ぼっちゃんのブログ

当ブログは、Twitter、2ch、5ch、爆サイなど
スレッドのニュースまとめブログです。
様々な情報や話題をお届けするブログです。

    カテゴリ:ニュース > 北朝鮮

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    北朝鮮で「牛」は生産手段扱いとなり、国家財産だ。個人の牛の所有、屠畜、販売を禁じられ、違反者は単なる経済犯ではなく政治犯扱いとなる。

    1990年代の大飢饉「苦難の行軍」のころには、牛を食べて処刑された人がいたが、その後は懲役刑で済まされるようになっていた。

    また「禁断の味」を楽しむために牛肉が裏取引されたり、ワイロとして使われたりもしていたが、近年は以前ほど取り締まりが厳しくなくなっていた。しかしここへきて、食糧難に耐えられず牛を盗んで食べた男性が摘発され、処刑される出来事が起きた。

    咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋にによると、穏城(オンソン)郡の豊渓里(プンゲリ)にある協同農場で先月、飼育していた牛が忽然と姿を消した。

    牛の飼育を担当していた農場員は処罰を恐れ、農場管理委員会には報告せずに、農場の周囲をひたすら探し歩いた。しかし、どこをどう探しても見つからず、諦めて1週間後に報告した。

    委員会はすぐに安全部(警察署)に通報した。農場の担当者は、生活苦で追い込まれた近隣住民に盗まれたものと思い、、近隣の家々の様子を見て回っていた。すると、ある家から肉の匂いがするのに気付いた。

    安全員(警察官)と共にその家に踏み込み、倉庫を開けると、中からは大量の牛肉が出てきた。また、オンドル(床暖房)の焚き口からは、牛の骨が発見された。

    牛を盗んで食べたことを認めた40代男性は、その場で安全部に逮捕された。

    取り調べに対し男性は、新型コロナウイルス対策で国境が封鎖され、ギリギリの生活を送っていたが、ついに食べ物が尽きてしまい、にっちもさっちもいかなくなった彼は、農場に忍び込んで牛を盗んで食べたと陳述した。

    実際、この村の各家では豚、山羊、犬、兎などが飼われていたが、次から次へと盗まれ、今ではほとんど消え去ってしまった。食糧難がいかに深刻かということだろう。

    安全部は、農業機械も燃料も不足している現状で、農場にとって唯一の財産である牛を食べたことは、自動車数台を破壊したのに相当する、国全体が苦境にあるのに、牛を食べたことは反国家、反革命行為に当たるとして、男性を19日に処刑すると予告した。

    金正恩委員長朝鮮労働党中央委員会は今年9月、牛の個人所有、販売、屠畜を厳しく禁じる指示を下した。情報筋は、この指示の徹底を図るために、男性が見せしめとして処刑されるものだと見ている。

    金正恩(キム・ジョンウン)氏


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 news.biglobe.ne.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【「禁断の味」我慢できず食べた北朝鮮男性を処刑】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    近年の北朝鮮は連続して自然災害の被害を受けているが、今年は8号(バービー)、9号(メイサーク)、10月(ハイシェン)の3つの台風が上陸し、甚大な被害が発生した。

    金正恩委員長は、被災地に軍の兵力を投入し復旧に当たらせる一方で、自身も現地を訪問、その様子を国営メディアに報道させるなど、「人民愛」の宣伝に余念がない。

    その「愛」は、人の命を奪う形でも示される。人民武力省後方総局のイルクン(幹部)4人が、現場に派遣された兵士への補給を怠ったとの理由で、処刑された。長期間の動員に対する軍内部の不満を払拭し、武力総司令官金正恩氏)の「兵士愛」をアピールすることに目的があると思われる。

    デイリーNKの朝鮮人民軍北朝鮮軍)内部情報筋が、その内幕を語った。

    事は先月中旬まで遡る。金正恩氏は、兵士への補給を司る後方総局のイルクンが「抗日遊撃隊軍輸官(金日成主席が率いたとされる抗日パルチザン部隊の輸送担当者)たちのように闘争できていない」として、「朝鮮人民軍武力総司令官命令第00210号」を発し、検閲(監査)を指示した。

    それに基づき、軍保衛局(秘密警察、かつての保衛司令部)は、後方総局の糧食、被服、燃油、軍医局など主要部署に対する抜き打ちの検閲を実施。2015年以降の帳簿をチェックし、とりわけ今年の水害被害の被災地に動員された部隊への供給がきちんと行われたのか点検した。

    その結果、定められた定期供給の量が守られていなかったことが判明した。燃油部は、物資不足を理由に、計画供給分の4割しか供給していなかった。そればかりか、現場に派遣された兵士の食糧、衣服、燃料、衣料品の供給には関心すら持とうとしなかったという。

    部署の責任者は「現物と在庫が不足している」「12月から行われる冬季訓練の供給物資も調達が困難だ」などと弁明したが、軍保衛局は、4つの部署の責任者を全員解任し、軍事裁判にかけ、部署の総合課長は全員、戦士(一般の兵士階級)に降格させ、咸鏡道(ハムギョンド)、江原道(カンウォンド)の被災地に下放が妥当とする内容の提議書(稟議書)を上部に提出した。

    かねてから軍では、輸送過程での横流しなどで、末端の兵士に食糧がまともに届かない状況が続いている。軍官(将校)に対してすらまともな待遇がなされず、軍を辞める動きが起きていた。軍人の生活を改善するための対策を立てても、一過性のキャンペーンで終わり、窮状が続いていた。

    もはや放置できないとの金正恩氏の強い意志が反映されたのだろう。上部は「求刑」以上の処分を下した。「兵士愛精神を少しも持たない無責任なイルクンは強く処罰せよ」との指示が下され、4人は室内で非公開銃殺された。

    幹部を一度に失った後方総局の雰囲気は凍りついているが、一部からは「国が供給できないせいなのに、銃殺はひどすぎるのではないか」との声が上がっているという。

    慢性化する幹部の不正行為に対して綱紀粛正が行われている北朝鮮では、処刑される幹部が相次いでいる。

    今年2月、平安北道(ピョンアンブクト)の道保安局の幹部が、新型コロナウイルスの感染を疑われ隔離された友人に会いに行こうとして、防疫規則違反で処刑された。

    また、7月には当局の経済政策を非難したとの理由で、中央党(朝鮮労働党中央委員会)の経済部の幹部ら5人が一度に処刑されている。平壌市内のレジャー施設を部隊にした売春に加担したとして、平壌市党(朝鮮労働党平壌市委員会)の幹部4人、売春斡旋者2人が公開銃殺にされた。

    朝鮮人民軍の女性兵士(資料写真)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 newsbyl-pctr.c.yimg.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【罪名は「愛情不足」…処刑された北朝鮮軍幹部に同情の声】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 newsbyl-pctr.c.yimg.jp)



    1 牛丼ねこ ★ [AT] :2020/09/29(火) 09:36:35.22

    北朝鮮で売春は違法だ。刑法249条「売淫罪」では「売淫行為を行った者は1年以下の労働鍛錬刑に処す。前項の罪状が重い者には5年以下の労働教化刑に処す」とされている。また、行政罰を定めた行政処罰法220条「売淫行為」は「売淫行為を行ったり、それを助長、仲介、場所を提供した者には罰金または3ヶ月以下の労働教養処分とする」としている。

    これは、1990年代後半の大飢饉「苦難の行軍」のころ、生きていくために売春を行う女性が増えたことに対処するために、2004年の法改正のときに新設されたものだが、その後も売春の摘発事例は枚挙に暇がない。

    今年7月には、首都・平壌の総合レジャー施設で組織的な売春を行っていたグループが摘発された。北朝鮮の首都・平壌の司法機関の幹部が、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)に事件の詳細を語った。

    市内の東大院(トンデウォン)区域にある紋繍院(ムンスウォン)は、1982年に完成した総合レジャー施設で、1階には大浴場、プール、2階には家族風呂と個人風呂、理容室、美容室がある。

    男女のカップルが家族風呂に入るには、結婚証明書が必要となるが、規制が「金のなる木」になるのが北朝鮮の常。一般人が気軽に利用できる宿泊施設が存在しないため、ラブホテル代わりに使われ、不倫の温床となっている。

    そんな紋繍院の責任者が、有名映画俳優、平壌音楽舞踊大学、平壌演劇映画大学の教授らに声をかけ、ビジネスを始めることにした。在学中の20代前半の女子学生に「1ヶ月に500ドル(約5万3000円)以上儲かる仕事がある」などと声をかけ、施設内のカラオケ店で売春をさせるというものだ。客は、中央や平壌市党(朝鮮労働党平壌市委員会)の幹部らだった。

    教育当局は、大学に対して頻繁に「経済課業(ノルマ)」の指示を下し、学生たちは様々な名目で金品を納めることを強いられていた。また、教授への付け届けなど、北朝鮮での学生生活は何かと物入りだ。紋繍院の責任者や教授らは、そんな女子学生の足元を見たのだろう。

    ところが、組織は一網打尽にされた。声をかけられついて行ったものの、売春だとは知らずに性行為を強要された女子学生が通報したのだ。

    司法当局は現場で関係者を逮捕、取り調べ、その結果は金正恩党委員長に報告された。前述の幹部によると、それを受けて金正恩氏は、自分が大事にしている平壌音楽舞踊大学、平壌演劇映画大学の学生が売春に加担したことに激怒、組織の主要メンバーらの銃殺を指示したもようだ。

    そして、市内の龍城(リョンソン)区域の和盛洞(ファソンドン)で7月20日、平壌市党の幹部4人と斡旋者2人が公開銃殺にされた。「5年以下の労働教化刑」という法規定を大幅に上回る判決だが、法よりも最高指導者の意思が重要視されるのが北朝鮮なのだ。
    https://news.yahoo.co.jp/byline/kohyoungki/20200929-00200541/


    【【金正恩】「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人を処刑


    金正恩(キム・ジョンウン、김정은、1984年?1月8日 - )は、朝鮮民主主義人民共和国(以下北朝鮮)の政治家、軍人。同国の第2代最高指導者金正日総書記の三男で後継者。父の死により実質上では最高指導者の地位を継承した。現在、朝鮮労働党委員長、国務委員会委員長、朝鮮労働党中央軍事委員会委員長、朝鮮労働
    142キロバイト (22,140 語) - 2020年8月28日 (金) 15:10



    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    Twitterの反応
    【金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人を処刑】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 img.atwikiimg.com)



    1 荒波φ ★ :2020/09/06(日) 10:18:29.74

    しつこく居座る梅雨前線による長雨で、各地で甚大な被害が発生した北朝鮮。被災地の一つ、黄海北道(ファンヘプクト)銀波(ウンパ)郡には、全国から大量の人員が投入され、復旧作業が進められている。

    現在、住宅の再建事業が行われているが、地方政府の予算不足で民間の投資を頼らざるを得ない状況となっている。しかし、問題はそれだけではない。工事に動員された朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の兵士が、家や財産を失った被災者をさらに苦しめているというのだ。

    現地のデイリーNK内部情報筋によると、金正恩党委員長が視察を行った直後の先月9日に、多数の兵士が現地に到着した。まずは、道路の復旧、堤防の補修などを行い、その後は住宅の建設も行っている。

    彼らは、民家のそばに宿営しているが、時々やって来て、盗み出した建設資材をパン、酒、タバコと交換して欲しいというものだが、応じる住民はいない。

    それもそのはず、このような現象が起きることを予見した当局が、住民に対して「兵士が持ち込んできたセメントや木材などの建設資材は決して受け取ってはならない、受け取った者は法的に処罰する」との警告を発したからだ。

    北朝鮮では、災害や事故が起こると軍の兵士が大量に動員されるが、当局は送り込むだけ送り込み、食糧などの補給をまともに行わないのだ。そのため、被災地では犯罪が多発する。

    北朝鮮北東部に甚大な被害をもたらした2016年8月の台風10号(ライオンロック)。被災地には兵士が動員されたが、一般住民から食べ物を盗むなどの事件が多発。金正恩氏は、「復旧建設中に人民の財産に手を出す現象が発生すれば、その場で銃*てもいい」との命令を下す状況となった。

    今回は、軍の上層部が「建設資材を売り払う現象は軍法で裁く」との警告を発しているが、腹をすかせた兵士たちには効果がないようだ。

    兵士らは民家に資材を持ち込み、食糧との交換を要求するが、民間人は「絶対にダメ、買ったら罰せられる」と決して応じようとしない。それに腹を立てた兵士らは、報復として民家に押し入って「食べ物をよこせ」と凄んだり、店に押しかけて飲食をした後、「ツケで頼む」と言い残し、代金を払わなかったりなどの行為に及んでいる。

    住民の間からは「兵士らのせいで商売もできなくなった、建設やら何やら全然ありがたくない」との声が上がっている。銀波郡の行政当局には信訴(不正行為の告発)が寄せられているが、郡党(朝鮮労働党銀波郡委員会)は何もできずにいる。兵士らに食料を提供するほどの余裕がないからだ。

    また、兵士の犯罪は警務隊(憲兵隊)でなければ処理する権限がなく、安全部(警察署)も手が出せない。平時にも民家や農場を襲撃して食糧を強奪するなどの事件を起こしているような連中を、被災地に送り込むことは、「二次災害」以外の何物でもない。


    高英起 | デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト 9/6(日) 5:00
    https://news.yahoo.co.jp/byline/kohyoungki/20200906-00196818/


    【【二次災害】「食べ物をよこせ」 北朝鮮軍兵士、水害被災地で民家襲撃 】の続きを読む

    このページのトップヘ