ぼっちゃんのブログ

当ブログは、Twitter、2ch、5ch、爆サイなど
スレッドのニュースまとめブログです。
様々な情報や話題をお届けするブログです。

    カテゴリ: 生活記事

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     2020年6月に行われた環境省「第12回特定外来生物等専門家会合」にて、ほとんどのザリガニを特定外来生物に指定する方針が決定しました。9月4日Twitterでは「11月からザリガニを飼育で重い罰則が発生するから小学校でも気を付けて」という旨のツイートが広く拡散されています(現在は削除済み)。

    【Twitterの反応】「ザリガニ飼っちゃダメなの?」と話題

     これには補足が必要かもしれません。なぜなら池や用水路でよく見る「アメリカザリガニ」は規制の対象外なのです。

     議事録によれば、規制の対象は「ザリガニ科の全種(Family Astacidae)」「アメリカザリガニ科の全種(Family Cambaridae)」「アジアザリガニ科の全種(Family Cambaroididae)」「ミナミザリガニ科の全種(Family Parastacidae)」。ただし「アメリカザリガニProcambarus clarkii)とニホンザリガニ(Cambaroides japonicus)は除く」と記載があります。

     ペットショップで売られているような、美しい体色をした種、珍しい種は規制の対象となりますが、川や池に生息する真っ赤なアメリカザリガニは対象外。もちろん別種と誤認しないよう気を付ける必要はありますが、現在飼育しているアメリカザリガニを慌てて処分する必要はありません。

     また、現在は専門家の意見をパブリックコメントで募っている段階であり、正式な決定は9月5日以降になる見込みです。

     なお、規制が決定すると、対象の外来種は飼育・運搬・販売が全て禁止に。違反した場合には外来法に則り重い刑罰が科せられます。また、規制の対象外とはいえ、アメリカザリガニ外来種であることに違いはありません。釣ったものや飼育しているザリガニを別の場所に放流したりすることがないよう気を付けましょう。

    脱皮するアメリカザリガニ(編集部撮影)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ザリガニ(蝲蛄・蜊蛄・躄蟹、クレイフィッシュ)は、ザリガニ下目のうちザリガニ上科とミナミザリガニ上科の総称である。ザリガニ類と呼ぶこともあるが、この語はザリガニ下目を意味することもある。 分類学的には単一の分類群(タクソン)ではなく、ザリガニ上科とミナミザリガニ上科に分類される。しかしこの2上科は近縁で、ザリガニは単系統である。
    31キロバイト (3,608 語) - 2020年7月27日 (月) 14:13



    (出典 www.aquahermit.com)


    規制の対象ザリガニとアメリカザリガニの違いが分からない。

    <このニュースへのネットの反応>

    【【ザリガニで罰金】11月実施「規制対象のザリガニ飼育は罰金100万円」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    とくにビジネスシーンにおいて、女性同士と比べて男性同士で人間関係を深めることは難しく、表面的な付き合いにしかならないことが多いのだそうです。それを克服するために男性たちがしているコミュニケーションとは――。

    ■男性には“親友”が少ない傾向

    男性と女性の人付き合いの違いを調べてみると、女性のほうが人付き合いはうまく、友情を感じやすいということがわかっています。これは、まあ、何となく想像ができます。

    女性は、いつでもグループで行動することが多いですし、楽しそうな女子会なども頻繁にやっているようですが、男性は、あまり積極的に人付き合いをしようとしません。

    カナダにあるグラントマキュアン大学のデビッドワトソンの調査によると、男性は、あまり親友と呼べる人をつくりませんし、友情も感じにくいとのこと。

    男性というのは、特にビジネスシーンで顕著なのですが、ものすごく表面的なお付き合いしかしていないのですね。事務的な付き合いというか、人間関係が冷え切っているわけです。もちろん、男性だって、親密な人付き合いを求めていないわけではないと思いますので、今回は、そんな男性が、男同士の関係を深めるためにどのような行動をしているのか探ってみましょう。

    ■ゴシップの意外な効果

    結論から先に言うと、ワトソンによると、男性が友情を深めるには、「ゴシップ作戦」が有効だということです。「だれとだれがデートしているのか」「職場の人がどんな人物なのか」といった情報型のゴシップを話すことによって、男性は友情を高めることができるのだそうです。

    「経理課の○○さんって、○△みたいな男性が好みらしいよ」
    「部長って、ああ見えて、高校と大学で体育会系の空手部所属だったんだって」

    こういうゴシップをしていれば、男性同士でも、どんどん仲良くなることができますし、友情を感じることもできるのでしょう。

    ちなみに、ワトソンによると、女性は、もともとゴシップに頼らなくとも、普通の話をしているだけでお互いに強い友情を感じられるそうです。男性にとってみると、簡単に友情が育める女性はとてもうらやましいですね。

    ではなぜ、ゴシップを話していると、仲良くなれるのでしょうか。

    その理由は、だれかについてのゴシップを共有するということが、何やら悪いことを一緒にやっているような、“共犯者意識”を高めるから。「秘密の話」を共有することで、お互いに親密になれるのです。

    そういえば私にも、学生時代には、先生の悪口やらゴシップなどを話して、クラスメートと仲良くなった、という記憶があります。「担任の○○は、どうみてもカツラだよな」などと友達と面白おかしく語り合っていると、いっぺんに親しくなれてしまうのですから、男というのはまことに不思議な生き物です。

    ■職場の人のうわさ話はマナー違反なのか

    よくあるビジネスマナーの本を読むと、「職場の人のうわさ話などは、絶対にしてはなりません!」と注意されていたりはしますが、まあ、それはそれとして(きれいごとはきれいごととして)、たまにはゴシップを話すのも、悪いことではないのではないでしょうか。いや、悪いことかもしれませんが(笑)、関係づくりが苦手な男性たちにとっては必要なことなのです。

    天気の話やら、政治や経済の話やら、「どうでもいいようなこと」しか話さないのであれば、「どうでもいいような人間関係」しか築くことはできません。人と親密になりたい場合、他の人のゴシップを話すことも大切なのです。

    (参考)Watson, D. C. 2012 "Gender differences in gossip and friendship." Sex Roles ,67, 494-502.

    ■ゴシップは社会的な絆を強める

    私たちは、モラルに反した行動をとっている人をみると、ゴシップを言いたくなります。「ああいう人にはなりたくないよね」と話し合うことで、裏を返せば、「俺たちは善人でよかったね」という気持ちを高めることができ、社会的な絆が強化されるのです。

    オーストラリアにあるクイーンズランド大学のキム・ピーターズは、ある人が空き缶を投げ捨てる(または空き缶を拾う)という映像を見せて、「あなたは、この話をどれくらい人に話したいか?」と尋ねてみました。

    すると、「空き缶を拾う」という善行をしている映像を見たときには、「そんなに話したくもない」という回答が多かったのですが、「空き缶を投げ捨てる」というモラルに反した行動を見たときには、「だれかに話したい」という気持ちが高まることがわかったのです。

    ピーターズによると、モラルに反したことをゴシップとして話すことによって、「自分たちは素晴らしい人」という気持ちになることができ、さらに仲良くなることができるのだそうです。

    「○○部長は、会社のお金で飲み食いしてるんだって」
    「○○先輩は、勤務時間中に喫茶店でサボっていることが多いよ」
    「後輩の○○は、夜の街関係の情報に詳しいらしいよ」

    そういったゴシップのネタを展開することで、男性たちは絆を深めていくのです。「まったく、うちの会社の重役どもは、どうしようもないね」とお互いに笑い合っていれば、仲良くなれないわけがありません。

    ■うわさ話を振られたらどうすべきか

    うわさ話をしなくても仲良くなれる女性たちはにとっては、ばかばかしく見えるかもしれません。では、男性たちのうわさ話にどう対応すればよいでしょうか。自分からはうわさ話をしたくないと考える女性も多いでしょう。

    私は大学の先生もしていて、教え子たちとはものすごく仲がいいのですけれども、その理由はというと、ここだけの話ですが、他の先生の悪口を聞いてあげるからです(さすがに自分からは言いません)。

    ○○先生は、課題が厳しすぎる」とか、「○○先生は、かわいい子にだけエコヒイキする」とか、そういう教え子の話を、「ふむ、ふむ」と聞いてあげるだけで、けっこう親しくなることができます。

    自分からは、どうしてもゴシップを話したくないというのであれば、ゴシップの聞き役になるのもひとつの手かもしれませんね。

    それでも十分に、人は仲良くなれるものなのです。

    (参考)Peters, K., Jetten, J., Radova, D., & Austin, K. 2017 "Gossiping about deviance: Evidence that deviance spurs the gossip that builds bonds." Psychological Science ,28, 1610-1619.

    ----------

    内藤 誼人(ないとう・よしひと)
    心理学
    立正大学客員教授。慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程修了。『世界最先端の研究が教えるもっとすごい心理学』(総合法令)など、心理学を応用したビジネススキルに関する著書多数。

    ----------

    ※写真はイメージです(写真=iStock.com/Rawpixel)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 www.kansai-u.ac.jp)



    <このニュースへのTwitterの反応>


    心理学者が解説、なぜ職場で男が集まると人の悪口と噂話ばかりになるのか 心理学者が解説、なぜ職場で男が集まると人の悪口と噂話ばかりになるのか
    …とくにビジネスシーンにおいて、女性同士と比べて男性同士で人間関係を深めることは難しく、表面的な付き合いにしかならないことが多いのだそうです。それを克服するために男性たちがしているコミュニケーションとは…
    (出典:経済総合(プレジデントオンライン))



    (出典 oceans.tokyo.jp)






    たかひろ(Ü)/超本気です!です!ですです!
    @business_tkhr

    心理学者が解説、なぜ職場で男が集まると人の悪口と噂話ばかりになるのか #SmartNews https://t.co/w0ylhKjovK

    2020-09-03 06:16:42

    (出典 @business_tkhr)

    小栗洋子Yoko Oguri
    @yoko_WildChild

    私は男性脳だな。グループ行動が苦手だからな。それに他人に対する不満は多い。 心理学者が解説、なぜ職場で男が集まると人の悪口と噂話ばかりになるのか https://t.co/0hltAHM5qn

    2020-09-03 05:23:46

    (出典 @yoko_WildChild)

    住友 太郎
    @tarosumitomo

    内藤先生久々のニコニュー復帰だな、相変わらず他人の研究に勝手な考察加えて記事作ってるね。心理学者が解説、なぜ職場で男が集まると人の悪口と噂話ばかりになるのか #niconews https://t.co/DB4xrPF99K

    2020-09-03 02:00:24

    (出典 @tarosumitomo)

    gaacky・ramone
    @gaacky

    心理学者が解説、なぜ職場で男が集まると人の悪口と噂話ばかりになるのか - 記事詳細|Infoseekニュース https://t.co/2PfrR7sNap

    2020-09-02 18:21:07

    (出典 @gaacky)

    発達障害のニュース
    @2030mirai

    心理学者が解説、なぜ職場で男が集まると人の悪口と噂話ばかりになるのか https://t.co/6Jkb2X8wSY >特にビジネスシーンにおいて、女性同士と比べて男性同士で人間関係を深めることは難しく、表面的な付き合いにしか… https://t.co/6gHGAZOxgJ

    2020-09-02 17:48:15

    (出典 @2030mirai)

    COCO
    @COCO_leox

    常々思っていたのだが、女性の集団は怖いよね〜と職場の男性陣から言われる事よくあったけど、私が経験した職場では毎度男性同士のマウント取り合い蹴落とし等々の方がえげつなかったぞ。心理学者が解説、なぜ職場で男が集まると人の悪口と噂話… https://t.co/jjSAwQtXO2

    2020-09-02 13:36:52

    (出典 @COCO_leox)

    shinchiki
    @shinchiki

    “心理学者が解説、なぜ職場で男が集まると人の悪口と噂話ばかりになるのか | PRESIDENT WOMAN Online(プレジデント ウーマン オンライン) | “女性リーダーをつくる”” https://t.co/C4HQRPwodG

    2020-09-02 11:28:50

    (出典 @shinchiki)

    YUKI
    @yukiisami

    心理学者が解説、なぜ職場で男が集まると人の悪口と噂話ばかりになるのか #SmartNews https://t.co/UxtD0xTPCN

    2020-09-02 11:15:18

    (出典 @yukiisami)

    出会いのきっかけ
    @deainochance1

    心理学者が解説、なぜ職場で男が集まると人の悪口と噂話ばかりになるのか https://t.co/b76tWZUUgV

    (出典 )

    2020-09-02 10:52:17

    (出典 @deainochance1)

    出会いのきっかけ
    @deainochance1

    心理学者が解説、なぜ職場で男が集まると人の悪口と噂話ばかりになるのか https://t.co/b76tX0cv8t

    (出典 )

    2020-09-02 09:52:13

    (出典 @deainochance1)

    あかいき
    @akarukuikiru4

    心理学者が解説、なぜ職場で男が集まると人の悪口と噂話ばかりになるのか https://t.co/lw32KFPj9V

    2020-09-02 06:59:22

    (出典 @akarukuikiru4)

    Hack & Business Review 【超ビジネス ニュース報道局】
    @Hack_Biz_Review

    心理学者が解説、なぜ職場で男が集まると人の悪口と噂話ばかりになるのか - 男は女よりはるかにゴシップが好きとくにビジネスシーンにおいて、女性同士と比べて男性同士で人間関係を深めることは難しく、表面的な付き合いにしかならないこ…… https://t.co/KptFZwJAIC

    2020-09-02 06:56:39

    (出典 @Hack_Biz_Review)

    Commentator
    @Commentator_OL

    心理学者が解説、なぜ職場で男が集まると人の悪口と噂話ばかりになるのか - 男は女よりはるかにゴシップが好き https://t.co/z96HBNt3CJ

    2020-09-02 06:56:28

    (出典 @Commentator_OL)

    のっといこーる(^≠^)
    @hermitage7331

    心理学者が解説、なぜ職場で男が集まると人の悪口と噂話ばかりになるのか https://t.co/W6kMjOhTpV

    (出典 )

    2020-09-02 06:52:29

    (出典 @hermitage7331)

    PRESIDENT WOMAN
    @Pre_Woman

    心理学者が解説、なぜ職場で男が集まると人の悪口と噂話ばかりになるのか 男は女よりはるかにゴシップが好き https://t.co/TJXIUnVfJl

    2020-09-02 06:34:26

    (出典 @Pre_Woman)

    経済ニュース
    @keizaisokuho

    心理学者が解説、なぜ職場で男が集まると人の悪口と噂話ばかりになるのか(プレジデントオンライン) https://t.co/lVMFzEy1y6

    2020-09-02 06:33:28

    (出典 @keizaisokuho)

    月杜
    @k_tukimori

    男女入れ替えたほうがしっくりこない?心理学者が解説、なぜ職場で男が集まると人の悪口と噂話ばかりになるのか #niconews https://t.co/MKWvgCpDZz

    2020-09-02 06:32:02

    (出典 @k_tukimori)

    くれす@暇で週休3日になりました♪(^^)
    @cless203

    心理学者が解説、なぜ職場で男が集まると人の悪口と噂話ばかりになるのか(プレジデントオンライン)そんなイメージないけど。#Yahooニュースhttps://t.co/uO6kD0ENU7

    2020-09-02 06:30:18

    (出典 @cless203)


    【【心理学】なぜ職場で男が集まると人の悪口と噂話ばかりになるのか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    上下上下ABAB

    上下上下ABAB

    84年生まれの僕が子どもの頃に遊んでいたハードといえば、スーパーファミコンプレイステーションセガサターンメインになる。スーファミ小学校低学年ぐらいまで遊び、高学年になる頃にポリゴンゲー全盛期が訪れて「実写じゃん!」と驚いた記憶がある。

    当時、インターネットはまだ一般にはほとんど普及していなかったため、ゲームの情報はクラスの友達同士で共有しているということが多かった。あとは、なぜかNTTが出版していた、中盤ぐらいまでしか紹介していない中途半端な攻略本を頼りにしてみたり。あれはあれで面白かった。アイテムイラストとか掲載されてて、想像力を豊かにしてくれる。

    面白いのは、各地の子どもたちがネットのない時代に、同じようなゲームの同じようなバグ情報、裏技について割とよく把握していた、という点だ。たとえば『ファイナルファンタジーVI』では頭にドリルを装備できる、みたいな話は知らない子の方が少なかったほどだ。

    なぜ、あの時代のゲームキッズたちは、ネットを介さずにそんな情報を知り得ていたか。今回は、今はもう滅びようとしている、かつて当たり前だった「子どもたちの情報交換」について振り返っていきたい。(文:松本ミゾレ)

    広辞苑みたいな分厚い裏技特集本が売ってた」

    先日、5ちゃんねる「インターネットがない時代になぜか全国のみんながゲームの同じ裏技を知っている」というスレッドが立っていた。スレ主はかつて当たり前だったこの事態について「なんでなの?」と疑問を呈している。

    スレッドにはその仕組みについて解説する書き込みが多い。いくつか紹介してみよう。

    広辞苑みたいな分厚い裏技特集本が売ってた」
    「にいちゃんが見つけて弟が話してクラスのやつが塾かミニバスで話してどんどん伝染する」
    「電話自体はあったわけだし、離れた土地に同年代の従兄弟や親戚が居ればそこでも情報交換はされるしな」

    ネットがなくても裏技が満載された「大技林」などの攻略事典はいくつも出版されていたし、それを買うなり立ち読みなりする子どもは昔は多かった。その情報を同じクラスのみんなに教えるとヒーローにもなれた。

    また、兄弟が仕入れた裏技を弟たちが継承し、それもまた学校で披露してみんなが幸せになることも昔はよくあった。電話は既にどの世帯にもあったので夜に友達に「こういう裏技見つけた!」と自慢したりもできたし。

    インターネットを介して情報を仕入れるという手法自体がまだ存在しなかったとしても、そこまで不自由はなかったと記憶する。

    当時はゲーム雑誌が読み物としても面白かった

    ゲーム雑誌の影響も当時は大きかった。僕はまだ「ファミ通」が「ファミコン通信」という名で売られていた頃から読んでいたけど、暇つぶしで遊んだことのないゲームの裏技ページまで読み耽っていたもんだ。

    それに、コラムも結構読み物として面白いものが多かった。ゲームアイドル何某ちゃんの日記みたいなものも連載されていて、それなりに読み応えもあった。僕みたいなゲーム好きは他にも何人かいたし、昔は兄弟も多い世帯だらけだったので、兄弟が買ってきたゲーム雑誌をボロボロになるまで回し読みする子供も結構いたものである。

    そうやってゲームの裏技についての知識を吸収して、翌日学校で「お前これ知ってるけ?」と自慢する。そういうのが、ゲームキッズたちの一種のコミュニケーションだったんだろう。

    今でもたまにコンビニファミ通を見かけるが、さすがに買うことはなくなった。大人になると、かさばった雑誌の処分も億劫になっちゃうので……。

    あと、これは私見だけどもゲームの裏技どころか攻略においても、ネットの攻略まとめサイトに頼るより、紙媒体で確認する方が楽しい気がする。なぜかネット経由で仕入れるゲーム情報って凄く味気ない。あれは、なんなんだろう。

    ネットのない時代、全国のゲーム少年はどうやって裏技情報を共有していたのか


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ファミリーコンピュータ(Family Computer)は、任天堂より1983年(昭和58年)7月15日に発売された家庭用ゲーム機。型番はHVC-001。HVCはHome Video Computerの略である。日本国内での略称・略記はファミコン・FC。任天堂の公式表記では、JISの表記ルールにの
    105キロバイト (13,801 語) - 2020年8月27日 (木) 02:13



    (出典 blog.qbist.co.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【【ネットのない時代】全国のゲーム少年たちの情報交換】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 blog-imgs-139.fc2.com)


    社会がSNS情報で動いている

    1 記憶たどり。 ★ :2020/09/02(水) 16:18:58.43

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2651292df2c0f8d6e7fb19f637c52bdffccf93f4

    「葬祭では黒マスク着用」という葬祭マナーがSNSを中心に話題になっている。

    発端は「8月の終わりに"通夜葬儀などの場合はマスクも黒にすること"というマナーを見かけた」という内容の女性の投稿。

    これを受け、SNS上では

    「白いマスクがダメなら...男性のシャツの白はどうなんですかねぇ。」
    「怖いよぉ喪服集団が黒マスクで揃えたら謎のカルト教団みたいになるって」
    「通夜葬儀など急な事態なんだから、喪服着るだけで精一杯ですよね。。。」

    などと困惑する人が多いようだ。

    しかし……

    僕がいくつかのマナーサイトや葬祭関係サイトを確認してみたところ、以前から「葬祭でマスクはどうするべきか?」
    という疑問は多々あったようで、それに対しほとんどのサイトでは「着用可」であるという上で「白黒どちらでも構わない」、
    「白のほうが無難」という回答だった。

    また6月にはモナコ公国のカロリーヌ公女とステファニー公女らロイヤルファミリーが黒マスク姿で葬儀に参列したという
    見出しのニュースがあったのだが、画像で確認したところ、ロイヤルファミリーや司祭の中には白マスクを付けた人もおり、
    マスクの色についてマナーやルールは存在しないようだった。

    「葬祭では黒マスクを付けるべし」というのは新型コロナウイルス流行により公の場でのマスク着用が推奨される風潮に
    便乗してどこかのマナー業者が思いついた新マナーなのだろう。

    なお、今でこそ「喪服=黒」というイメージが定着しているが、江戸時代までは喪服は白が一般的。明治時代になって
    欧米の葬祭マナーを取り入れつつ(時に誤解しつつ)、独特のミクスチャー様式に仕上がっていったのが現在の日本の
    葬祭マナーなのだ。葬祭に参列するからには死者を悼む姿勢は大切だが、個人的にはその細々としたマナーに本質的に
    重要な意味があるとは思えない。

    いっぽう、明治日本がお手本にした欧米では葬祭もカジュアル化が進み、現代では一般的な葬祭では喪服を着るのは
    遺族くらいで、参列者の服装はせいぜいモノトーンのスーツやが多いという。日本でもそれくらいの意識になったほうが
    堅苦しくなくていいと思うのだが。

    今回の黒マスクマナーのみならず、Zoomの画面表示に上座下座を作ろうとしたり、金属製の名刺入れが
    革製の名刺入れより劣っていると言ってみたり、度を過ぎた荒唐無稽ぶりが問題視される日本のマナー業界。
    日本人特有の強迫観念につけこんだこの浅はかな風潮にどこかで歯止めをかけなければならない。

    https://news-pctr.c.yimg.jp/uUzvQ3lML_bkIqyakc1vFs-Knw39CLTsfp6KpenqJJD0Pzh9YJC-C-pCqZWKKbfd2BosLAtmY4usaWfUJJ3RvatswBrcjrIoY2L2GyCg3z-vYQ1zSMcMiLP3R91n8b2FNQIZrLFm8iYYVbXOQhV6UBtWWCHetPASoIkEsKHjTBA=

    前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1599027518/
    1が建った時刻:2020/09/02(水) 15:18:38.57


    【【マスク】葬祭では黒マスクを着用の新たな葬祭マナーの誕生?『珍説』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    現代の奇病『イクイク病』に悩む女性の告白「通勤中の電車で何度も絶頂が…」

    初めて聞く病名

    NO.8812210 2020/09/01 23:19
    現代の奇病“イクイク病”に悩む女性の告白「通勤中の電車で何度も絶頂が…」
    現代の奇病“イクイク病”に悩む女性の告白「通勤中の電車で何度も絶頂が…」
    あなたは通称“イクイク病”と呼ばれる奇病があることをご存じだろうか? 女性を対象とした持続性性喚起症候群という疾患で、2001年に米国で発見されたばかりの新しい病気だ。

    男性の中には「なんてうらやましい病気なんだ!」と喜ぶ者もいそうだが、実際にはそんな単純な話ではない。

    日常生活の何気ない動作でも“性的絶頂”に達してしまい、その数は多い人だと1日100回を超すという。

    これを自分に置き換えれば、うらやましいとは絶対に思えないはずだ。

    今回、筆者はそんな持続性性喚起症候群に悩むA子さん(30代)という女性に接触。

    彼女から話を聞くことができた。

    「症状を自覚したのは7〜8年前のことです。ただし、人に説明できるようなものではないですし、恥ずかしさのあまり誰にも打ち明けられない日々が続いていました」特に地獄だったのは通勤中の満員電車。

    その振動からくる刺激で、会社に行くまでに強制連続絶頂を強いられていたという。

    しかもこれだけでは終わらない。

    「仕事中も電話の音、座っている姿勢を変えただけでイッてしまうこともあり、替えの肌着が1日何枚も必要な状態でした」さすがに意を決して病院で診てもらうも発症原因も不明なら治療法も確立されていない。

    それ以前にこの病気のことを知らない者も多かったそうで、「色情症じゃないの?」と彼女が異常的な性的欲求の持ち主のように言う医師すらいたそうだ。

    「病気は今も治っていません。おかげで仕事も長く勤めることができないのですが、今はコロナ禍の影響でリモートワークが続いており、そこはすごく助かっています」そう話す一方、病気のせいで諦めたモノも多い。



    【日時】2020年09月01日 18:00
    【ソース】アサ芸Biz
    【関連掲示板】

    ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

    にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
    にほんブログ村ランキング


    ニュース全般ランキング


    【【奇病】現代の奇病『イクイク病』に悩む女性の告白「通勤中の電車で何度も絶頂が…」】の続きを読む

    このページのトップヘ