ぼっちゃんのブログ

当ブログの掲載記事・文章・画像等は
Twitter、2ch、5ch、爆サイなどからの転載です。
様々な情報や話題をお届けするブログです。

    カテゴリ:ニュース > 科学

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【副反応】長崎県 60代女性 ワクチン接種後に死亡 死因は脳出血


    NO.9397507 2021/04/14 19:59
    長崎県 60代女性 ワクチン接種後に死亡 死因は脳出血
    長崎県 60代女性 ワクチン接種後に死亡 死因は脳出血
    新型コロナウイルスワクチンの優先接種を受けた長崎県内の60代の女性医療従事者が接種後に死亡していたことがわかった。死因は脳出血。副反応の疑いがあるとして国の「副反応検討部会」で専門家らによる検討が行われる。県が午後4時から説明する。



    【日時】2021年04月14日 15:01
    【ソース】日テレNEWS24


    【【副反応】長崎県 60代女性 ワクチン接種後に死亡 死因は脳出血】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【宇宙】火星で「虹」が撮影される


    NO.9377717 2021/04/06 16:30
    火星で「虹」が撮影される

    雨の後に空を彩る虹は地球の気象現象の中でも最もドラマチックなもののひとつ。ですが、そんな虹は火星でも見ることができるようです。詳細は以下から。

    NASAの火星探査機のリア左のカメラが、現地時間2021年4月4日15時14分に火星の空に掛かる「虹」を撮影しました。

    地球の虹は大気中の水滴を太陽光が分散させて生じるものですが、火星の大気中には虹ができるほどの水滴は含まれていません。
    そのためこの「虹」は地球上の者と違い、大気中のチリによって太陽光が分散されたのではないかとネット上では指摘されています。
    現時点でNASAはこの「虹」について正式なコメントを出しておらず、どれくらい頻繁に見られる現象かも不明。繰り返すこともたまにあるのでしょうか?


    【日時】2021年04月06日 15:15
    【提供】Buzzap!


    【【宇宙】火星で「虹」が撮影される】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【宇宙】観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した


    ヒアデス星団(Mel 25、Caldwell 41)は、おうし座に位置する散開星団である。1等星アルデバランの近傍に広がるV字形の星の集団で、おうし座の顔の位置にある。日本ではその形状から釣鐘星(つりがねぼし)と呼ばれていた。 距離は1982年にオリン・エッゲンによって142光年の値が求められ、今
    3キロバイト (350 語) - 2019年4月2日 (火) 12:14



    【【宇宙】観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【感染】女性看護師、ワクチン接種後に感染確認…コロナ患者の担当


    NO.9333581 2021/03/19 14:39
    看護師、ワクチン接種後に感染確認…コロナ患者の担当 大阪
    看護師、ワクチン接種後に感染確認…コロナ患者の担当 大阪
    大阪府東大阪市の市立東大阪医療センターは18日、新型コロナウイルスのワクチンを接種した50歳代の女性看護師について、接種後に感染が確認されたと発表した。

    センターによると、看護師は12日に1回目のワクチン接種を受けた。15日以降にせきや頭痛などの症状を訴え、PCR検査で17日に陽性が判明した。接種時に既に感染していた可能性もあるという。

    看護師はコロナ患者の担当。感染経路は不明で、他の職員の感染は確認されていない。



    【日時】2021年03月19日 06:42
    【ソース】読売新聞


    【【感染】女性看護師、ワクチン接種後に感染確認…コロナ患者の担当】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 nazology.net)



    1 すらいむ ★ :2021/03/05(金) 01:45:36.37

    魚卵をロケットで月に運び、初の「宇宙養殖場」をつくる計画が進行中

     月で新鮮な魚が食べられる日はそう遠くないかもしれません。

     フランス海洋開発研究所(IFREMER)は昨年、ロケット打ち上げが魚の受精卵に与える影響を実験し、2種(ヨーロピアンシーバスとコルビナ)の魚卵がそれに耐えうることを発見。

     進行中の月面プロジェクト「ルナ・ハッチ(Lunar Hatch)」の一環として、月面に魚卵を送る計画が進んでいます。

     その結果次第では、宇宙第一号の養殖場が建設される見込みです。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    ナゾロジー 2021.03.03
    https://nazology.net/archives/84130


    【【宇宙開発】魚卵をロケットで月に運び、初の「宇宙養殖場」をつくる計画が進行中】の続きを読む

    このページのトップヘ