ぼっちゃんのブログ

当ブログの掲載記事・文章・画像等は
Twitter、2ch、5ch、爆サイなどからの転載です。
様々な情報や話題をお届けするブログです。

    カテゴリ:グルメ > ラーメン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ラーメンライターが格付け 1月新発売の名店監修カップ麺 こだわりはどう再現されたか?



    (出典 pbs.twimg.com)



    【ラーメンライターが格付け 1月新発売の名店監修カップ麺 こだわりはどう再現されたか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ラーメンとは、中華麺とスープを主とし、様々な具(チャーシュー、メンマ、味付け玉子、刻み葱、海苔など)を組み合わせた麺料理。漢字表記は拉麺、老麺または柳麺。別名は中華そばおよび支那そば、南京そばで、「らーめん」や「らあめん」と平仮名で表記されることもある。中華人民共和国や中華民国(台湾)では日式拉麺
    81キロバイト (8,135 語) - 2021年1月21日 (木) 18:55



    (出典 tblg.k-img.com)



    【2020年ベストラーメンTOP10!全国のラーメンを食べ歩くラーメンライターが厳選】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 pbs.twimg.com)



    【都内実力派2店が映す 2021年のラーメン界のトレンド】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     とんこつラーメン専門店の一蘭が、VRゲームカウンターファイト一蘭」をOculus Storeで配信しています。プレイヤーが一蘭の従業員となって、次々と接客をこなしていくという内容です。一蘭が好き過ぎて自分が提供する側になりたい人向けかな。

    【画像】ゲームプレイ画面

     「Counter Fight」は、トリコルが2016年に開発したVR飲食店シミュレーションゲームシリーズ。今回は一蘭監修で、新たに作り上げたそうです。

     「カウンターファイト一蘭」はただラーメンを作り続けるだけでなく、盛り付けの美しさの判定や、麺のおいしさを維持するための「15秒の掟」など、一蘭ならではのこだわりをゲーム内でも表現。店内で流れるBGMや替玉のチャルメラ音なども、忠実に再現されています。

     価格は1490円。レビューは現在6件のみですが、全て星5と好評です。

    食べるだけでは飽き足らない人にはたまらない……のかな?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    天然とんこつラーメン専門店 一蘭(いちらん)は、福岡県福岡市に本社を置くラーメンチェーン店である。 1960年(昭和35年)、中原貞之により福岡県福岡市百道で屋台「双葉ラーメン」として創業し、ラーメンの真ん中に唐辛子ベースの赤いタレを浮かせて提供した元祖とされる。1966年(昭和41年)に福岡県小郡
    16キロバイト (1,996 語) - 2021年1月8日 (金) 02:31



    (出典 i.ytimg.com)





    【【ラーメン一蘭】「VRゲーム登場」自宅でも楽しめる!「動画あり」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 pbs.twimg.com)



    1 きつねうどん ★ :2020/09/06(日) 14:54:28.80


    (出典 www.olive-hitomawashi.com)


     ラーメンの具には定番がいくつかある。その中で、いわゆる家系ラーメンにはほうれん草がよく入っている。ほうれん草をラーメンに使うと、彩りがよいのはもちろん、ほかにもさまざまなメリットがあるのだ。本記事では、ラーメンにほうれん草を使うメリットや、おすすめの使い方について説明していく。

    1. 自作ラーメンの具には、ぜひほうれん草を使おう

    ラーメンの栄養を補う!
    ラーメンは油や塩分が多く、大部分を占める麺も炭水化物の塊だといえる。家でラーメンを自作する場合は、ぜひ具材をいろいろのせることを検討したい。仮に具材を加えたからといって、塩分や油が減るわけではない。しかし、それで多少でも栄養を補えれば、身体にもよいほか、罪悪感を多少は和らげられるかもしれない。ほうれん草には鉄分をはじめとしたミネラルやビタミンが豊富に含まれており、栄養を補うのにはうってつけの野菜だ。普段なかなか摂りにくいビタミンAが多いのも嬉しい。そのため、ほうれん草のストックがあるならぜひラーメンにのせたい。とはいえ飾り付け程度の量では栄養もあまり期待できないが、それでもないよりは明らかによい。家で食べるなら、あくまで栄養を考慮に入れて作りたい。自分だけでなく家族も一緒に食べるなら、なおさらだ。ほうれん草はおすすめだ。
    ほうれん草はどのスープにも合う!
    先述の家系ラーメンでは、醤油豚骨スープにほうれん草が組み合わせられる。しかし実際は、ほうれん草はほかのスープにもよく合う。醤油スープはもちろん、味噌に塩、豚骨と、どのスープにのせても美味しく食べられるはずだ。どんなラーメンを作るにせよ、具の候補に常にほうれん草を入れても問題ないだろう。

    2. ほうれん草は麺と別に下茹ですること!

    ほうれん草をラーメンに加えるといっても、ただのせればよいわけではない。ほうれん草にはアクが含まれるため、そのままではえぐみが強く食べにくい。そのため、下茹でをしておこう。沸騰した湯でほうれん草をさっと茹で、その後水で冷ませばよい。ラーメンと一緒に茹でれば楽だと考えるかもしれないが、ほうれん草に関してはおすすめできない。アクが湯に流れ出るため、結局はラーメンにえぐみが残ってしまうからだ。面倒かもしれないが、別途湯を沸かして茹でよう。ただ、アク抜きをしないほかの野菜であれば、麺と一緒に茹でても問題はないはずだ。ほかの野菜を使う場合は、ほうれん草で手間が増える分、時短で調理できるように工夫したい。


    【【ラーメン】飾りじゃないのよほうれん草は!ラーメンのほうれん草には合理的な理由があった】の続きを読む

    このページのトップヘ