ぼっちゃんのブログ

当ブログは、Twitter、2ch、5ch、爆サイなど
スレッドのニュースまとめブログです。
様々な情報や話題をお届けするブログです。

    カテゴリ:ニュース > 経済

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 kabuaf.com)



    1 ばーど ★ :2020/10/01(木) 10:00:22.74

    富士通は1日、東京証券取引所で全銘柄の売買停止が発生した問題を受け、日本経済新聞の取材に対し、「東証と共同で現在状況を確認している」と述べ…

    2020/10/1 9:45日本経済新聞 
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64458440R01C20A0I00000/

    関連スレ
    【速報】東京証券取引所、システムトラブルで全銘柄の取り引きを停止★3 [記憶たどり。★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1601513466/


    【【システム障害】大変だ! 東京証券取引所で全銘柄の売買が停止 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 kaikeizine.jp)



    1 影のたけし軍団 ★ :2020/09/15(火) 15:30:57.62

    東京商工リサーチが14日発表した1~8月累計の「飲食業」の倒産件数(負債額1000万円以上)は、
    前年同期比13・2%増の583件と、2011年を抜き、過去最多となった。

    新型コロナウイルスの流行で居酒屋だけでなく、そば、うどん、ラーメン店など庶民店の倒産が急増した。
    このペースでいくと、年間最多を記録した11年の800件を大幅に上回る。

    業種別に見ると日本料理、中華料理、ラーメン、焼き肉などの「専門料理店」が最多で152件(前年同期133件)。
    「酒場、ビアホール」は114件(同83件)だった。個人経営が多いすし店は20件(同14件)、そば、うどん店も13件(同8件)あった。

    「飲食店のビジネスモデルが壊れたのです」と、東京商工リサーチの情報本部長・友田信男氏がこう続ける。

    「外食をしなくなった、行動様式がガラッと変わったということです。飲食業界は、昨年後半から今年にかけて人件費が高騰し、
    ただでさえ体力が弱っていたところに休業要請、時短要請とコロナの影響が押し寄せた。

    ワクチンや治療薬が開発され、行動様式が元に戻らない限り、倒産数が過去最多を超えるのは確実です。
    この半年で助成金などの公的支援を使い切り、多くの店は資金が尽きかけている。

    将来の見込みが立たないのにさらに借金を重ねるのか、廃業を決めるか、という状況です。
    資金力のない店では秋口以降、心が折れる経営者が次々と出てくるでしょう」

    実際、資本金1億円以上の飲食店の倒産件数はゼロで、中小、零細企業が影響を受けている。

    外食ジャーナリストの中村芳平氏は「大手飲食チェーンも含め、経産省は2万店舗が閉店に追い込まれると分析しているが、それで済むのかどうか」とこう話す。

    「業種、業態に関係なく、ダメなところはツブれていく。家賃の高い都心の一等地は客離れがひどく、
    その一方、比較的感染リスクの小さい住宅地の飲食店には客が集中し、うれしい悲鳴を上げている店もあります。

    大手チェーンは生き残りをかけ、損をしてもいいから半値近くまで値下げをして客を取り戻そうとしていますが、いつまでも続かないでしょう。
    生き残るのは、体力があるところ、どうしてもツブれないでほしいと客が応援する店、ビール会社や金融機関が集中的に投資する店です。

    残す価値があるかないかで命運が分かれます。ツブれるというより自主廃業、閉店ですね。
    3店舗、4店舗持っている店が1店舗になる。そういう減り方をしていくのではないか」

    行動様式が変わらなければ「Go To イート」の効果も期待できない。
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/278736


    【【廃業】庶民店がコロナ倒産急増】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    「サウナは“男のもの”でした」サウナ大好き日芸卒女学生が、女性のための湯屋『江戸遊』を創るまで から続く

     1960年代に日本大学芸術学部写真学科に入学。地元の両国から自由が丘の女性専用サウナにマイカーで通うアヴァンギャルドな女子学生は、結婚・出産を経て、48歳にして温浴施設を起業する。女性のための施設を志し、全くの素人からスタートした『両国湯屋 江戸遊』が人気施設になるまで、オーナー・平井要子のサウナ人生もまた、波乱万蒸だった――。

    「サウナは“男のもの”でした」サウナ大好き日芸卒女学生が、女性のための湯屋『江戸遊』を創るまで から続く>

    ■■

    開業早々のピンチに現れた救世主「お金はいらない。僕に営業をやらせてくれ!」

    「期待していた大江戸線の開通も3年延びて、バブルが崩壊……。開業したばかりだから当然知名度はないし、繁華街でもないから人の出入りもない。もう本当に散々で、大変でしたよ。業者さんからは『江戸遊さんはいつ潰れるかね?』って言われてました。色々自分でもやりながらどうやったらお客さんが来るのか、毎日悩んでましたね」

     しかし48歳での起業は伊達じゃない。そこから平井は持ち前の行動力と独自のネットワークを駆使し、難局を少しずつ乗り越えていく。

    「最初はお客さんが来ないから、本当に試行錯誤の連続で。宣伝も今みたいにネット何もないから、チラシからスタートしました。それでも自分なりにアートワークや外観にこだわったことを打ち出していったら、だんだんと雑誌の取材が入るようになりはじめたんです。そこから少しずつお客様がいらっしゃるようになって」

     苦労しながらも温浴業界に新しい風を吹き込もうとしていた平井社長。彼女は当時体験したこんなエピソードを語ってくれた。

    「ある日に、うちの求人を見たって人が『お金はいらないから僕に営業をやらせてくれ!』ってやって来られて。『こんないい店なのに、お客が全然いないのは勿体ない!』とまで言ってくれたんです(笑)。あまりに突然だったんで、ちょっと不安でしたが、お願いしてみることにしたんです。そしたらその方は営業のプロで、色んな所からお客さんを連れてきてくれたんです。本当に凄かった。そういえば、彼は『どんな壊れたものでも売ってみせる』って豪語してました(笑)

     彼も女性経営者として懸命に仕事をする平井の姿に、心打たれた一人だったのかもしれない。

    日本でも有数な職人たちが『江戸遊』に携わっている理由

     江戸遊という粋な屋号、可愛らしいロゴマーク、そしてリニューアルオープンで完成した個性的でデザイン性の高い外観。江戸遊には平井社長のこだわりと秘められた想いがこもっている。

    「『江戸遊』のロゴの“江”って漢字をよく見ていただくと分かるんですが、右側の“エ”の縦棒が温泉マークの湯気みたいになってるんです。可愛いでしょ?(笑) これは日芸時代の同級生の紹介で、とても信頼できる人にデザインしていただいたんです。

     あとは今回のリニューアルデザインにこだわった外観や内装も、日本で屈指の設計事務所さんにご相談したところ『ぜひ自分にやらせてほしい』とベテランの方が言ってくださったんです。その方もたまたま地元の墨田区の方で、創業から『江戸遊』の大ファンだったそうで。これもありがたいご縁です。才能に溢れる方々に助けられ、本当に感謝しています」

    「温浴施設こそ現代の女性に必要なものだと思ったんです」

     女性とサウナの地位向上に尽力してきた平井だが、そこには並々ならぬ決意と熱い思いがある。

    「男性が遊ぶ場所はいくらでもあるけれども、女性が息抜きする場所というのがないと思います。結婚して子育てする中で辛い日はあるし、独身だって仕事に疲れます。そういう女性たちを癒してくれる場所を作りたいなと。かつてはイメージにつられてなかなか女性に浸透しなかったけれど、温浴施設こそ現代の女性に必要なものだと思ったんです。

     自分の生まれた土地で開業したのは、どうにか間違ったイメージを払拭したかったから。この土地でやるということは、健康に貢献する健全な施設だという確固たる自負がなければできません。だから、この『江戸遊』をきっかけに、誰もがサウナや温浴施設に安心して入れて、健全に過ごすことが当たり前になるといいなと。それには街に融合した外観へのこだわりや、お客様に安全を提供する施設運営を目指さなくてはいけないと思っています。

     少しずつやってきてようやくここ10年ぐらいで、サウナとスパが世間にちゃんとした形で認知され始めました。今では、子育ての合間やお仕事帰りに立ち寄ってくださる女性のお客様もたくさんいます。この光景は昔では考えられなかった」

    サウナブームが巻き起こるコロナ時代で“生き残るため”に

     昨年、全館をリニューアル。働く女性をターゲットにした新しい取り組みを始めている『江戸遊』だが、サウナブームで施設がどんどん増える中、施設の多様化が進んでいると平井は言う。

    「働く女性は年々増え続けています。“女性に優しいサウナ施設とはどうあるべきか”を社員たちと研究して、『湯work』というコワーキングスペースも実現させました。サウナ・スパの新しい利用価値です。

     新しいお店が増えて、サウナ・温浴施設もどんどん多様化していますから、今はまだ考えもつかないような施設もでてくるかもしれませんね。すごく小さいサウナ室とか、仮想空間を使ったサウナ室とか(笑)。でも今は、どの店もコロナという未曾有の問題にどう立ち向かっていくかが課題です。『江戸遊』もこれまで25年間、実際に倒れそうなことや苦しいことは何度もありました。様々な試練を乗り越えてきたので不景気には強いつもりだったんですが、コロナ禍はひたすら辛抱するしかないありません。事業を続けていくことは大変なことだと痛感する日々ですが、それでも『やってよかったな』と思うことも、何度もあります。

     私は、『自分が遺したものがこの先、生き残るだけの存在価値があるものであってほしい』と思いながら、これからも仕事をしていこうと思います」

     常に時代を見抜く平井の慧眼。決して現状に満足しないその姿勢。そこには、幾多の苦難を乗り越えた者にだけしか紡げない、言葉の重みがあった。

     コロナ禍一気に進んだ新しい生活様式では、在宅時間も増えストレスや疲労、病など今まで以上に身体のメンテナンスへの重要性が増してくるだろう。だからこそ、心身ともに疲れを癒してくれる『両国湯屋 江戸遊』の存在は、我々にとって必要不可欠な“現代の駆け込み寺”といっても過言ではない。

     そして平井社長は、優しく微笑みかけてくれる下町のジャンヌ・ダルクなのである。

    INFORMATION

    両国湯屋 江戸遊

    住所 東京都墨田区亀沢1-5-8

    ※営業時間などの最新情報は公式HPをご確認ください。

    https://www.edoyu.com/ryougoku/

    (五箇 公貴)



    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 portal.st-img.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【「女性社長が語る」 女性のための湯屋『江戸遊』を創るまで】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 ferret-one.akamaized.net)



    1 ブギー ★ :2020/09/08(火) 08:01:57.52

    ZMP(東京都文京区)は8月19日、屋内外での搬送が可能な無人けん引車「CarriRo Tractor2・5T」を発表した。同日より受注を開始し、今年12月から出荷を開始する。価格は1台800万円(税別)、5年リースの場合で月額15万2000円(同)。初期セットアップ費用は200万円(同)。

    発表会で笠置泰孝事業部長は、「屋外を走行するAGVは磁気ライン誘導型が主流だったが、敷設作業に手間が掛かり、工事費用も多額になるため、屋内以上に設置やルート変更が困難だった」と説明。

    同社の新製品は「慣性誘導方式」を採用することで、マッピングをベースとして様々なセンサ情報をもとに自動運転を行うというもの。「磁気ネイルを路面に設置することで、敷設作業やルート変更の手間を最低限に抑え、長距離走行や柔軟なルート設定を可能にしている」という。

    https://weekly-net.co.jp/logistics/106323/


    【【自動運転けん引車】ZMP 屋内外で搬送可能な無人けん引車を発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 i.ytimg.com)



    1 ばーど ★ :2020/09/07(月) 15:11:01.61

    新型コロナウイルス流行によるテレワーク需要が追い風となっているパソコン業界。

    しかしその果実を得るのは国内メーカーではないようです。詳細は以下から。

    IT専門調査会社「IDC Japan」のレポートによると、日本市場における2020年第2四半期(4~6月)のパソコン出荷台数は、前年同期比0.7%減の計396万台(法人市場が17.0%減の237万台、家庭市場は40.7%増の159万台)となったそうです。

    Windows 7サポート終了に伴う買い替え需要があった2019年の反動で、2020年の売り上げは落ち込むと予想されていましたが、テレワーク需要とみられる家庭市場の急拡大で前年と変わらない出荷数を維持できています。

    しかしここでチェックしておきたいのがトップ5社の顔ぶれ。NECおよび富士通のパソコン事業を傘下に収めたLenovoや鴻海傘下のシャープが販売する「DynaBook」など実に8割以上を外資が占め、「日本のパソコン市場は完全に制圧された」と言っても過言ではない状況です。

    なお、トップ5の中でも明暗が分かれており、部材調達が追いつかなかったシャープや、LenovoやDELLのように「GIGAスクール構想」の恩恵にあずかれなかった日本HPが伸び悩むのを尻目に、Appleがトップの成長率でシャープに迫る興味深い事態に。

    「Let’s note」でおなじみパナソニックやVAIOなどの国内メーカーは「その他(13.4%)」に収まる規模にまで縮んでしまいました。

    2020年9月6日 20時0分 BUZZAP!
    https://news.livedoor.com/article/detail/18854255/

    (出典 image.news.livedoor.com)


    ★1が立った時間 2020/09/07(月) 09:20:00.82
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1599454437/


    【【悲報】日本のパソコン市場、外資に完全制圧される】の続きを読む

    このページのトップヘ