ぼっちゃんのブログ

当ブログの掲載記事・文章・画像等は
Twitter、2ch、5ch、爆サイなどからの転載です。
様々な情報や話題をお届けするブログです。

    カテゴリ:ニュース > エンタメ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     実況、解説、ファンも一時はアガリを確信するほど盤石のリーチのはずだった。しかし結果はまさかの満貫親被り。プロ麻雀リーグ朝日新聞Mリーグ2020」セミファイナルシリーズ4月15日の第2試合で、EX風林火山・勝又健志(連盟)が「山9枚」の三面張をアガれず、赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(最高位戦)のラス牌待ちに敗れるという不運に見舞われた。

    【動画】なぜか引けない9枚残りの三面張…

     15日の第2試合、勝又はリーチ後にKADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎(連盟)に倍満を放銃するなど序盤から不運が続き、南3局の親番を迎えた時点で3000点持ちのラス目。ここで5巡目に1・4・7索待ちのリーチをかけるも無念の流局となり、連荘の1本場に臨んだ。

     赤ドラを2枚含んだ好配牌を手にした勝又は、7巡目に自風の東を重ねてふたたび1・4・7索待ちリーチを敢行。同じ三面張でも先のリーチが山に4枚残りだったのに対して、こちらはリーチ時点で山9枚という絶好の待ち。満貫スタートと打点的にも申し分なく、高めのドラ1索をツモれば親の跳満という大チャンスを迎えた。

     解説を務めた河野直也(最高位戦)も「山9なんて言ったことないですよ!」と語り、実況の小林未沙が「これはアガったも同然か?」と興奮を伝える中、ツモアガリを目指してツモっては切るを繰り返す勝又。しかし1・4・7索はなかなか顔を現さず、さらに下家の鈴木がダブ南を仕掛けてピンズのホンイツへと手を進めていく。勝又の「ツモ」の声が聞けないまま捨て牌が3段目に突入すると、一時はアガリを確信していた河野も「いや引けない!?」「うわ、いないよ!ええ?」とまさかの展開に驚きを隠せなかった。

     最後のツモ番でも山に4枚残った1・4・7索を引き当てることができなかった勝又。その直後、4筒待ちでテンパイしていた鈴木はラス牌をピンポイントでツモアガリ。ダブ南・ホンイツの8000点(+300点、供託2000点)で勝又は親被りとなり、逆襲の大チャンスが一転、オーラスを前に箱下に沈むことになってしまった。まさかの結末に、視聴者からも「あまりに不運すぎる」「ついてなさすぎ…」「可哀想」「信じられない」といった同情のコメントが殺到。解説の河野も「悲しすぎる」と勝又を慮りつつ、「たろうさんの選択がお見事すぎました」と親リーチにひるまずアガリをものにした鈴木の技量を称えた。

     試合を観戦していたU-NEXT Pirates小林剛(麻将連合)は、自身のTwitterで「12.8%くらい」と7巡目の山9枚リーチをツモれない確率を算出し、「最終ツモまで進んで、さらに他家にツモられるのはかなり不幸なケース」と書き添えた。試合後のインタビューで「麻雀なので仕方ない」と2度の1・4・7索待ちリーチの空振りを気丈に振り返った勝又。「1枚の待ちを連続でツモれることもありますし、逆に言えば、薄い東を引いてテンパイできているので。いいめぐり合わせが来たときに逃さないように、しっかり頑張っていきたいと思います」と麻雀の不条理さを受け入れた。

     解説の河野にとっても勝又の不運は印象深いシーンだったようで、中継の最後に実況の小林から「よろしければ得意の川柳を」と振られると、「悲しみの 1・4・7索 山に9」と締めの一句を披露。「無駄に上手くて笑った」「毎回よーやるわw」「座布団9枚!」「整ったな!」「お後がよろしいようで」と対局を見届けたファンの心を和ませた。

    ※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

    Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
    ABEMA/麻雀チャンネルより)
    麻雀の確率、どこ行った!?山9枚の三面張がラス牌待ちに敗れる「あまりに不運すぎる」の声/麻雀・Mリーグ


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【麻雀の確率、どこ行った!?山9枚の三面張がラス牌待ちに敗れる「あまりに不運すぎる」の声】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【動画】ソフトクリームを機械から口に 焼き肉店員が不適切動画


    NO.9399396 2021/04/15 16:26
    ソフトクリームを機械から口に 焼き肉店員が不適切動画 大分
    ソフトクリームを機械から口に 焼き肉店員が不適切動画 大分
    大分県内の焼き肉チェーン「韓国苑」の従業員とみられる若者が、厨房(ちゅうぼう)でソフトクリームを機械から直接口に入れるなどして遊ぶ様子を映した動画が14日深夜、SNSに出回った。別府店(別府市)のアルバイトであることがわかり、運営する大心産業は15日、「コロナ禍で衛生管理が問われる中、お客様に大変不快な思いをさせおわび申し上げます」との謝罪文をホームページに掲載。従業員4人を懲戒解雇したうえで厳粛な対応を進めるとした。出回った動画は30秒。店名が分かるシャツを着た従業員たちが、食品を口いっぱいにほおばって吐き出したり、ソフトクリームフリーザーの下に顔を入れてクリームを口で受け止めたりする様子が映っている。

     同社によると、全員20代。閉店間際で客がいなくなった時間帯に、廃棄になる食材を食べようと盛り上がるうち、「調子に乗ってしまった」と話しているという。動画は、登録者以外は閲覧できない形でSNSに投稿したものが流出したという。

     14日深夜、人気ユーチューバーが動画サイトでの配信で取り上げたことで一気に拡散。韓国苑のホームページが見られなくなり、営業中の各店舗には「どうなっているのか」「どこの店だ」などの電話が相次いだ。

     大心産業は各地で相次いだアルバイトの不適切動画をうけ、動画が撮れる携帯を仕事中は原則使わせないといった防止策をとってきたという。「従業員教育を徹底し、再発防止に努めて参ります」としている。


    【日時】2021年04月15日 13:06
    【ソース】朝日新聞


    【【動画】ソフトクリームを機械から口に 焼き肉店員が不適切動画】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    鬼滅の刃「ぷっちょワールド 桃サイダー味」発売/UHA味覚糖

    鬼滅の刃ぷっちょワールドサイダー味」発売/UHA味覚糖

    UHA味覚糖は4月26日TVアニメ鬼滅の刃」を「ぷっちょワールドサイダー味」を、全国のコンビニスーパードラッグストアで発売する。

    UHA味覚糖の「ぷっちょワールド」は2020年7月にもコラボ第1弾「ぷっちょワールド鬼滅の刃消しゴム」を販売している。今回の「ぷっちょワールドサイダー味」は、TVアニメ鬼滅の刃」と「ぷっちょワールド」のコラボ商品第2弾。竈門禰豆子(かまどねずこ)をイメージした桃味と、ぷっちょならではのぷちぷちグミ入り爽快ソーダ味を組み合わせた、桃ソーダ味に仕上げている。10粒入り、税込228円。

    〈第1弾〉「ぷっちょワールド鬼滅の刃 鬼消しゴム」発売、炭治郎や禰豆子ら全10セット20種類/UHA味覚糖

    商品1本につき1個、「ロールテープ ことば絵巻」が付く。ロールテープは、TVアニメ鬼滅の刃」の世界観を五十音言葉遊びで表現しており、「あ」行から「わ」行までの全10種類をラインナップする。テープ幅は14㎜。

    テープは「あ」から始まり、あ・我妻(あがつま)、か・竈門兄弟(かまどきょうだい)、さ・錆兎(さびと)、た・炭治郎(たんじろう)、な・凪(なぎ)、は・鋼鐵塚 (はがねづか)、ま・真菰 (まこも)、や・矢琶羽 (やはば)、ら・ヒノカミ神楽(かぐら)、わ・惑血(わくち)といった、作中のキャラクターや、使用する呼吸の型などを、五十音の行ごとにプリントしている。

    ぷっちょワールド 鬼滅の刃「ロールテープ ことば絵巻」デザインイメージ(全10種)

    ぷっちょワールド 鬼滅の刃「ロールテープ ことば絵巻」デザインイメージ(全10種)

    鬼滅の刃 ロールテープ ことば絵巻「あ」行・「た」行のデザインイメージ

    鬼滅の刃 ロールテープ ことば絵巻「か」行・「た」行のデザインイメージ

    なお、2020年10月16日に公開された映画「劇場版鬼滅の刃無限列車編」は大ブームを巻き起こし、「千と千尋の神隠し」を破って観客動員数と興行収入の国内映画最高記録を獲得した。興行通信社の4月12日発表によると、公開178日で動員数2869万人、興収は396億円を突破。

    ナンジャタウンで2月から開始したコラボイベント鬼滅の刃×ナンジャタウン~猫との穏やかな日々~」は4月末まで開催期間を延長し、東京ドームシティ アトラクションズでは5月28日から「全集中!おもてなし大作戦」を開催予定など、テーマパークイベントなどでも盛り上がりが続いている。

    〈関連記事〉鬼滅の刃×ナンジャタウン「猫との穏やかな日々」4月30日まで期間延長、イラストシート付きコラボメニュー「ヒノカミ餃子チゲうどん」「鬼殺隊パンケーキ」など販売

    鬼滅の刃「ぷっちょワールド 桃サイダー味」発売/UHA味覚糖


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【【鬼滅の刃】「ぷっちょワールド 桃サイダー味」発売、ロールテープことば絵巻付き、“あ”我妻善逸“、か”竈門兄弟など全10種類/UHA味覚糖】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)



    1 muffin ★ :2021/04/11(日) 19:14:21.65

    https://magmix.jp/post/51494

    本来は数秒でパラパラとページをめくっていくはずのマンガですが、なかには絵がうますぎて“芸術”の域に達している作品も。原画展や展覧会にファンが押し寄せるなど、マンガならではの「絵」の魅力はとどまることを知りません。今回は、数あるマンガ作品の中でも、屈指の画力を誇る5作品を紹介します。

    ●井上雄彦『バガボンド』
    井上雄彦先生が大ヒット作品『SLAM DUNK』の次の長期連載としてスタートした作品が『バガボンド』です。剣豪・宮本武蔵が天下無双を目指す旅を描いた物語です。

    本作は連載の途中から、ほかのマンガではあまり例を見ない、“筆”による作画が行われています。『SLAM DUNK』は時にポップな作画でしたが、『バガボンド』は1コマ1コマが絵画として成立するほどの重み。もはや芸術の域に達しているといえるでしょう。

    (出典 magmix.jp)


    ●三浦健太郎『ベルセルク』
    続いては、日本を代表するダークファンタジー作品『ベルセルク』です。復讐の旅に出た主人公・ガッツが、トレードマークである巨大な剣を振り回し、「使徒」と呼ばれる怪物と戦っていく物語です。作画で最大の特徴は、圧倒的な描き込みです。特に見開きのページは、もはや絶句、あるいはそれを通り越して笑ってしまうほどの描き込み量となっています。

    三浦先生は、かつてのインタビューで「描き込みはねえ、もう病気です。病気としか言いようがない」と語っており、作者本人でさえ制御不能で描き込み続けてしまうようです。とはいえ、この描き込みこそが物語の重厚感を支えていることは間違いありません。

    (出典 magmix.jp)


    ●桂正和『ZETMAN』
    『ZETMAN』は、『電影少女』、『I”s』などで知られる桂正和先生が描いたSFマンガ作品。研究によって生み出された人造生物「プレイヤー」と、それを滅ぼすために生み出されたヒーローの戦いを描いた作品です。

    この作品は、戦闘描写や風景ももちろん魅力的なのですが、特にキャラクターの魅力が尋常ではありません。メカっぽさのあるヒーロー「アルファス」も登場すれば、対称的に生物っぽさのある敵キャラクターも登場しますが、どのキャラも質感がリアルで、デザインも非常にカッコいいのです。

    (出典 magmix.jp)


    ●ONE、村田雄介『ワンパンマン』
    原作はONE先生が担当しており、作画は『アイシールド21』でも知られる村田雄介先生が担当しています。
    作画に専念している漫画家には、もちろん絵がうまい方が多いのですが、なかでも村田先生は異次元の画力を誇ります。手掛けたジャンプオールスターズのイラストは、他作品のキャラでさえ完璧に特徴をとらえていました。

    (出典 magmix.jp)


    ●大友克洋『AKIRA』
    最後は、大友克洋先生の代表作『AKIRA』です。反政府組織、超能力者による争いを描いたサイバーパンク作品の金字塔。1988年の劇場アニメとともに世界的に評価されています。
    マンガといえばデフォルメされた絵が主流だった時代に、大友先生は『ショート・ピース』『童夢』によって「徹底したリアリズム」を提示。高い評価を受け、さらにリアルさ、演出に磨きがかかった『AKIRA』を発表しました。読んだことがない人でも、ビル群の崩壊を描いたコマを見たことがあるという人は多いのではないでしょうか? 写実的で緻密な作画によって表現された、息をのむ緊張感。同作には数えきれないほどの漫画家が影響を受け、業界全体の流れが大きく変わりました。まさに「革命」と言える作品だったのです。

    (出典 magmix.jp)


    【【漫画】もはや「芸術」…描きこみが緻密すぎて「絶句」…?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 renote.jp)



    1 muffin ★ :2021/03/29(月) 01:02:37.45

    https://nlab.itmedia.co.jp/research/articles/153669/

    3月7日から3月21日まで、ねとらぼ調査隊では「あなたが好きな初代ウルトラマンの怪獣・宇宙人は?」というアンケートを実施していました。投票対象は、1966年から1967年までTBS系列で放送されていた「ウルトラマン」に登場する、怪獣・宇宙人。好きな怪獣・宇宙人が選択肢にない場合は「その他」に投票していただき、コメントで名前を教えてもらいました。

    結果発表

    1位:宇宙恐竜 ゼットン
    2位:宇宙忍者 バルタン星人
    3位:古代怪獣 ゴモラ
    4位:棲星怪獣 ジャミラ
    5位:どくろ怪獣 レッドキング
    6位:悪質宇宙人 メフィラス星人
    7位:変身怪人 ゼットン星人
    8位:三面怪人 ダダ
    9位:友好珍獣 ピグモン
    10位:磁力怪獣 アントラー
    11位:彗星怪獣 ドラコ
    12位:地底怪獣 テレスドン
    13位:透明怪獣 ネロンガ
    14位:四次元怪獣 ブルトン
    15位:伝説怪獣 ウー、エリ巻き恐竜 ジラース
    17位:巨大フジ隊員
    18位:宇宙怪獣 ベムラー
    19位:光熱怪獣 キーラ
    19位:二次元怪獣 ガヴァドン

    第3位は、古代怪獣 ゴモラでした。得票数は219票、得票率は9.6%となっています。ゴモラは第26話「怪獣殿下(前篇)」と第27話「怪獣殿下(後篇)」に登場。恐竜ゴモラザウルスの生き残りでしたが、博覧会に展示するため生け捕りにされます。空輸中に六甲山に落下し、そのまま怪獣化しました。人間の都合による悲惨な境遇は、科学特捜隊から同情を集めました。

    第2位は、宇宙忍者 バルタン星人でした。得票数は372票、得票率は16.4%となっています。バルタン星人は、第2話「侵略者を撃て」で登場した宇宙人。両手のハサミから赤色凍結光線と白色破壊光弾を出して攻撃します。ウルトラマンシリーズの中でも、特によく知られている敵としてなじみ深いですね。

    第1位は、宇宙恐竜 ゼットンでした。得票数は410票、得票率は18%となっています。最終話「さらばウルトラマン」に登場したゼットン。地球侵略を企んだゼットン星人の切り札として、「初めてウルトラマンを倒した怪獣」として知られています。高い戦闘力を持ち、視聴者に強烈なインパクトを与えました。

    全文はソースをご覧ください

    調査期間 2021年3月7日 ~ 3月21日
    有効回答数 2230票
    質問 あなたが好きな初代ウルトラマンの怪獣・宇宙人は?


    【【特撮】『初代ウルトラマン』怪獣・宇宙人の人気ランキング 「バルタン星人」「ゴモラ」を抑えて1位は】の続きを読む

    このページのトップヘ