ぼっちゃんのブログ

当ブログの掲載記事・文章・画像等は
Twitter、2ch、5ch、爆サイなどからの転載です。
様々なグルメ情報や話題をお届けするブログです。

    カテゴリ:ニュース > 動物

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    車内に現れたクモを追い出さず、そのままペットとして成長を見守り続けている男性の話題がオーストラリアより届いた。1年で約15センチと倍の大きさに成長したクモの“スティーブ”を、男性は一度外に放したものの翌日には戻ってきたという。現在も一緒にドライブを楽しんでいるクモとの生活を、『LADbible』などが伝えている。

    オーストラリア在住のクリステイラーさん(Chris Taylor、42)は昨年2月のある日、車内で大きなクモを発見した。クモに恐怖を感じて叫び声をあげて逃げたり追い出す人もいるが、そこまで苦手ではなかったクリスさんは思い付きでこのクモを車内に棲ませることにした。

    クリスさんは「スティーブは1年前のある日、信号待ちをしていた時にダッシュボードに現れたんだ」と出会った当時を振り返っている。クリスさんはこのクモに“スティーブSteve)”という男性名を付けたが、しばらくして雌のクモであると判明した。そして約1年間、クリスさんに見守られながら車内で過ごしていたスティーブは、発見時の倍ほどである6インチ(約15センチ)の大きさに成長した。

    「数か月前にスティーブを外へ逃がしてみたのですが、翌日になるとサンバイザーのところに戻っていました。どういうわけか、スティーブはこの車を気に入っているようですね。」

    そのように話すクリスさんは、クモ嫌いではないものの「膝の上に落ちてきた時や、時速124マイル(約200キロ)で走行中に頭上10センチのところに現れた時はさすがに嫌でしたね。一度だけ、スティーブが膝の上に落ちてきてシドニー・ハーバーのトンネルの壁にぶつかりそうになったことがありますよ」とスティーブとのトラブルもあったと明かす。

    多少の不便さはあるものの、スティーブがいることによって運転中により注意深さが増すというクリスさんは「私の車に乗った人はみんな驚いたり叫び声をあげたりしています。誰も乗りたがらなくなったので、節約になりますね」と予想外メリットについても語った。

    これからもスティーブを追い出すことはしないと述べたクリスさんだが、「スティーブのことは好きだけど、まだ近しい友人と言えるほどの距離間ではないです。スティーブと一緒にドライブをするのはとても楽しいから、もしスティーブがこの車から離れる決心をしたらちょっと寂しくなるね」とコメントしている。

    なお過去には、家で発見したクモを見守り続けて1年後に巨大に成長したクモの姿を捉えた写真が大きな話題を呼んでいた

    画像は『LADbible 2022年2月4日付「Aussie Bloke Who Found Huge Spider In His Car Has Kept Her As A Pet For A Year」(Credit: Caters)』のスクリーンショット
    (TechinsightJapan編集部 iruy)

    海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


    (出典 news.nicovideo.jp)

    クモ (蜘蛛からのリダイレクト)
    クモ(蜘蛛、英: spider)は、節足動物門鋏角亜門クモガタ綱クモ目(クモもく、Araneae)に属する動物の総称である。網を張り、虫を捕食することで一般によく知られている。クモ目を指してクモ類ともいうが、クモガタ類やフツウクモ類との区別のために真正クモ類と呼称することもある。この類の研究分野はクモ学といわれる。
    63キロバイト (9,893 語) - 2022年1月28日 (金) 01:49



    <このニュースへのネットの反応>

    【クモを見守り続ける男性 1年後には驚きの大きさにwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    散歩中のリード不使用、どう思う?「犬にも権利はある」



    (出典 i.pinimg.com)



    犬にも権利はある?

    犬にも権利はある?

    Wizleapは1月28日「ノーリード」に関する調査結果を発表した。調査は1月にネット上で実施し、1095人から回答を得た。

    散歩中、犬にリードを付けない犬の飼い主に対してどのように感じるかと聞いたところ、「必ずしもリードを付けなくても良い」と答えたのが犬を飼っている人で9%、飼っていない人で14%とそれぞれ1割前後だった。

    「愛犬が危害を加えられた経験がある」は2割

    リードを付けなくても良い」と答えた人に理由を聞くと、

    「犬にも権利はあると思うからです。この世のもの全てが人間のものではないから」(20代男性/犬を飼育していない)
    「しっかりとしつけされている犬だったらリードをつけていなくてもとりわけ恐怖などは感じなかったから」(30代女性/犬を飼育していない)

    といった声が寄せられた、一方で「付けるべき」と回答した人からは「急に飛び出して車にはねられてしまうというような事はリードつける事によって減らせると思います」と周囲に対する配慮だけでなく、飼い犬自身を守るためにも必要と考える人もみられる。

    実際に「ノーリードの散歩が原因で愛犬が危害を加えられた経験がある」とした人は20%、「危害を加えてしまった経験がある」とした人は2%、「両方ある」とした人は1%いた。合計すると5人に1人は、ノーリードが原因で何らかのトラブルに遭ったことになる。

    次に「愛犬が飼い主の命令をどの程度聞くことができるか」と聞くと、「どんな状況でも聞く」という回答はわずか5%にとどまった。「大抵の状況で聞く」(50%)、「限定的な状況下であれば聞く」(40%)は合わせて9割。「言うことを聞かない」という飼い犬も5%いる。

    また、住んでいる地域でノーリードが禁止されているかどうかを「知らない」と答えた人は83%。飼い犬の有無別にみると、飼っている人では72%とやや少なかったものの、飼っていない人では85%が知らなかった。

    散歩中のリード不使用、どう思う?「犬にも権利はある」「恐怖などは感じなかった」と肯定する声も


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【散歩中のリード不使用、どう思う?「犬にも権利はある」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 img-cdn.guide.travel.co.jp)



    1 ばーど ★ :2020/09/06(日) 09:09:38.98

    京都市動物園(左京区)は5日、国天然記念物で国内最高齢だったツシマヤマネコの雌「ミヤコ」が同日に*だ、と発表した。18歳4カ月だった。6日から献花台を設けるという。

    今年3月から腎不全による食欲不振がみられ、7月に暑さ対策で入院室に収容。8月下旬からは流動食のみを与えていた。死因は今後特定する。

    ミヤコは2002年に福岡市動物園で生まれ、これまで10頭を出産。12年に環境省の保護増殖事業で京都市動物園に来園した。同園にはミヤコの他に、ツシマヤマネコを3頭飼育している。

    ツシマヤマネコは長崎県対馬市内だけに生息し、環境省レッドリストでは絶滅の恐れが極めて高いとされる「絶滅危惧1A類」に分類。野生では90~100頭程度生息し、国内では9施設で28頭が飼育されているという。

    坂本英房園長は「ツシマヤマネコの保全に向け、京都での知名度向上に大きな存在だった。最高齢になるまで頑張ってくれてお疲れ様と言いたい」と話した。

    9/6(日) 8:48 京都新聞
    https://news.yahoo.co.jp/articles/684bacec8a9ad93a067e1af26d6e5532b761f293

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【国内最高齢のツシマヤマネコの雌「ミヤコ」死ぬ 18歳 絶滅危惧1A類 国天然記念物 京都市動物園】の続きを読む

    このページのトップヘ