―[鈴木涼美の連載コラム「8cmヒールで踏みつけたい」]―


新型コロナウイルス感染拡大による健康被害や経済不安の影響で、8月の自殺者が前年同月比15.3%増の1849人と大幅に増加していたことが明らかになった(警察庁発表速報値)。特に女性の自殺者数は40.1%増の650人と深刻な状況だ。

◆女はそれも我慢している/鈴木涼美

 昨年、20人が殺傷された川崎市登戸通り魔事件の容疑者についての報道が過熱した時、テレビメディアでは落語家キャスターがしきりに「死にたいなら一人で死んでくれ」と発言した。もちろんそれらは自殺する前に罪のない子供を殺した行動への非難の言葉であり、趣旨は「死ね」にあらず、「殺すな」にある。痛ましい事件への反応としては自然だが、実際には、はなから一人で死んでいく者たちのほうがそもそもずっと多い。

 長年減少傾向にあった日本の自殺者数が、コロナ禍の真夏、前年の数字を大幅に上回った。特に女性の増加率は8月で前年比4割増と顕著で、バブル崩壊やリーマンショックなどとはまた別の様相を見せている。いまだに総数は男性に及ばないものの、長らく男の問題とされてきた自殺が女性にも波及したことは、一つにはかつてより社会的自由度が増し、経済的な責任を負う者も増えたことと無関係ではないだろう。

 しかし依然として接客や非正規雇用の割合は多く、家事育児は共働きであっても女性に負担がのしかかる。そしてウイルスはまさに接客や非正規雇用の者たち、育児の責任を持つ者たちをダイレクトに攻撃した。国連のグテーレス事務総長も、パンデミックで追い詰められた女性たちの問題に言及するなど、コロナが女性活躍社会に水を差す可能性は日本以外でも指摘されている。

 自殺の原因なんておそらく複合的で、客観的事実だけではその形を正当に把握することはできない。非正規で働いていた女性の生活不安、飲食・宿泊業など女性の多い職場への打撃、休校による育児負担増やシングルマザーの生活環境、在宅勤務によるDVなど家庭内ストレスの増加、外出自粛による孤独。どれも原因として指摘されるものの、どれに当てはまるわけでもなく命を絶つ者もいれば、すべてに当てはまって逞しく生きる者もいる。

 自殺した女性の知人が二人いるが、一人については仲間内でさえその要因の見解が「失恋」「失業」「病」「当て付け」と分かれたし、もう一人については誰もその見当すらつかなかった。明らかに原因に見えるものが直接的な引き金とも限らない。何気ないネットの書き込み一つのほうが、絶望的な貧困よりつらいと思う人もいる。人の心は複雑で、多様で、気まぐれだ。しかし、客観的に推理できる原因がこれだけ並べられることにこそ問題はある。

 長く女は男に比べて環境の変化に強いといわれてきた。ストレス耐性があって逞しく、どんな状況になっても生きられるのが女だと教えられた。栄誉なことだが、先細りの社会でそんなイメージでは腹も膨れぬどころか、対策の怠慢を呼ぶ可能性もある。

 女は強いから、お母さんは強いから、と押し付けられてきたもともと無理のある量の責任が、一つのウイルスによる社会環境の変化で限界を迎えているのかもしれないのだ。複雑な人の心を把握しようなんて大層なことは無理だから、いくらでも並べられる原因らしきものを一つずつ減らしていくことに政治が力を割くしかない。

 新総理肝いりの「自助、共助、公助」の最初の二つは、「強い女」の良心に頼って保たれてきた気もするのだ。
※週刊SPA!9月29日発売号より

【鈴木涼美】
’83年、東京都生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒。東京大学大学院学際情報学府修士課程修了。専攻は社会学。キャバクラ勤務、AV出演、日本経済新聞社記者などを経て文筆業へ。恋愛やセックスにまつわるエッセイから時事批評まで幅広く執筆。
著書に『「AV女優」の社会学』(青土社)、『おじさんメモリアル』(扶桑社)など。最新刊『可愛くってずるくっていじわるな妹になりたい』(発行・東京ニュース通信社、発売・講談社)が発売中

―[鈴木涼美の連載コラム「8cmヒールで踏みつけたい」]―


写真/産経新聞社


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 ap-e.jp)



<このニュースへのネットの反応>

命を絶つほどい詰められている男は平気で見捨てるよね(´・ω・`)


最後のまとめが「気もするのだ」でお気持ちでしかないな


ケースが違う例を槍玉に上げこんな発言をしてるから女性が貶められているなどと言い始める。全く筋が通らない難癖をつけてきているのは、記者のほうだ。


もっともらしい事言っているけどこの人似非ですよね。本当に死を願っている人男女構わずいます。政権批判はもっと堂々とやりましょう。


自助ってのはつまるところ自己決定を尊重しますよって意味であってな。勝手な解釈で藁人形を作って必死に攻撃してるサヨク連中の哀れさが際立つ昨今。


もともと自殺は男性の方が女性の2倍以上多いんですけど、そっちはスルーですか?


8月の自殺者数が1849人で、うち女性が650人。それでも「女性の自殺」だけを問題視する性差別主義者


自殺の原因が客観的に分からないと言っているのに自助共助を求めるのは悪影響だと決めつけてるのは何故なんですかねぇ?


すでに国地方自治体はセーフティネットを展開している。それを利用しない手はないがその利用を後押しするのは周りの人たちだと思うから自助共助が必要なわけだけど、逆にその周りの人たちに追い詰められているが現状なのだろうねd(・・芸能界は特に隙あらば足を引っ張るが常態化している業界だ*d(--結局、芸能人は自助努力するしかないでしょうねd(--


だいたい足を引っ張る側の人間に聞いてどうするのかね?<(--;ポリポリ しかも自助共助の意味も解っていない輩にf(--;)ポリポリ


元々の自殺者数の比率は男が女の2.4倍な訳だが。


完全介護してほちいでちゅ~って何処まで女性を下に見れば気が済むんだこいつ等?


はいはい。今の日本があるのはぜんぶ女性のおかげですよ。男なんて汚くて臭い存在は必要ないですよね。よかったですね。


この記者も「慶応」か、  →慶應義塾大学環境情報学部卒。東京大学大学院学際情報学府修士課程修了。専攻は社会学。


▲ニコニコニュースは【慶応】だらけ。 →→→ ▲「板垣聡旨」「西田亮介」「片山杜秀」←これ全て慶応出身ハーバー記者、▲「白河桃子」ジェンダー工作員、▲「小西一禎」共同通信政治記者、▲「井上恵理菜」プレジデント記者、▲まぐまぐニュースの社長「大川弘一」は慶応中退、ちなみにBPOの委員長が慶応で、副委員長が早稲田。▲「慶応義塾病院は信濃町。坂井泉水が転落死」


▲SPA!の運営会社は、ハーバービジネスオンラインと同じ【扶桑社】で、親会社は【フジテレビ】。 フジの筆頭株主は、2005年から民主党政権誕生まで【ソフトバンク】。 ▲小林よしのりと一緒にネトウヨ連呼とレッテル貼りしか能がない、古参フェイクメディア


▲ SPA!って「小林よしのり」の雑誌だからな? ネトウヨネトウヨと*の一つ覚えで連呼し始めたのがこの男だ。こいつは愛国者などではなく、「反米がしたいから」台湾論・天皇論・戦争論を書いた。 ▲そもそも左翼から政治に入った。若い頃の小林よしのりが必ず「長髪」で描かれるのは、反戦フォークソング同好会と一緒に、学生運動に参加してたから


SPA = 運営会社は扶桑社(親会社はフジテレビ) = ハーバービジネス


「長らく男の問題とされてきた自殺が女性にも」  ← おいおいおい。男は「男」で、女は「女性」かよ…。ヘイトスピーチ記事ですなぁ、扶桑社クン(経営はフジテレビ。ハーバービジネスと同じ)


男は強いから、お父さんは強いから、と押し付けられてきたもともと無理のある量の責任が、一つのウイルスによる社会環境の変化で限界を迎えているのかもしれないのだ。←何も違和感がないな。