ぼっちゃんのブログ

当ブログは、社会、芸能に関する世の中の
最新ニュースを毎日掲載しております
まとめサイトです。
たまに、飲食や旅先の出来事など掲載します。

    カテゴリ:ニュース > 国際

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    駆け落ちをしたり、未婚のまま男性と関係を持ったり、性被害に遭った女性たちが「一家の名誉を汚した」として殺害される“名誉殺人”のニュースが後を絶たない。イランで殺害されたのは35歳の男性と駆け落ちした13歳の少女で、父親は自首している。『The Sun』『Al Arabiya English』などが伝えた。

    イラン北部ギラン州タヴァーレシュ郡の町で21日、就寝中だった13歳(一部14歳との報道も)のロミナ・アシュラフィさん(Romina Ashrafi)が、父親に鎌で斬首されるという痛ましい事件が起こった。

    ロミナさんは35歳の男性との結婚を父親に許可してもらえず、駆け落ち同然で自宅から逃げ出した。しかし逃亡から5日後、地元警察に見つかり「命の危険があるから家には帰りたくない」と訴えたにもかかわらず、強制的に自宅に連れ戻された。

    父親は21日夜、自宅の寝室で就寝中だったロミナさんの首を鎌で切り落とし、血のついた凶器を持ったまま警察に自首している。現在拘留中の父親は“名誉殺人”を主張しており、有罪が確定しても死刑は免れて懲役3~10年の刑に服すことになるという。

    この事件を受け、イランジャーナリストであるメシア・アリネジャドさん(Masih Alinejad)は、Twitterで「少女は反女性的なイランの法律の犠牲になった。誰も彼女を救うことができなかった」と述べ、ロミナさんが“名誉殺人”の犠牲になったことを伝えた。

    また『The Sun』ではイランでの名誉殺人は殺人事件の5分の1を占めると報じており、Twitterではハッシュタグ「#Romina_Ashrafi」が5万回以上も使用され、「残酷すぎる」「また悲劇が繰り返された」「女性の権利が全く認められていない」「男性優位・女性蔑視が終わらない限り、名誉殺人は続くだろう」「刑罰を重くすべき」など怒りを露わにするコメントが多数あがった。

    ちなみに2018年にはアメリカで、イスラム教徒の両親が見合い結婚を拒んだ16歳娘に熱した油を注ぐなどの虐待行為に及んでいた。またパキスタンでも、交際している女性との結婚を望んだ22歳の男性が父親と家族の怒りを買い、眼球をくり抜かれるという事件が発生していた

    画像は『The Sun 2020年5月27日付「BLOOD TIES Girl, 13, beheaded in her sleep with a sickle by her father in Iranhonour killing’ after she hoped to marry older man」(Credit: Newsflash)』のスクリーンショット
    (TechinsightJapan編集部 A.C.)

    海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 gg-talk.jp)


    ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

    にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
    にほんブログ村ランキング


    ニュース全般ランキング


    <このニュースへのネットの反応>

    【【名誉殺人】35歳男性と駆け落ちした13歳少女、父親に鎌で斬首される(イラン)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【中国】「爆買いしたい」日本で『リベンジ旅行』中国では“リベンジ旅行”という新しい言葉が流行っている

    コロナが終息したら海外からの
    旅行客が増えるけど複雑だな・・・

    NO.8515624 2020/05/27 10:59
    中国「爆買いしたい」日本で“リベンジ旅行”望む声
    中国「爆買いしたい」日本で“リベンジ旅行”望む声
    観光地からは期待と不安、両方の声が上がっています。

    日本での緊急事態宣言の解除を受け、中国で早くも日本への旅行の解禁を待ち望む動きが出てきています。

    北京で大阪を中心に主に中国人向けの民泊を扱う会社を経営している韓哲さん。

    会社は1月後半から休業状態。

    本社を訪れたのは約4カ月ぶりのことです。

    売り上げは80%減。

    社員の給料を下げるなどして、しのいでいるといいます。

    それだけに、日本の緊急事態宣言の解除を喜んでいます。

    「在川」・韓哲社長:「今年の夏休みには経営状態が元に戻ってくれれば、皆がうれしいです」

    今、中国では“リベンジ旅行”という新しい言葉が流行っているといいます。

    「我慢していた分、思いっきり旅行するぞ」といった意味です。

    中国のSNSには、「早く日本で爆買いしたい」「日本で温泉に入りたいよ」「浴衣を着て花火を見たいわ」などの書き込みがあります。

    ただし、日本政府は水際対策の強化として入国拒否の措置を取っている100の国と地域に新たに11カ国を加え、また、全世界を対象にした入国規制の措置を6月末まで延長することを決めています。

    一方で、日本でも中国人観光客が戻ることに期待する声が聞かれます。

    人形焼き店・本家梅林堂:「日本にもどんどん来てもらって、買ってもらったら良いなと思います」

    感染拡大により、目を疑うほど閑散としてしまった浅草。

    早く、あのにぎわいが戻ってほしいというのです。

    しかし、一方で感染の不安もあるといいます。



    【日時】2020年05月26日
    【ソース】テレ朝ニュース
    【関連掲示板】


    ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

    にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
    にほんブログ村ランキング


    ニュース全般ランキング 【【中国】「爆買いしたい」日本で『リベンジ旅行』中国では“リベンジ旅行”という新しい言葉が流行っている】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    金ヨジョンは兄思いの愛妹か権力ナンバー2か 金正恩後継と一族支配の危機管理を考える


    金ヨジョンは兄思いの愛妹か権力ナンバー2か 金正恩後継と一族支配の危機管理を考える 金ヨジョンは兄思いの愛妹か権力ナンバー2か 金正恩後継と一族支配の危機管理を考える
    …4月末に世界を巡った「金正恩異変発生説」は、本人が5月1日に姿を現したことでいったん終息した。異変発生説と同時にメディアで様々論じられたのが、気の早い「後継者問題」だった。注目が集まったのは実妹の金与…
    (出典:国際総合(石丸次郎))



    (出典 rpr.c.yimg.jp)


    ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

    にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
    にほんブログ村ランキング


    ニュース全般ランキング

    『金ヨジョン』について画像をまとめてみた

     


    (出典 www.cnn.co.jp)








    (出典 kurutonblog.com)

    (出典 rin-333.xyz)

    (出典 www.newsweekjapan.jp)

    (出典 s.japanese.joins.com)

    (出典 sugisaku39.com)

    (出典 qulioplus.jp)

    (出典 rpr.c.yimg.jp)

    (出典 ironna.jp)


    【金ヨジョンは兄思いの愛妹か権力ナンバー2か 金正恩後継と一族支配の危機管理を考える】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    日本の対策「成功」と評価 WHO、第2波警戒訴え
    日本の対策「成功」と評価 WHO、第2波警戒訴え
    【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は25日の記者会見で、日本が緊急事態宣言を全面解除したことを巡り、新型コロナウイルスの新規感染者が大幅に減少し死者数増も抑えられているとして…
    (出典:社会(共同通信))


    していった。2020年1月31日に世界保健機関(WHO)は「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態 (PHEIC)」を宣言、2月28日にはこの疾患が世界規模で流行する危険性について最高レベルの「非常に高い」と評価し、3月11日、テドロス・アダノムWHO事務局長はパンデミック相当との認識を表明した。
    257キロバイト (27,968 語) - 2020年5月25日 (月) 10:00



    (出典 japanese.korea.net)


    ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

    にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
    にほんブログ村ランキング


    ニュース全般ランキング 【【WHO】日本のコロナ対策「成功」と評価 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    2020年5月24日、騰訊網に、「第2次世界大戦で、われわれが日本と一対一で戦っていたら、勝てただろうか」とする文章が掲載された。
    文章は、第2次世界大戦末期、日本はソ連からも宣戦布告を受けて中国大陸東北部の関東軍が包囲され、米軍からは広島、長崎に原子爆弾を落とされ、敗戦が決定的になったと紹介。そのうえで、「仮に米ソ両国の『支援』がなく自力で日本と戦った場合、われわれは最終的に勝てただろうか」と疑問を提起した。
    その答えについて、文章は「もし日本軍がすべての資源を中国との戦いに回していたならば、中国は必ずや負けただろう」との見解を示し、「もともと資源に乏しい日本は、ひとたび枯渇してしまえば戦えなくなってしまう。しかしそれは、米ソといった大国を相手にした話であり、中国だけを相手にする資源は十分にあった」と説明した。
    文章は、「日中戦争初期の日本軍はあらゆる資源を中国に注げたために勢力を拡大できた一方で、戦局が進むにつれて八路軍の激しい抵抗に遭って苦戦するとともに、米国そして最後はソ連が敵となって圧力を加えてきたことで持ちこたえられなくなった」との結論を出している。
    そして、「もし、米ソの『支援』がなく、自力で戦っていたら中国が勝つのはかなり難しかっただろう。米軍による原爆投下がなければ、野心的な日本軍が中国を簡単に手放すことはなかったはずだ」と主張した。(翻訳・編集/川尻



    その他の写真
    24日、騰訊網に、「第2次世界大戦で、われわれが日本と一対一で戦っていたら、勝てただろうか」とする文章が掲載された。写真は南京で展示された新四軍抗日戦争資料。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    第二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、英: World War II、略称:WWII;中国語:(繁体字)第二次世界大戰、(簡体字)第二次世界大战;フランス語:Seconde Guerre mondiale;ドイツ語:Zweiter Weltkrieg;ロシア語:Вторая мировая война;ヘブライ語:מלחמת
    364キロバイト (57,095 語) - 2020年5月24日 (日) 11:31



    (出典 natgeotv.jp)


    戦争反対


    ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

    にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
    にほんブログ村ランキング


    ニュース全般ランキング


    <このニュースへのネットの反応>

    【「第二次世界大戦」中国が日本と一対一で戦っていたら必ずこうなった!【中国メディア】】の続きを読む

    このページのトップヘ