ぼっちゃんのブログ

当ブログの掲載記事・文章・画像等は
Twitter、2ch、5ch、爆サイなどからの転載です。
様々なグルメ情報や話題をお届けするブログです。

    カテゴリ:グルメ > 日本料理

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    雑煮(ぞうに)は、餅を主な具とし、醤油や味噌などでだしを味付けたつゆをはった日本料理。世界的に見るとスープ料理の一つ。日本では正月に多く食べられ、地域や家庭によって違いがある(「#地方による違い」以下で詳述)。 雑煮の由来については諸説あり、定かではない。 九州では正月の雑煮
    22キロバイト (3,236 語) - 2021年12月31日 (金) 12:59




    Belle Lus株式会社正月太りの統計データを発表
    ダイエットの食事指導と講師養成を行うBelle Lus株式会社は、20代から70代の女性1548名を対象に正月太りについてのアンケート調査を実施いたしました。日本人正月太りの実態が判明したため、その内容を報告いたします。


    <調査結果のポイント

    正月太りで増量した体重は平均2.0kg

    正月太りを解消するまでに1ヶ月かかった女性が66%と半数以上


    【図1】

    2022年スタートし、新たな気持ちで新年を迎える一方、「正月太り」に悩んでいる方の声を聞くようになりました。「正月太り」から戻るために、日本人はどのような対策をしているのでしょうか。
    調査の結果、正月太りで経験した体重増加は平均2.0kg(図1)解消までに1ヶ月以上かかった方が66%と半数以上を超えること(図2)が明らかになりました。

    66%の女性が「お正月太りの解消に1ヶ月以上かかった」と回答】

    【図2】
    お正月に食べたものベスト3】

    おせち」「お雑煮」「おそば」


    【図3】

    年末年始は何を食べたかとの回答については、やはり、日本の風物詩である、おせちお雑煮、年越しそばなどを食べる女性が大半の回答結果でした。
    体重を戻すためにどのようなことを行っているのか調査したところ、『糖質制限ダイエット』と回答した方が最も多く、次いで「カロリー制限ダイエット」「ウォーキング」と続きました。年末年始の“不摂生”を正すことを心がけて、食事制限や運動をしている女性が多いようです。

    お正月太りを解消するために行ったことベスト3は】

    糖質制限ダイエット」「カロリー制限ダイエット」「ウォーキング


    【図4】

    新年の抱負、2022年取り組みたいことは?

    新年の抱負、2022年取り組みたいことを聞いたところ、「食生活の見直しで体質改善、何より健康的に痩せたい」「運動で筋肉を付け、体脂肪を減らし、リバウンドしない体を手に入れる」「体の内側から綺麗になって、素敵な洋服を着こなしたい、オシャレがしたい」など、2022年の目標はさまざまですが、より一層きれいになる努力をしていきたいという目標が多いようです。
     
     こうした声を受けて、弊社ではお正月太りに悩んでいる方に『お正月太り解消!食べすぎたとき、即効で元の体重に戻す6つの方法』をプレゼントさせていただきます
     食べすぎた分を簡単に戻す方法を知り、おいしく食べながら・運動なしでも、すぐに元の体重に戻せるようなプログラムとなっております。このプレゼントは、ダイエットをしたい女性の目標達成に向けて、プレゼントと動画を見ながら、無理のない範囲でダイエットに取り組んでいただきたいという願いが込められています。

    プレゼント
    お正月太り解消!食べすぎたとき、即効で元の体重に戻す6つの方法』

    https://www.canva.com/design/DAEylCRakaY/h0pkN3CoijnivN719MhL0w/view?website#4

    【会社概要】 代表理事:松田リエ
    設立年:2018年7月
    従業員数:2人
    本所在地:愛知県名古屋市中村区名駅3丁目24−8三立ビル3F

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    看護師として2年半勤めたあと、海外医療の本場に携わりたいと思い、単身オーストラリアシドニーへ。実務をこなしながらアシスタントナースの資格を取得。帰国後、保健師に転身し、 予防医療に出会う。生活習慣病やメタボリックシンドロームを未然に防ぐための食生活指導に携わりながら、自分自身を実験台として研究を始める。

    自分自身と向き合うことで代謝の循環のみならず、貧血や寝起きの悪さ、日々の活力、PMS、肩こり、腰痛、精神的な不安定さなども解決。 自己実現に向けて、人生そのものがうまく循環していくようになる。看護師として臨床経験・保健師として食生活指導を経験、医師と栄養士の監修もあり、安心安全のベルラスダイエットのメソットを確立。

    産後5ヶ月のころから、三重県という地方でもWebを使いダイエットサポート事業を軌道に乗せ、2016年には妹とたった二人でダイエット協会を設立。協会設立4年で全国各地に約200名のベルラスダイエット認定パーソナルサポーターを育成し、1300名以上の方が3ヶ月のベルラスダイエット講座を受講。現在、スタッフは8名、2億円近い売上を上げている。スタッフ全員子育て中の主婦の組織、緊急事態宣言の最中でも、全国リモートワークで働き、コロナ前と変わらず安定した経営をしている。前年比120%近く売上のアップ。利益率は前年度の5倍の収益を達成。

    SNS総フォロワー数15万人。メルマガ登録者23,870人・ライン登録者23,216人。コロナ禍からyoutubeを立ち上げ、現在youtubeフォロワー数7万人突破。最近では2本目のチャンネルを立ち上げ、より広い層に楽しんでもらうため日々、試行錯誤しながら、在宅で一人で配信中。

    【雑誌・出版・出演等】
    ・マキノ出版『安心』2022年3月号掲載
    ・マキノ出版『ゆほびか』2022年3月号掲載
    ・TV BS12 why not`s 出演
    ・女子SPAにて連載中 ※Yahoo!ニュース
    ・雑誌壮快、鯖缶レシピ掲載
    ・マキノ出版 糖尿病高血圧を撃退!
    (楽)やせる サバ缶特効レシピ掲載
    HAPPY WOMAN FESTA (国連行事)に登壇
    Suzuka Voice FM78.3MHzに出演
    ・三重ふるさと新聞・雑誌HARBへ記事が掲載
    ・2022・2月 小学館からレシピ本出版予定
    オンラインイベントに1週間で850名集客
    オンライン3500名規模のセミナーに登壇

    配信元企業:Belle Lus株式会社

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)




    【あなたの好みの雑煮は…そして正月太り】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    社会学博士が作った「江戸時代のごはん」がとんでもない破壊力

     つけもの、汁物、手前みそ、塩、玄米2合――。社会学博士が作った「江戸時代のごはん」がなかなかの破壊力で話題を呼んでいます。昔の人すごい……!

    【画像で見る:豪華になった「江戸時代ごはん」】

     投稿者は中部大学人文学部コミュニケーション学科の助教・おうこうはん(@SUSHIwanghaofan)さん。「いつも『江戸時代の食事がね』みたいなことを授業でしゃべってるんですけど、諸事情で自分でつくる必要がでてきてつくってみたんですよ。玄米2合はやべえっすね」と、自分で作った“江戸時代のごはん”を画像付きで紹介したところ、5万件を超える“いいね”が寄せられました。

     お米1合が大体お茶碗2杯分と言われるので、玄米2合だと4杯分。重量にして1036グラム。これを食べきるためにつけものが大量に必要だということがビジュアルからしっかり伝わってきます。

     またおうこうはんさんによると、「豪華なときは、ちょっと魚がつきます」とのこと。尾っぽに近い部分の焼き魚ちょびっとだけ添えられたその姿に、おうこうはんさん自身は「よけいに悲しみが出ますよね」とコメントしています。

     このツイートには、「茨城の小作の子孫ですが、二代前まではほぼこれに近い食生活でした。父の実家は、農作業の途中のおやつも米を食べていたようです。『お中飯』と呼んでたそうです」「私は神奈川の貧農の子孫ですが、戦前の主食は雑穀米で白米を食べるのは1日と15日だけだったと叔母に聞いたことがあります」と農業に関係する人からの声や、「当時の飛脚の皆さんは『とにかく飯食って、とにかく走る』という生活で、カロリーが完全に右から左に抜けてったような感じだったそうで……これ見ると米喰わんとやってられんよなぁと思うw」と博識なコメントも寄せられています。

     今回作ったご飯についておうこうはんさんは「当然ながら2合の玄米を食べるのはさすがにぼくでもきついので、残ったご飯はおにぎりにして明日の朝ご飯にしたり、冷凍して後日食べます」と大量に残った玄米の画像を添えて報告。ラム肉丼などのアレンジレシピを作り、何とか4食かけて食べきったそうです。

    画像提供:おうこうはん(@SUSHIwanghaofan)さん

    (Kikka)

    おうこうはんさんが再現した江戸時代のごはん


    (出典 news.nicovideo.jp)

    江戸時代(えどじだい)は、日本の歴史において徳川将軍家が日本を統治していた時代である。徳川時代(とくがわじだい)とも言う。この時代の将軍家による政府(武家政権)は、江戸幕府(えどばくふ)あるいは徳川幕府(とくがわばくふ)と呼ぶ。 藩政時代(はんせいじだい)という別称もあるが、こちらは江戸時代
    93キロバイト (14,491 語) - 2020年6月26日 (金) 13:05


    「玄米2合はやべえ」 つけもの、汁物、手前みそ、塩、玄米2合
    社会学博士が作った「江戸時代のごはん」がとんでもない破壊力

    ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

    にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
    にほんブログ村ランキング


    ニュース全般ランキング

    <このニュースへのネットの反応>


    【社会学博士が作った「江戸時代のごはん」がとんでもない破壊力】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    初めて訪問する『うな希』

    91615269_2600511223528718_6437647027374391296_n

    91323749_2600511253528715_342987511208869888_n

    91389462_2600511200195387_1484463314518933504_n
    注文したのは『うなぎ重 肝吸付 2,500円』
    高知県産うなぎを使用しています。

    90631947_2600511463528694_3212066759183958016_n
    注文を聞いてから生うなぎを焼いてくれます。
    タレはあっさり甘く、皮は香ばしく焼かれて、少し弾力があり歯応えもあります。身はふっくら丁寧に焼き上がって旨い!
    タレがあっさりしているので、口の中に入れたときに本来のうなぎの香りがします。
    鮎に近い香りです。
    流石、高知のうなぎだ!
    カウンター9席の小さなお店です。
    訪問して大正解です
    旨い!旨~い
    兵庫県尼崎市立花町1丁目16−9
    うな希



    グルメランキング

    このページのトップヘ