも簡単 Image: Gizmodo US

こういった更新ユーティリティには、ユーザーコンピューターを完全に操作不能にしないように防ぐための対策が組み込まれています。私たちもみなさんに一刻も早くBIOSを更新して欲しいと思っていますが、十分に注意しながら、正しいファイルを見つけてください。また、更新ファイルを適用する前には、くれぐれもコンピューターがほかの処理をしていないことを確認してください。

更新を完了すれば、Windows Updateの恩恵がすべてみなさんのものになります。他のハードウェアとの互換性が高まり、セキュリティが向上し、バグが減り、おそらくその他にも機能が1つか2つ追加されるでしょう。古いPCのBIOSを操作する場合には、通常、コンピューターの起動画面でファンクションキーDeleteキーを押す必要があります(どちらかわからない場合は、マニュアルを確認するか、画面に表示されるメッセージに従って操作してください)。

UEFI BIOSが更新されたら、「Windowsの設定」から「更新とセキュリティ」の「回復」に進み、「今すぐ再起動」をクリックします。次に、「トラブルシューティング」>「詳細オプション」>「UEFI ファームウェアの設定」の順にクリックし、最後に「再起動」します。再起動後に表示されるオプションは、コンピューターメーカーや機種によって異なりますが、通常はそこでドライブの起動順序の変更やWi-Fi接続の有効無効の切り替えができます。

BIOSの更新は面倒な作業のように感じられます。特に手順に正確に従わなかった場合には、コンピューターを使用できなくなる可能性があると脅されたら、あまり気乗りしないかもしれません。しかし、手順を忠実に守れば、最終的にはコンピューターがより安全で高速になるという利益が得られます。やってみる価値は十分にありますよ。



(出典 news.nicovideo.jp)

Basic Input/Output System(ベーシック インプット/アウトプット システム、頭字語:BIOS(バイオス))とは、ファームウェアの一つで、コンピュータに搭載されたプログラムのうち、ハードウェアとの最も低レベルの入出力を行うためのプログラムである。 BIOSソフトウェアはパーソナルコンピュータ
38キロバイト (5,393 語) - 2020年2月22日 (土) 21:58



ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村ランキング


ニュース全般ランキング

<このニュースへのネットの反応>

ミスったらマザボ終わっちゃうからな。ある程度知識ある人にこういう記事は忘れてた時などは凄く良い記事だけど。以前、デュアルBIOS積んで1回ミスってもバイパスで起動ってマザーもあったけど今また1つだよな。OSの再インストールですらミスって起動できませんの人が多いなかでBIOS更新はお勧め出来ないな。と言うか最近のBIOS更新楽になったのね。


PCによっては更新するとサポート外になるよってHPにしれっと書いてるのもあるから確認重要ね、実際やらかして壊したのが多発したんだろーな


BIOS更新はよほどの致命的欠陥か、それをしないと新しいCPUが使えないとか、それなりの動機がないとおすすめしない。


この前のスマホのSIMカードロックと同じことが起きそう。


正直こういうの更新すると逆に不具合でるからな 致命的な欠陥とか不具合でもない限り買った時の状態が一番安定する


BIOSすら起動しなくなる恐怖を体験したいのかな?俺もうはゴメンだぜ


トラブルを自ら招き寄せてるとしか思えない記事


BIOS更新でマザー逝かせる奴wwwwwww俺です。


関係ないが、OSを「強制」アプデさせられてHDDクラッシュされたことは一生忘れない。なあ、ゴミマイクロ社様よぉ?


単品売りのマザーなら何かしらBIOS復旧ツールが付いている。ASUSマザーなら、起動しなくなっても、オンボードボタンを押すとUSBメモリのBIOSを読み取って自動復旧するので便利。怖いものなし。


NECはアップデート毎に更新連絡が来てたので問題は無かったし。今のPCは店の会員になったら保守点検が無料になったので2~3か月毎に店のお世話になってるわ。


BIOSアップデートミスって病院送りにした人いる?嫁が買ったばかりのEeeSlateで1回やっちまいました。


あとBIOSの説明が間違ってるな。BIOSとは文字や絵を表示する、ディスクを動*等、OS起動前に最低限のI/Oインターフェースを担当するROM内システムコール群のことで、起動時にF1やDELを連打して入るあの画面はそれのコンフィグ画面にすぎない。UEFIもBIOSの一部。


知らなくていい、裏の世界の話だね。


失敗すると確実に修理行きだから、軽々しくやらない方が良いけどね・・・。自作だとメーカーに寄ってはアプデ失敗時の対策(Dual BIOS)があるけど、メーカー製は無いので、ビクビクしながらやることに。BIOSのアプデはいつまで経っても慣れん


基本、購入時のセット(MPU,GB、MBetc)が変更されない限り危険を冒してまでやる必要のないことd(・・)手慣れている人でも格段の注意が必要なことに素人がひょいひょい気軽にやるものではないとおもうけどね(^_^;)


マザボのトラブルよりも圧倒的に持ち込みで多いのは通信機器のファーム更新だな たいてい自動更新なうえに動かないっていうんでコンセント抜くやつが多いから事故が起こる


次いでおおいのはスマホ(笑)


やれってPCに言ってくればやるけど、サブに回した古めのノートがやったらバッテリーの充電上限を80%にされちゃった。まあもう持ち歩かないからいいんだけどさ。


セキュリティが絡むその他のファームウェアならともかく、BIOSだけは更新する必要が無いんだよなあ。買い替え時期が来てるってことだし。


問題起きたとか起きそうな時はいっそ買い替えがいいよ 素人だけでなくある程度のパソコン玄人ですらやっちまう可能性あるから


メーカー製デスクトップで公式にはメモリ8GBが限界だった奴が16GB載るようになった事はあったけど…現状に不満があるか、セキュリティホールが見つからない限りはやらないほうが無難だよ。失敗したらPCごと逝ってしまう