ぼっちゃんのブログ

当ブログは、Twitter、2ch、5ch、爆サイなど
スレッドのニュースまとめブログです。
様々な情報や話題をお届けするブログです。

    カテゴリ:ニュース > スポーツ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 happy-dongurico.com)



    1 ばーど ★ :2020/11/02(月) 11:44:51.18

    ハンドボール元日本代表の宮崎大輔選手が2日未明、愛知・名古屋市内で、知人女性の髪を引っ張るなどした暴行の疑いで逮捕されたことがわかった。

    捜査関係者によると、逮捕されたのは、ハンドボール元日本代表の宮崎大輔容疑者(39)で、2日未明、名古屋市内のホテルで知人女性の髪の毛を引っ張るなどした暴行の疑いが持たれている。

    宮崎容疑者は1日夜、名古屋市内の飲食店で男女4人で食事をして酒に酔っていたとみられ、その中の女性1人とけんかとなり、警察が駆けつける騒ぎとなっていた。

    調べに対し、宮崎容疑者は、容疑を否認しているという。

    宮崎容疑者は、ハンドボール日本代表として長年活躍し、ハンドボール界のレジェンドといわれ、2019年、日本体育大学に再入学している。

    https://www.fnn.jp/articles/-/102469


    【【速報】ハンドボール、元日本代表 宮崎大輔選手を逮捕 知人女性を暴行】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 toyotagazooracing.com)



    【ル・マン24時間レース 2020年 結果:トヨタ8号車が3連覇で有終の美】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【速報】松山英樹は初日1オーバー 石川遼2オーバー


    松山 英樹(まつやま ひでき1992年2月25日 - )は、日本のプロゴルファー。愛媛県松山市出身。明徳義塾中学校・高等学校・東北福祉大学卒業。レクサス(トヨタ自動車)所属。日本人最年少マスターズ予選通過者(当時19歳)。アマチュア時代には、日本のアマチュアゴルファーとして初めてマスターズの出場権を獲得した。
    27キロバイト (2,310 語) - 2020年9月6日 (日) 09:34



    (出典 topics24.jp)



    【【速報】松山英樹は初日1オーバー 石川遼2オーバー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/09/17(木) 16:52:26.57


    9/17(木) 16:25
    スポーツ報知

    日本ボクシングコミッション、枝川孝氏、春木博志氏、鳥海純氏を処分
    枝川孝氏
     日本ボクシングコミッション(JBC)は16日、六島ジム(大阪市)の枝川孝氏(前会長、56)、ミツキジム(大阪・堺市)の春木博志プロモーター(前会長、52)、TEAM10COUNTジム(神奈川・平塚市)の鳥海純会長(46)の3人をそれぞれボクシング界の信用を著しく貶めたとして処分したと発表した。処分はいずれも9日付。

     発表によると、枝川氏は経営する不動産会社の法人税などを脱税し、法人税法違反などの罪で懲役1年、執行猶予3年の有罪判決を受けた。8月24日よりライセンス資格無期限停止処分。

     春木氏は昨年12月14日、大阪・岸和田市内での興行開始前に元トレーナーを殴り、傷害罪で起訴された。同日よりプロモーターライセンスの1年間停止処分。

     鳥海氏は所属選手との間でJBC規定のマネージメント料(ファイトマネーの33・3%)を超えた額を長期にわたり徴収。今年1月1日よりクラブオーナー及びマネージャーライセンスの6か月停止処分。なお、TEAM10COUNTジムは公式サイトで9月末での閉館を発表している。


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    https://news.yahoo.co.jp/articles/4c6d896388a3e3707ceeb3417f20298442fc06ba


    【日本ボクシングコミッション、枝川孝氏、春木博志氏、鳥海純氏を処分】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    1 久太郎 ★ :2020/09/17(木) 10:40:59.77

    フランス・プロリーグ機構(LFP)は16日、リーグアン第3節のパリSG対マルセイユ(0-1)で退場したFWネイマールら5選手の処分を発表した。

     同試合は前半からイエローカードが飛び交う荒れた展開の中、後半アディショナルタイム6分に乱闘が勃発。ロングボールの競り合いでパリSGのMFレアンドロ・パレデスがマルセイユFWダリオ・ベネデットのファウルを受け、激怒して報復を行った。そして押し倒されたベネデットがパレデスの足を引っ掛けて転ばせると、そこから両チームの選手たちがエキサイト。各所で小競り合いが起こった。

     その中で互いに蹴り合ったDFレイバン・クルザワとDFジョルダン・アマビィが退場を命じられ、パレデスとベネデットにもレッドカード。さらにネイマールがマルセイユDFアルバロ・ゴンサレスの後頭部を殴ったとして、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を経て退場処分となった。

     LFPの懲戒委員会は協議の結果、クルザワに6試合、アマビィに3試合、ネイマールとパレデスに2試合、ベネデットに1試合の出場停止処分を科すことを決定。ブラジル『グローボ・エスポルチ』によると、ネイマールとパレデスは今後の公式戦10試合で再び懲戒問題に関与した場合、3試合目の出場停止処分を受けることになるという。

     なお、LFPは相手に向けてつばを吐いた疑いのあるMFアンヘル・ディ・マリア、ネイマールへの人種差別疑惑のあるA・ゴンサレスについては、懲戒委員会で調査を行うとしている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5a51398d1e6af896e1bda17ad9eac747e24f25ba


    【【サッカー】乱闘で退場したネイマールら5選手の処分が決定 】の続きを読む

    このページのトップヘ