ぼっちゃんのブログ

当ブログは、Twitter、2ch、5ch、爆サイなど
スレッドのニュースまとめブログです。
様々な情報や話題をお届けするブログです。

    カテゴリ:グルメ > ラーメン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 pbs.twimg.com)



    1 きつねうどん ★ :2020/09/06(日) 14:54:28.80


    (出典 www.olive-hitomawashi.com)


     ラーメンの具には定番がいくつかある。その中で、いわゆる家系ラーメンにはほうれん草がよく入っている。ほうれん草をラーメンに使うと、彩りがよいのはもちろん、ほかにもさまざまなメリットがあるのだ。本記事では、ラーメンにほうれん草を使うメリットや、おすすめの使い方について説明していく。

    1. 自作ラーメンの具には、ぜひほうれん草を使おう

    ラーメンの栄養を補う!
    ラーメンは油や塩分が多く、大部分を占める麺も炭水化物の塊だといえる。家でラーメンを自作する場合は、ぜひ具材をいろいろのせることを検討したい。仮に具材を加えたからといって、塩分や油が減るわけではない。しかし、それで多少でも栄養を補えれば、身体にもよいほか、罪悪感を多少は和らげられるかもしれない。ほうれん草には鉄分をはじめとしたミネラルやビタミンが豊富に含まれており、栄養を補うのにはうってつけの野菜だ。普段なかなか摂りにくいビタミンAが多いのも嬉しい。そのため、ほうれん草のストックがあるならぜひラーメンにのせたい。とはいえ飾り付け程度の量では栄養もあまり期待できないが、それでもないよりは明らかによい。家で食べるなら、あくまで栄養を考慮に入れて作りたい。自分だけでなく家族も一緒に食べるなら、なおさらだ。ほうれん草はおすすめだ。
    ほうれん草はどのスープにも合う!
    先述の家系ラーメンでは、醤油豚骨スープにほうれん草が組み合わせられる。しかし実際は、ほうれん草はほかのスープにもよく合う。醤油スープはもちろん、味噌に塩、豚骨と、どのスープにのせても美味しく食べられるはずだ。どんなラーメンを作るにせよ、具の候補に常にほうれん草を入れても問題ないだろう。

    2. ほうれん草は麺と別に下茹ですること!

    ほうれん草をラーメンに加えるといっても、ただのせればよいわけではない。ほうれん草にはアクが含まれるため、そのままではえぐみが強く食べにくい。そのため、下茹でをしておこう。沸騰した湯でほうれん草をさっと茹で、その後水で冷ませばよい。ラーメンと一緒に茹でれば楽だと考えるかもしれないが、ほうれん草に関してはおすすめできない。アクが湯に流れ出るため、結局はラーメンにえぐみが残ってしまうからだ。面倒かもしれないが、別途湯を沸かして茹でよう。ただ、アク抜きをしないほかの野菜であれば、麺と一緒に茹でても問題はないはずだ。ほかの野菜を使う場合は、ほうれん草で手間が増える分、時短で調理できるように工夫したい。


    【【ラーメン】飾りじゃないのよほうれん草は!ラーメンのほうれん草には合理的な理由があった】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【ラーメン】1万票集まる 圧倒的1位 ラーメンチェーンは『天下一』

    住んでいる場所で味覚が違うのかな

    NO.8812348 2020/09/01 23:51
    【1万票集まる 】最も人気なラーメンチェーンはどれだ!? “天下一”なお店が圧倒的1位に
    【1万票集まる 】最も人気なラーメンチェーンはどれだ!? “天下一”なお店が圧倒的1位に
    お昼や夜のご飯、飲み会の締めなど、さまざまなシーンで食べたくなるラーメン。

    多くの人気チェーン店があり、誰しもお気に入りのラーメン屋があるはずです。

    ねとらぼ調査隊では7月26日から8月25日までの間「あなたが一番好きなラーメンチェーンは?」というアンケートを実施していました。

    本記事ではその結果を紹介していきます。

    今回の投票では1万1721票もの投票をいただきました。

    ご協力ありがとうございます!

    (調査期間:2020年7月26日 〜 2020年8月25日、調査対象:ねとらぼ調査隊にアクセスしてアンケートに参加してくれた1万1724人)

    ●第3位:来来亭
    第3位となったのは「来来亭」で、得票率は7.4%(869票)でした。

    コメントには「来来亭のこってりラーメン最高!」などこってりとした背脂入りの鶏がらスープが好きという人から、「来来亭のラーメン(自分は背脂抜き+カタめん)+チャーハンがお気に入りです」「来来亭の細麺で、背油等自分好みに変えれるのが良いよ!」など、自分で調整できる点が良いという声も見られました。

    ●第2位:スガキヤ
    第2位となったのは、得票率8.0%(934票)で「スガキヤ」でした!東海地方を中心に根強い人気を持つスガキヤですが、コメントには「愛知県民ソウルフード! あの味を低価格で食べられるのはスガキヤだけ!」「スガキヤさん、関東にも出店して欲しい」「愛知県民はスガキヤに吸い寄せられる……」など、愛を感じるコメントがたくさん寄せられました!

    ●第1位:天下一品
    投票数1964票、得票率16.8%と第2位の倍ちかくの支持を得た「天下一品」が圧倒的1位となりました。

    コメントでは「天下一品は定期摂取必須」「天下一品、2カ月に一度位食べたい発作に襲われる」「天下一品、あのこってりは中毒性がある」と、リピートしたくなるとの声がたくさん見られました。

    中には「『天下一品』はラーメンというより、ひとつのジャンルだ」とする人も。

    ●「その他」では“ラーメン横綱”が頻出
    今回の投票では20チェーン店をピックアップし、選択肢にない場合は「その他」に投票してもらい、コメント欄に書き込んで頂きました。

    最も頻出していたのは「ラーメン横綱」でした。

    屋台から変わらないという豚骨醤油味のスープがおいしいですよね〜。



    【日時】2020年09月01日 12:05
    【ソース】ねとらぼ
    【関連掲示板】

    ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

    にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
    にほんブログ村ランキング


    ニュース全般ランキング


    【【ラーメン】1万票集まる 圧倒的1位 ラーメンチェーンは『天下一』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    新潟の注目人気ラーメン店 

    新潟市東堀にあったラーメン店が上越で復活 「ジャッキーラーメン」が6月、上越市中田原にオープン


    新潟で注目のラーメン



    個性あふれるラーメン店





    ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

    にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
    にほんブログ村ランキング


    ニュース全般ランキング

    【【ラーメン】新潟の注目人気ラーメン店 12軒】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    全国のつけ麺の名店がそろった「つけ麺Walker」(発売中)の目玉企画「プレミアム限定麺」。「つけ麺Walker」読者のために、共通テーマの「地元食材」を使い各店がこれまで作ったことのない至極の一杯を完成させる。9月の限定麺は、札幌・豊平区の行列のできる店「らーめん つけ麺 NOFUJI(のふじ)」の一杯だ。

    北海道産山わさびが香りと辛味が、サンマ節と味わいをさらに際立たせるのが不思議だ

    ■【2020年9月1日(火)~20日(日)、2021年1月23日(土)~2月11日(祝)】サンマ節が色濃く香る濃厚な一杯が登場!

    「濃厚サンマ出汁つけ麺」(950円)。食べられるのは9月1日(火)~20日(日)。1日50杯限定。

    2021年1月23日(土)~2月11日(祝)は内容を変更する予定

    ラーメンつけ麺の二枚看板で勝負する「らーめん つけ麺 NOFUJI」。札幌市内の数多くの有名店が鎬を削り合う平岸エリアにあって、連日行列のできる押しも押されもせぬ人気店だ。その真髄は豚骨と魚介から取ったダブルスープ。しっかりと下処理をした豚骨を丁寧にアク取りをしながら10数時間じっくりと炊いたスープは臭みがなく、濃厚。そこに魚介の旨味と背脂のまろやかさが加わり、どこまでも余韻が続く深い味わいを醸す。

    クドそうに見えるのに味のバランスが全体的に取れているのは、店主・野藤正英さんのセンスと技術のなせる技だろう。野藤さんは市内の某有名店で修業し、2017年に独立。現在は奥さんと共に店を切り盛りしている。腰が低く柔らかい人柄だが、味に関してはどこまでもストイック。新たな味の追求に日々勤しんでおり、毎月趣向を凝らした限定麺を用意している。そのどれもがレギュラー商品にしてほしいと思わせるクオリティなのが、野藤店主の凄味だろう。

    今回の「濃厚サンマ出汁つけ麺」も、かなりの試行錯誤の末に誕生した自信作。自慢の濃厚な豚骨スープサンマ節を一晩漬け込み、丁寧に旨味と風味を抽出。このあたりの魚介使いのセンスは見事だ。味付けは通常使用している甘辛いタレではなく、キレのある和風ダレを使用。そこにサンマの魚粉をさらに加えて完成だ。

    麺は北海道産の小麦を使った極太麺。しっかりと水で締められ、シコシコとした食感で、パンチのあるつけダレとの相性もいい。焼き目を入れて香ばしく仕上げた厚切りのチャーシューは、しっかりと肉の食感を楽しめ食べ応えありだ。味変アイテムとして添えられるのはレモン北海道産の山わさび。山わさびはつけダレや麺が仕上がってからすり下ろすため、香りと辛さがフレッシュ。タレに投入すると味がキリリっと引き締まり、魚介の旨味がより引き立つのが面白い。

    今回の「つけ麺Walker」限定麺は誰でも食べられるのが特徴。さらに読者限定で、 雑誌を持参した人にはスペシャルトッピングとして、チャーシューダレに2日間漬けた自慢の味玉やメンマ、ネギの盛り合わせが1つ無料で付いてくる。

    スペシャルトッピングを受ける人は、スタッフに食券を出す時に必ず「つけ麺Walker」を提示し、スペシャルトッピング希望と伝えてください(1人1冊、電子版不可)。

    定番の「特製魚介醤油つけ麺」(1000円)はもちろん、毎月手を変え品を変え登場する限定麺を求め、ランチタイムや夕刻に行列ができるのも、地下鉄南平岸駅周辺では今やすっかり当たり前の風景となった。出向く際は、時間に余裕を持って出掛けていただきたい。

    【実施日】2020年9月1日(火)~20日(日)、2021年1月23日(土)~2月11日(祝)

    2021年1月23日(土)~2月11日(祝)は内容を変更する予定

    らーめん つけ麺 NOFUJI(のふじ)】住所:札幌市豊平区平岸3-13-7-12 電話:011・815・0101 時間:11:00~15:0017:0021:00(各LO)※スープがなくなり次第終了 休み:月曜 席数:13席(カウンター9、テーブル4) 駐車場:なし アクセス地下鉄南北線南平岸駅より徒歩1分

    【取材・文=菅原雄一、撮影=会田誠】


    濃厚サンマ出汁つけ麺(950円)。北海道産の山ワサビとレモンで2度の味変を楽しめる/(C)KADOKAWA 撮影/会田 誠


    (出典 news.nicovideo.jp)

    つけ麺つけめん)とは、をつゆにつけて食べるスタイルの麺類で、主にラーメンの一種として扱われる日本の料理である。店によってはもりそば、つけそば、ザルとメニューに記される。 茹で上げたのヌメリを冷水で取り、締めてから皿やざるに盛り、別の器についだ熱い(もしくは冷たい)スープに一口分ずつ漬けながら
    13キロバイト (1,909 語) - 2020年5月19日 (火) 07:03



    (出典 www.chikuwachan.com)


    らーめん つけ麺 NOFUJI
    【【ラーメン】北海道の人気店「らーめん つけ麺 NOFUJI」がサンマ節炸裂の限定麺を考案!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 mapcache.e-map.ne.jp)



    1 苗木藩 ★ [ニダ] :2020/08/24(月) 13:18:52.98

    NHKニュース栃木県
    http://www3.nhk.or.jp/lnews/utsunomiya/20200824/1090007634.html

    ラーメン店で5人が食中毒か

    上三川町のラーメン店で食事をした利用客と従業員あわせて5人が、おう吐や下痢などの症状を訴え、
    県は黄色ブドウ球菌による食中毒として店を23日から営業停止の処分にしました。

    県によりますと、今月20日、上三川町にある「ラーメン山岡家上三川町店」でまかないを食べた従業員2人が
    おう吐や下痢などの症状を訴え、病院に入院して手当てを受けました。
    2人はいずれも快方に向かっているということですが、検査の結果、黄色ブドウ球菌が検出されたということです。

    保健所が調査したところ、19日から20日にかけて店を利用した3人の客にも同じような症状が出ていて、
    いずれも症状は軽いということですが、このうち1人から黄色ブドウ球菌が検出されたということです。
    このため県は黄色ブドウ球菌による食中毒として、23日から再発防止策がとられるまでの間、営業を停止する処分にしました。

    黄色ブドウ球菌は人の手などに付着していて、30度から37度の温度でもっともよく増殖することから、
    県は加熱後の食品を素手で触らないことや、食品を常温のまま放置しないことなど注意を呼びかけています。

    08/24 11:36


    【【食中毒】ラーメン山岡家上三川町店 「黄色ブドウ球菌」】の続きを読む

    このページのトップヘ