ぼっちゃんのブログ

当ブログの掲載記事・文章・画像等は
Twitter、2ch、5ch、爆サイなどからの転載です。
様々なグルメ情報や話題をお届けするブログです。

    カテゴリ:ニュース > トレンド

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     「Nationalという謎のメーカーです」39年前に購入したという古びた炊飯器の雄姿がTwitterで多くの人の注目を集めています。Nationalさん、ごぶさたしてます……。

    【画像】リプライに寄せられた「謎のメーカー」製品

     写真を投稿したのは、Twitterユーザーの大野和寿さん。大野さんは、こちらの炊飯器1987年お姉さんから譲り受け、「壊れたら買い換えよう」と思いながら使い続けていたのだとか。

     それから35年。炊飯器は壊れないまま現在に至ってしまったのだそうです。頑丈すぎませんか……? 大野さんも「壊れん…。壊れる日はくるのでしょうか」と驚きを隠せません。

     投稿のリプライ欄には、多くの“Nationalユーザー”からのコメントが。「あ、そーいやワシの冷蔵庫Nationalって謎のメーカーのだ」「30年近く使ってますが壊れないですね~。頑丈ですね~w」「家の戸棚から謎のメーカータイムカプセルが出てきました」……。まだまだ現役で頑張っている家電が多いことに驚かされます。

     なお、若い世代の皆さんに念のためお伝えしておきますと、「National」は、パナソニック(元松下電器産業)が過去に展開していた国内向けの白物家電ブランド2008年の社名変更時に廃止され、「パナソニックブランドに統一されました。写真を見て懐かしい気持ちになった人も多いんじゃないでしょうか。

    写真提供:大野和寿さん

    Nationalさんじゃないですか……


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ナショナル (Nationalからのリダイレクト)
    ナショナル(フランス語: national, 英語: national)は、nationの形容詞で「国家の」「国民の」「国有の」「国内の」「全国の」という意味を表す。 松下電器産業・松下電工(現・パナソニック)を始めとする松下グループ(およびパナレーサー等、過去に属していた企業)でかつて使用されてい
    3キロバイト (341 語) - 2021年6月22日 (火) 05:55



    <このニュースへのネットの反応>

    【【National】謎のメーカー39年現役続ける炊飯器の雄姿に注目!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    「ゲームなんてやって何になる?」に対する最大の回答、「おいしいもの食べて何になるんだろうって食べます?」と質問すると……



     思わず「その通り!」と言ってしまいそうになるツイートを、イラストとともにご紹介する企画「共感しかない」。今回はYouTubeゲームを実況しているぷらいむさんが聞かれた、ゲームをする理由についてです。

    【連載「共感しかない」記事一覧】

    ゲームをやる理由を的確に説明している

    ・・・・・

    年配の人に「ゲームなんてやって何になるの?将来何の役に立つの?」って聞かれた時に『おいしいもの食べるときにこれ将来何になるんだろうって食べます?』って聞いたら「いや、それは楽しい体験して元気になって明日も頑張ろうって気になるからでしょ」って返ってきたから「それです」って答えた(ぷらいむさんのツイートより)

    ・・・・・

     年配の人に「ゲームなんてやって何になるの? 将来何の役に立つの?」と聞かれたぷらいむさん。楽しいから遊んでいるのですが、このように直接的に言われるとやはり困ってしまいます。

     そこでぷらいむさんは、「おいしいもの食べるときに何になるんだろうって食べます?」と逆に質問します。すると年配の方は「それは楽しい体験して元気になって明日も頑張ろうって気になるからでしょ」と回答。すかさず、ぷらいむさんは「それです」と返したのでした。これは分かりやすい!

     ツイートを読んだ人からは、「めっちゃ頭いい!」「拍手するしかない」「返しが完璧過ぎる」など絶賛の声が集まりました。普段ゲームをしない人から聞かれがちな質問ですが、自分でも使いたくなる回答ですね!

    これはわかりやすい!(イラスト:宇宙野悠)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「ゲームなんてやって何になる?」に対する最大の回答、「おいしいもの食べて何になるんだろうって食べます?」と質問すると……】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    新型コロナウイルスの感染拡大を理由に、修学旅行の中止や延期が相次いでいる。文筆家の御田寺圭さんは「TikTokは中高生の嘆きで溢れている。『コロナ対策』としてあっさり中止を決めているようだが、その影響は残り続けるだろう」という――。

    ■TikTokに溢れる中高生の阿鼻叫喚

    新型コロナウイルスオミクロン株」の急拡大を受け、全国では中高生の修学旅行の中止など、各種行事の取りやめや縮小開催が相次いでいる。

    それを受けて、若者たちがいまもっとも活発に利用してコミュニケーションをとっているSNSである「TikTok」では、まさしく「阿鼻叫喚」としか言いようがない光景が広がっている。修学旅行の縮小、延期、旅程変更を我慢した末につきつけられた「中止」の二文字――泣き崩れたり、怒りをあらわにしたりする中高生の姿がそこかしこに映し出されていた。

    かれらの心痛は想像に余りある。現時点でも数多くの投稿があり、毎日のように追加されている。本来ならばここで動画を埋め込み、若者たちの姿を読者の皆さんに直接ご紹介したいところだ。しかしかれらが悲しみの涙を流す姿を不特定多数の見るメディアでことわりなく公開するのはしのびない。気になる人はご自身でTikTokアカウントを取得して「修学旅行中止」などのキーワードで探してみるとよいだろう。いや、この機会に、ぜひそうしてもらいたい。

    TikTokはもっぱら中高生が活発に利用しており、中高年層がTwitterFacebookを活用するように、ある種のコミュニケーションツールとして利用している。大人世代の多くはアカウントを持ってすらいないので、TikTokにて現在進行形で拡散している若者たちの悲痛な声を目にする機会がない。

    ■どこか他人事な大人たちの反応

    私は若者たちがTikTokで悲嘆の声をあげていることについて、ツイッターで言及した。その報告は大きな驚きをもって迎えられた。若者たちの悲しみに心を寄せる同情的な言及も多くみられた一方、どこか他人事、もっといえば冷淡ともいえる反応も少なくはなかった。

    「恨むならウイルスを蔓延させた国を恨め」
    「学校が楽しい陽キャが残念がっているだけだ」
    「旅行に行きたいならなにも修学旅行でなくて個人的に行けばいい」
    「祖父母を間接的に殺さないで済むのだからそれくらい我慢しろ」

    TikTokで展開される当事者たちの訴えに対して、Twitterではまるで異なる意見が噴出する様子を見るに、ひとつのSNSだけを通して「世の中の空気」をわかったつもりになることが、いかに危険な認知的偏りを生むのか、改めて思い知らされた。

    実社会ではいまもなお「なにはともあれ自粛して感染を抑制することこそが最善の策」という社会的合意が――さすがに自粛が一切のデメリットもない絶対の正解であるとする見方にはわずかずつ陰りが見えつつあるものの――いまだ支配的である。そのため、若者が「修学旅行に行きたい」と訴えることそれ自体を(炎上してしまう)リスクに感じて黙ってしまうのも無理はない。選挙権もなければ、世に自らの情況を大々的に訴えるすべもないかれらは、TikTokという同世代がアクティブに利用する空間でせいぜいお互いの傷を慰め合うことしかできない。

    ■若者にとってワクチンはせめてもの「取引」だった

    私はこれまで、さまざまなメディアを通して「新しい生活様式」に協力だった若者たちについて、肯定的に述べていた。

    とりわけワクチン接種に対しても積極的だったことについて重点を置いた。というのも、若者たちにとって、新型コロナワクチンを接種するのは(統計的に見ればかれらが新型コロナウイルス感染によって死亡するリスクはほぼ皆無であるため)自分のためではなく「社会貢献」「社会的連帯」の名目であることが明白だったからだ。

    私は当初「ワクチン接種に若者は非協力的になるのではないか」とも予想していた。責めるつもりはなく、若年層での強い副反応から、非協力的になったとしてもそれは無理もないことだと考えていた。だが実際はそうではなく、かれらは自らすすんで接種した。驚くべき献身だと私はかれらに敬意を抱いた。

    しかしながら、思うに若者側からすれば、ワクチンを打つことは「社会貢献」であった以上に、大人がつくった社会とのある種の「社会的な取引」のようなものだっただろう。ようするに、「ワクチンを打てば個人的な生活を正常化させてもかまわない」という譲歩を大人たちから得るための「落としどころ」と期待したのだ。

    ■これこそが「若者と大人世代の分断」だ

    大人の側からすれば「そんな取引を決めた覚えはない」と言ってしまえばそれまでだ。しかし当の若者たちからすれば、ワクチン接種は「頼むからこれで手打ちにしてくれ」というメッセージが込められた、最後の献身だったのである。

    だがその献身は顧みられなかった。2月に入り、修学旅行をはじめとする各種行事の縮小・中止が次々と通告され、若者たちは「裏切られた」ことに憮然としている。大人たちのつくった社会は、自分たちが若者と知らず知らずのうちに約束をして、そしてその約束を知らず知らずのうちに反故にしてしまったことに、まったく気づいていなかった。

    もっとも「ワクチンを打つから、その引き換えに、自分たちに自由を返してくれ」というのは、若者が一方的にとりつけた身勝手な希望かもしれない。けれども、かれらがなぜ(本来なら自分たちにとってはそれほどメリットがないどころか、大きな副反応が出てしまうことがわかりきっていたはずの)ワクチン接種にも、あるいは「新しい生活様式」にも大多数が協力的だったのか。その真意をくみ取れなかったことはたしかだ。それこそ「分断」と呼ぶほかない。

    ■「自分たちが裏切られた」感覚を持っている

    かれらはウイルスを怖がっていたのではなくて、二度と戻らない自分たちの青春を失いたくなかったからこそ、社会に対して犠牲を払ったのだ。これだけ犠牲を払えば、きっと大人たちはわかってくれると期待して。

    自分たちの献身によって社会がいきなり元通りになる保証などどこにもないことは、若者たちも十分にわかっていた。一か八かの賭けに近かったかもしれない。けれどもかれらは恩着せがましく「これだけやったんだからもういいだろ! 自分たちを解放しろ!」などと言ったりもしなかった。ただ大人たちが「ゆるしてくれる」のを期待していた。かれらには投票権すらない。社会的な決定を下す権力が少しもなかったのだ。

    その祈りは届かなかった。泣いたり、怒ったり、絶望したりするのも無理はない。

    コロナウイルスが刻み付けてしまった世代間の分断に、いま世間の大人たちのほとんどが気づいていない。大人たちが気づいていないからといって、それが存在しなくなったわけでも、今後消えてなくなるわけでもない。若者たちは「自分たちが裏切られた」という感覚を持って生きていくことになる。分断はたしかに横たわっている。しかも深く広い。

    ■大人になったとき、社会に貢献したいと思うだろうか

    なぜいま20代の若者を中心として、仲間内だけを信頼して生活の確立を目指すような、「マイクロ共同体主義」的な価値観が急速に広がっているのか。それは私たち大人の側が、かれらの声なき声に耳を貸さなかったからだ。大人たちから犠牲を強いられ、感謝もされず、ついには「感染拡大の立役者」のような扱いすらも受けたかれらは、社会に対する基本的信頼感を失っている。

    いわゆる「コロナ禍」と呼ばれる時期において、大人たちの世界はあまりにも「若者のことを考えていません」というメッセージをあけすけに発信しすぎた。若者がそのことに気づかなかったわけがない。人間社会が発明した社会・政治思想の最高傑作のひとつである民主主義が「投票権を持っていない・まだ世に生を受けていない世代」に対していかに不公平で冷酷にふるまうかを、この2年間のうちに若者たちに嫌というほど見せつけてしまった。

    社会に対する基本的信頼を棄損された世代がやがて大人になったとき、かれらはこの社会に対して貢献しようと思うだろうか。自分の生み出してきたリソースを公共のための使おうとか、次の世代のために分け与えようと考えるだろうか。この2年間に失ったものは、経済や人命だけではない。目には見えない、大切なものが失われてしまった。

    人種間対立や経済的格差といった分断と同じくらいに、「当たり前にあったはずの日々」を味わえた(選択できた)世代とそうでない世代との分断は根深い問題としてやがて浮かび上がってくる。

    この分断を癒すことを望むのであれば、まだ世に物申す力も権限もない10代の子供たちがこの2年間にひたすら費やしてきた犠牲、献身があったことを知り、かれらの期待や祈りに思いを馳せなければならない。

    ----------

    御田寺 圭(みたてら・けい)
    文筆家・ラジオパーソナリティー
    会社員として働くかたわら、「テラケイ」「白饅頭」名義でインターネットを中心に、家族・労働・人間関係などをはじめとする広範な社会問題についての言論活動を行う。「SYNODOS(シノドス)」などに寄稿。「note」での連載をまとめた初の著作『矛盾社会序説』を2018年11月に刊行。Twitter@terrakei07。「白饅頭note」はこちら

    ----------

    ※写真はイメージです - 写真=iStock.com/kazuma seki


    (出典 news.nicovideo.jp)


    【ネット・Twitterの反応】





    In My Life
    @InMyLif53534978

    胸が痛くなる。後期高齢者は選挙権無しくらいにしなければこの国は正常化できないのではないか。「TikTokに溢れる中高生の涙を見たか」修学旅行中止をあっさりと決めてしまう"コロナ対策"の罪 https://t.co/pZBrR4eRGW

    2022-02-21 18:09:41

    (出典 @InMyLif53534978)

    誰かのコロナ垢💉💉
    @SecExp_Covid

    「TikTokに溢れる中高生の涙を見たか」修学旅行中止をあっさりと決めてしまう"コロナ対策"の罪 「大人は信用できない」と恨み続ける #プレジデントオンライン https://t.co/c9fHmqXirJ

    2022-02-21 16:14:53

    (出典 @SecExp_Covid)

    つゆぴ
    @tsuyup

    「TikTokに溢れる中高生の涙を見たか」修学旅行中止をあっさりと決めてしまう"コロナ対策"の罪 「大人は信用できない」と恨み続ける #プレジデントオンライン https://t.co/Se6d4InSSQ

    2022-02-21 14:01:29

    (出典 @tsuyup)

    INF
    @_infr

    「TikTokに溢れる中高生の涙を見たか」修学旅行中止をあっさりと決めてしまう"コロナ対策"の罪 「大人は信用できない」と恨み続ける #プレジデントオンライン https://t.co/uOc7RoRd5m

    2022-02-21 13:50:28

    (出典 @_infr)

    如月 宗一郎@漆を伐倒するのがとくいなフレンズ
    @S_kisaragi

    白饅頭noteはツイッターランドと違って、フェイスブックキングダムではシェアできないからこの種の記事は助かる。「TikTokに溢れる中高生の涙を見たか」修学旅行中止をあっさりと決めてしまう"コロナ対策"の罪 「大人は信用できな… https://t.co/KvUXKmh7kQ

    2022-02-21 13:45:53

    (出典 @S_kisaragi)

    能登
    @seal_noto

    「TikTokに溢れる中高生の涙を見たか」修学旅行中止をあっさりと決めてしまう"コロナ対策"の罪 「大人は信用できない」と恨み続ける #プレジデントオンライン https://t.co/Y3Hgs9TZzc

    2022-02-21 13:35:26

    (出典 @seal_noto)

    めっく🦍🍆🐷☃️🍌🌟🟢🐯🌙
    @mech341

    「TikTokに溢れる中高生の涙を見たか」修学旅行中止をあっさりと決めてしまう"コロナ対策"の罪 https://t.co/hN8mamET9y #スマートニュース

    2022-02-21 13:18:11

    (出典 @mech341)

    中央線のすぐるん2000番台
    @Suguru2d

    「TikTokに溢れる中高生の涙を見たか」修学旅行中止をあっさりと決めてしまう"コロナ対策"の罪 「大人は信用できない」と恨み続ける #プレジデントオンライン https://t.co/mGOXMU8746 某閣下に似た話をしたば… https://t.co/RmdgYSBF1k

    2022-02-21 12:52:52

    (出典 @Suguru2d)

    あかねこ⋈
    @takeminataka

    「TikTokに溢れる中高生の涙を見たか」修学旅行中止をあっさりと決めてしまう"コロナ対策"の罪 「大人は信用できない」と恨み続ける #プレジデントオンライン https://t.co/wgBLfSimbQ

    2022-02-21 12:42:59

    (出典 @takeminataka)

    p
    @y_6787181812

    一生に一度の機会をことごとく奪われ続けた10代のやり場のない怒りが将来の社会に大きな禍根を生むことになりそう「TikTokに溢れる中高生の涙を見たか」修学旅行中止をあっさりと決めてしまう"コロナ対策"の罪 「大人は信用できない… https://t.co/0u9zuf4SUD

    2022-02-21 12:39:37

    (出典 @y_6787181812)

    🌸さくさく🌸
    @sakuhachisakura

    「TikTokに溢れる中高生の涙を見たか」修学旅行中止をあっさりと決めてしまう"コロナ対策"の罪 「大人は信用できない」と恨み続ける #プレジデントオンライン https://t.co/JKvZpCW3Ac

    2022-02-21 12:31:04

    (出典 @sakuhachisakura)

    本橋隆司「立ち食いそば大図鑑発売中」
    @motohashitak

    「TikTokに溢れる中高生の涙を見たか」修学旅行中止をあっさりと決めてしまう"コロナ対策"の罪 「大人は信用できない」と恨み続ける #プレジデントオンライン https://t.co/8DJh0MjJUs

    2022-02-21 12:31:01

    (出典 @motohashitak)

    suteaka
    @suteaka68677312

    謝恩会中止もきつい。学校行事ではないパーティーなので重視されないけど卒業生と教師の距離感があれで決まるので「TikTokに溢れる中高生の涙を見たか」修学旅行中止をあっさりと決めてしまう"コロナ対策"の罪 「大人は信用できない」… https://t.co/DhcTFGMvpx

    2022-02-21 12:30:33

    (出典 @suteaka68677312)

    初代・古炉奈楠亭銭下馬・F(CV:×××××)
    @colonax

    個人的に今学生なら「行事中止だ、コロナ万歳!」となってるだろう。けど、行きたい人間の気持ちもわからんではないだけに…|「TikTokに溢れる中高生の涙を見たか」修学旅行中止をあっさりと決めてしまう"コロナ対策"の罪 「大人は信用で… https://t.co/ONc2kKSN4F

    2022-02-21 12:27:01

    (出典 @colonax)

    のあみす
    @y_tsukinari

    「TikTokに溢れる中高生の涙を見たか」修学旅行中止をあっさりと決めてしまう"コロナ対策"の罪 「大人は信用できない」と恨み続ける #プレジデントオンライン https://t.co/e5XmYffpT1

    2022-02-21 12:25:42

    (出典 @y_tsukinari)

    ふれーりあ
    @_dmp

    「TikTokに溢れる中高生の涙を見たか」修学旅行中止をあっさりと決めてしまう"コロナ対策"の罪 「大人は信用できない」と恨み続ける #プレジデントオンライン https://t.co/V7MAEG5ArI感染拡大で中止するのは… https://t.co/g00N3fEray

    2022-02-21 12:24:06

    (出典 @_dmp)

    ┏┛BEELARC┗┓@もっちり
    @beelarc_arder16

    「TikTokに溢れる中高生の涙を見たか」修学旅行中止をあっさりと決めてしまう"コロナ対策"の罪 「大人は信用できない」と恨み続ける #プレジデントオンラインどうすれば正解だったのかわかんない奴https://t.co/7JAPDydXcb

    2022-02-21 12:24:04

    (出典 @beelarc_arder16)

    もちごめ
    @mochimaimai1

    「TikTokに溢れる中高生の涙を見たか」修学旅行中止をあっさりと決めてしまう"コロナ対策"の罪 「大人は信用できない」と恨み続ける #プレジデントオンライン https://t.co/P9xymhWwb3「10代20代限定詫び… https://t.co/NlYqOk8rtT

    2022-02-21 12:23:24

    (出典 @mochimaimai1)

    カービィファン
    @detteiu334

    「TikTokに溢れる中高生の涙を見たか」修学旅行中止をあっさりと決めてしまう"コロナ対策"の罪 「大人は信用できない」と恨み続ける #プレジデントオンライン https://t.co/Pjl02m25Mlこれ、「ペルソナ5が誰に対して売れているか」の答え合わせじゃないですか?

    2022-02-21 12:21:00

    (出典 @detteiu334)

    みかん@絞ると美味しい果汁が出る
    @ice_mikan

    「TikTokに溢れる中高生の涙を見たか」修学旅行中止をあっさりと決めてしまう"コロナ対策"の罪 「大人は信用できない」と恨み続ける #プレジデントオンライン https://t.co/VKvNGNZ3Ghコロナ対策によって失っ… https://t.co/2R5apuqSxy

    2022-02-21 12:09:47

    (出典 @ice_mikan)

    norimobit_able
    @norimobitable

    「TikTokに溢れる中高生の涙を見たか」修学旅行中止をあっさりと決めてしまう"コロナ対策"の罪 「大人は信用できない」と恨み続ける #プレジデントオンライン https://t.co/n3YjBrORjY

    2022-02-21 12:06:30

    (出典 @norimobitable)

    漆沢貴之
    @urushizawa_t

    「TikTokに溢れる中高生の涙を見たか」修学旅行中止をあっさりと決めてしまう"コロナ対策"の罪 「大人は信用できない」と恨み続ける #プレジデントオンライン https://t.co/DXI0NxDpy8

    2022-02-21 12:06:10

    (出典 @urushizawa_t)

    ssbb
    @cov64down

    「TikTokに溢れる中高生の涙を見たか」修学旅行中止をあっさりと決めてしまう"コロナ対策"の罪 「大人は信用できない」と恨み続ける | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)だからなんだよ。学校行事によっ… https://t.co/n7eC4KPXtO

    2022-02-21 12:03:24

    (出典 @cov64down)

    善怨怒CHEERがブツブツ言うよ ⁂ 920701
    @_30776506271

    「TikTokに溢れる中高生の涙を見たか」修学旅行中止をあっさりと決めてしまう"コロナ対策"の罪 「大人は信用できない」と恨み続ける #プレジデントオンライン https://t.co/Dn9h0vIMdk 「大人は信用できない」は、いつの時代も変わんないなぁ。

    2022-02-21 12:01:52

    (出典 @_30776506271)

    新居広介(兄さん)
    @parumakon777

    「TikTokに溢れる中高生の涙を見たか」修学旅行中止をあっさりと決めてしまう"コロナ対策"の罪 「大人は信用できない」と恨み続ける #プレジデントオンライン https://t.co/B0F0MDgBLw

    2022-02-21 12:00:17

    (出典 @parumakon777)

    モ 💀5G対応工事済💉
    @series_e931

    「TikTokに溢れる中高生の涙を見たか」修学旅行中止をあっさりと決めてしまう"コロナ対策"の罪 「大人は信用できない」と恨み続ける #プレジデントオンライン https://t.co/B5WiVWGtmj

    2022-02-21 11:59:56

    (出典 @series_e931)

    ひゆま
    @hiyuma123

    「TikTokに溢れる中高生の涙を見たか」修学旅行中止をあっさりと決めてしまう"コロナ対策"の罪 「大人は信用できない」と恨み続ける | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)これおすすめです! https://t.co/5G5VzC6ibl

    2022-02-21 11:58:04

    (出典 @hiyuma123)

    🌞ⓂⒿ🏝
    @MJPHARMA11

    ほんとなぁ…『いわゆる「コロナ禍」と呼ばれる時期において、大人たちの世界はあまりにも「若者のことを考えていません」というメッセージをあけすけに発信しすぎた』「TikTokに溢れる中高生の涙を見たか」修学旅行中止をあっさりと… https://t.co/cpD4npKwFh

    2022-02-21 11:56:52

    (出典 @MJPHARMA11)

    栗林 誠(匿名係長)
    @kurinohayashi74

    未成年に10万円給付したのに加え、20代に拡大してあげて欲しいのと、せめてGoToでは優遇してあげて欲しい。「TikTokに溢れる中高生の涙を見たか」修学旅行中止をあっさりと決めてしまう"コロナ対策"の罪 「大人は信用できない… https://t.co/WeCxZ1bZ1U

    2022-02-21 11:51:52

    (出典 @kurinohayashi74)

    はるきさん@恐れるなニッポン!
    @osaka_sirokichi

    国民健康保険廃止、介護保険廃止、姥捨て政策という形で復讐されるかもしれませんが、しゃあないですね。「TikTokに溢れる中高生の涙を見たか」修学旅行中止をあっさりと決めてしまう"コロナ対策"の罪 「大人は信用できない」と恨み続… https://t.co/gsjHdLGQfo

    2022-02-21 11:46:33

    (出典 @osaka_sirokichi)


    【【TikTok】修学旅行中止をあっさりと決めてしまう「コロナ対策」の罪】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    image:秒刊SUNDAY

    毎回、突如販売が行われるソニーの人気ゲーム機プレイステーション5PS5)」。事前に、いつどこでどのようなカタチで販売されるのかはわからず、購入者は頭を悩ませている。これもやはり「転売目的」とした輩による対策であり、普通にPS5がほしいゲーマーを苦しませているのです。本当に普通に買える日はくるのでしょうか。そんな中2月19日に、ビックカメラをはじめとする、企業がPS5の販売を行いました。

    2月19日に突如販売されたPS5

    image:秒刊SUNDAY

    PS5の販売は突然やってきた。2月の中旬、突如ビックカメラよりダイレクトメールが届く。おそらく、ビックカメラをよく利用する方向けだが、PS5の台数限定先着販売を行うものだ。

    さっそく2月19日に、ビックカメラに並んでみると、先着数十人は現地で購入することができたが、残りは予約販売となった。しかも先払いとなる。

    2月19日PS5ゲットして純粋にゲームを楽しむつもりで「ダイレクトメール」を持って、朝早く並んだ客。しかし、実際は、ほとんどが予約販売となった。怒り心頭であるのは無理もない。

    ただし、考え方によってはこれは「転売対策」になる。

    ダイレクトメールによって選ばれた客が、予約を行うことができる。現地でそのまま入手して、即現金化したい「転売ヤー」にはこの売り方は非常に手間がかかる。

    つまり、その日大量に仕入れ、大量に売りさばきたい「転売ヤー」にとって、この販売方法はメリットは薄い。

    結果、2月19日分のPS5は、鉄壁な販売方法により、ビックカメラ大勝利転売ヤーは敗北!……と思うのは実に浅はか。

    甘い、本当に甘い!名古屋の名物喫茶店マウンテン」の小倉スパより甘い。メルカリを見てみた結果、驚きの光景が広がっていたのだ。

    メルカリを見てみた結果……

    image:秒刊SUNDAY

    メルカリを覗いてみた。普通に出品されている。

    価格は85,000円〜という相場の、まさしく「高額転売」である。だが、これはいつもどおりの光景。そこで今回2月19日に販売されたPS5がないか、確認したところ、なんと本日出品されたものを多数発見。

    その中でも驚きなのが、律儀に日付まで入っているものも。

    image:秒刊SUNDAY

    残念ながら、この日に購入したものは即、転売されてしまっているようだ。

    非常に残念ではある。

    ただし、転売ヤーを擁護するつもりは全く無いが「転売」そのものは別に悪いことではない。

    使われなくなった商品を誰かに有料で譲る。SDGsよろしく、「もったいない精神」の日本人にとっては素晴らしい行為。

    しかし、問題となっているのは「もともと転売目的で高額で売りさばく」ことである。

    つまり新品をそのまま現金化することを、生業としていることである。今回出品されているものも「新品」だったり「不要になった」という理由で売られているものが多い。

    不要になったのであれば、正規価格もしくは少し安くしていただきたいものだが、そのへんのグレーゾーンを取り締まるのは難しいものなのかもしれない。

    こんなクダリを、我々はもはや1年以上繰り返している。はたして普通にPS5を買える日はくるのだろうか。



    画像が見られない場合はこちら
    PS5が突如販売「鉄壁すぎる転売対策」で転売ヤー敗北か!?メルカリをみた結果……


    (出典 news.nicovideo.jp)

    PlayStation 5 (PS5からのリダイレクト)
    PlayStation > PlayStation 5 PlayStation 5(プレイステーション ファイブ、略称: PS5)は、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(略称: SIE)が2020年11月12日に発売した家庭用据置型ゲーム機。 PlayStation
    43キロバイト (4,192 語) - 2022年2月14日 (月) 05:19



    ☆ネットの反応☆

    【PS5が突如販売「鉄壁すぎる転売対策」で転売ヤー敗北か!?メルカリをみた結果……】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    水は地球が誕生する前から太陽系に存在していた


    何気なく飲んでいる水には、そんな悠久の歴史がある


    憎き新型コロナウイルス(COVID-19)のせいで、気軽に旅ができなくなってから早2年になる。旅好きのみなさんは、かなりのフラストレーションを溜めてしまっているのでは。そこで今回、日々のモヤモヤや悩みがスカッと晴れそうな(!?)地球の壮大さを感じられる超絶景を世界自然遺産からピックアップ。また自由に旅ができるようになる日を待ちわびながら、“妄想世界旅行”に出掛けよう!

    【写真】この世のものとは思えないほど神秘的な「アイスケイブ」(ヴァトナヨークトル国立公園)ほか

    ■極彩色の熱水泉!イエローストーン国立公園(アメリカ)

    アメリカ合衆国西部、ユタ州ソルトレイクシティから北へ500キロほどの距離にある「イエローストーン国立公園」。アイダホ、モンタナ、ワイオミングの3つの州にまたがり、総面積約9000平方キロの広さを誇る。1872年に世界初の国立公園として設立、世界遺産としても登録初年度である1978年に選定された。

    「これは何!?」と思わず驚いてしまうのが、公園のシンボルとも言える熱水泉「グランド・プリズマティック・スプリング」だ。ブルーグリーンイエローオレンジといった鮮やかな色は、泉に集まるバクテリアが作り出すものなのだそう。日本ではお目にかかれないカラフルな温泉に、まさに自然の神秘を感じてしまう。

    生きる氷河!ロス・グラシアレス国立公園(アルゼンチン)

    南米・アルゼンチン共和国、パタゴニア地方の南の果てにある「ロス・グラシアレス国立公園」。ここに、南極大陸、グリーンランドに次ぎ世界で3番目の規模を誇る氷河地帯がある。47の大型氷河と200以上の小型氷河がある中で、特に動きが活発なのがアルヘンティーノ湖に流れ込む「ペリト・モレノ氷河」だ。

    一般的な氷河が年間数メートルほどの速度で移動するのに対し、ペリト・モレノ氷河はわずか1日で2メートルほど移動するという!氷河は現在もダイナミックに崩壊と成長を繰り返しており、「生きた氷河」と呼ばれることも。地球の躍動を感じる、ロマンあふれる光景だ。

    ■湖と滝の絶景!プリトヴィッツェ湖群国立公園(クロアチア)

    東欧・クロアチア共和国の首都ザグレブの約110キロ南にある「プリトヴィツェ湖群国立公園」。川沿いに点在する16の湖が92の滝でつながり、階段状に連なる幻想的な風景が見られる。湖の水は非常に透明度が高く、日光の加減によってエメラルドグリーンコバルトブルーに変化。これは湖の底に積もった石灰質の影響なんだそう。

    川の周辺はブナやモミなどが密生する森林地帯で、クマやオオカミカワウソなどの貴重な野生動物が生息。童話のような穏やかな緑の世界は、ヨーロッパ屈指の自然公園と評されるのも納得の美しさだ。

    ■青い氷の洞窟!ヴァトナヨークトル国立公園(アイスランド)

    アイスランドの南東部にあり、首都のレイキャビクから北東へおよそ300キロの距離にある「ヴァトナヨークトル国立公園」。2019年に登録された比較的新しい世界自然遺産で、登録名は、「ヴァトナヨークトル国立公園 - 火と氷の絶えず変化する自然」。公園の面積はアイスランドの国土の約14%に当たる、1万4000平方キロ。

    その名前の由来でもある「ヴァトナヨークトル氷河」は、ヨーロッパ最大の氷河だ。ここに氷河が生み出す奇跡の洞窟「アイスケイブ(氷の洞窟)」がある。澄んだクリスタルブルーの氷が、異世界に迷い込んだかのような美しい空間を作り上げている。夏に溶けた水によって自然に形成されるため、毎年形状が異なるのだとか。冬季は気象条件が揃えばオーロラに出合えることも!

    ■幽玄な巨大奇岩群!武陵源(中国)

    中華人民共和国の中南部、湖南省にある「武陵源(ぶりょうげん)」は、複数の自然保護区や自然公園で構成されるエリアの総称。世界自然遺産への登録名は「武陵源の自然景観と歴史地域」。ここで見られる巨大な奇岩群は長年の地殻変動と雨風の浸食によって形作られたもので、まさに自然の造形美!周囲の豊かな森林や渓流とあいまって、ほかに類を見ない幽玄な風景を作り出している。

    なかでも「張家界(ちょうかかい)国家森林公園」は中国初の国立森林公園であり、高さ200メートルを超える巨大な石柱が3000本以上立ち並ぶ奇岩地帯が広がる。公園内に作られた“世界で最も標高が高い場所にある”屋外エレベーター「百龍エレベーター」も見どころの1つだ。

    ■世界最後の秘境!カナイマ国立公園(ベネズエラ)

    南米はベネズエラ・ボリバル共和国の南東部に位置し、ギアナ高地の中心にある「カナイマ国立公園」。約3万平方キロの広さを有する公園内には、頂上が平らなテーブルマウンテン100以上も林立。そのうちの1つ、標高が2560メートルあるアウヤンテプイ山からは、世界最大の落差を誇る「エンジェルフォール(アンヘルの滝)」が流れ落ちる。その落差はなんと979メートルで、これは東京タワー約3本分に相当。あまりの高さで水は途中で霧となって飛散し、それゆえ滝壺が存在しないというから驚きだ!

    この地帯はプレート変動の影響をあまり受けていないと考えられ、太古からの地形や貴重な固有種が数多く存在。そして現在もなお人類未踏の地が数多く残ることから、“世界最後の秘境”とも呼ばれる。

    世界一深く透明な古代湖!バイカル湖(ロシア)

    ロシア連邦南東部の古都イルクーツクから東へ約70キロほどの距離にある三日月型の湖「バイカル湖」。2500万年前に誕生したと考えられる世界最古の湖であり、さらには透明度、水深、貯水量も世界一を誇る。湖の総面積は約3万平方キロで、琵琶湖のおよそ46倍。夏は最高気温が20度前後になり、青く透き通った湖面が見られる。一方、冬は最低気温がマイナス20度前後まで下がるため湖面はすべて凍結する。

    隔絶された自然環境から、バイカル湖にはさまざまな固有種が生息。 世界で唯一淡水に棲むバイカルアザラシも固有種の1つだ。

    ■自然のアートが作り出す美しい湖沼群!黄龍(中国)

    中華人民共和国四川省の省都、成都から北に約230キロの位置にある「黄龍(こうりゅう)風景区」。山頂から伸びる全長約7.5キロの峡谷に、石灰岩の層による湖沼が3000以上も棚田状に連なっている。世界自然遺産への登録名は「黄龍の景観と歴史地域」。

    その水の色は場所や天候、見る角度などによりエメラルドグリーンブルー、乳白色、黄金色などさまざまな色に変化。自然が生み出す神秘的な芸術と言えるだろう。周辺地域には、貴重なジャイアントパンダ孫悟空モデルとなったというゴールデンモンキーが生息している。

    ■世界最大級の洞窟群!フォンニャ=ケバン国立公園(ベトナム)

    ベトナム社会主義共和国の首都ハノイから約380キロ南に位置する「フォンニャ=ケバン国立公園」。ここに世界最大級の洞窟群があり、大小300以上の洞窟が存在すると言われる。公園の敷地のほとんどは原生林で覆われ、固有種や絶滅危惧種を含む多様な動植物が生息している。

    公園内にあるいくつかの洞窟が一般公開されているが、なかでも「ティエンドン洞窟」は全長約31.4キロという巨大さで、その幻想的な美しさから“天国の洞窟”と称される。現在もこの一帯では調査が行われており、その全貌はまだ未知数。今後の発展にも注目したい世界遺産だ。

    ■まさに女王の名爆!ヴィクトリアの滝(ジンバブエ/ザンビア)

    アフリカ大陸南東部のジンバブエ共和国ザンビア共和国の国境部に位置する「ヴィクトリアの滝」。幅2キロ、落差は108メートルで、南米の「イグアスの滝」(アルゼンチン/ブラジル)、北米の「ナイアガラの滝」(アメリカ/カナダ)と並ぶ世界三大瀑布に数えられる。「ヴィクトリアの滝」から流れ落ちる水量はその中でも随一と言われ、特に雨季には毎分最大5億リットル(!)、水が少ない乾季でも毎分1000リットルほど落下するそう。

    1855年にイギリス人により発見され、当時のイギリス女王にちなんでその名が付けられた。現地語では「モシ・オア・トゥニャ」と呼ばれ、これは“雷鳴のとどろく水煙”という意味なんだとか。その名のとおり周囲には常に水しぶきが降り注ぎ、その影響で熱帯雨林のような独特の生態系が育まれている。


    地球の神秘、虹色に輝く奇跡の温泉!?思わず二度見してしまう「グランド・プリズマティック・スプリング」 / イエローストーン国立公園


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【【地球そして生命の誕生】地球の水は地球が誕生する前から太陽系に存在していた】の続きを読む

    このページのトップヘ