ぼっちゃんのブログ

当ブログの掲載記事・文章・画像等は
Twitter、2ch、5ch、爆サイなどからの転載です。
様々な情報や話題をお届けするブログです。

    タグ:ヤクザ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    【【ヤクザ】《死刑判決に控訴》工藤会 野村悟“総裁”の真の姿】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【工藤会】「すみません、しゃべります」“鉄の結束”ほころび始めた瞬間


    NO.9784399 2021/08/26 19:32
    「すみません、しゃべります」工藤会の“鉄の結束”ほころび始めた瞬間
    「すみません、しゃべります」工藤会の“鉄の結束”ほころび始めた瞬間
    ■落日の工藤会 トップ極刑判決(2)
    「中におるんやろうが。出てこい」「関東に帰れ」

     北九州市内の集合住宅前で、男たちが大声を上げていた。住んでいたのは、特定危険指定暴力団工藤会対策のために警視庁などから応援派遣された警察官。暴力団風の男たちは毎晩のように集まり、挑発を続けた。

    福岡県暴力団排除条例が施行された2010年ごろから工藤会は、警察への敵意をむき出しにするようになった。警察官が職務質問をすれば、大勢の組員が集まって取り囲んだ。「違法な職質だ」と怒号を浴びせ、インターネットに動画を投稿した。自宅まで尾行された警察官もいる。

     12年4月19日、工藤会幹部と直接話ができる数少ない捜査員だった元警部が銃撃されたことで、対決姿勢は決定的なものとなった。

     日ごろから組員と付き合い、内部情報を入手する-。そんな従来の暴力団捜査は困難になっていた。打つ手が限られる中、県警は、ある捜査手法に望みをかけた。組員らが使用する携帯電話を割り出し、電話のやりとりを聞き出す通信傍受だ。

    13年1月、東京の通信会社の一室。社員立ち会いの下、「傍受実施班」の捜査員らはヘッドホンをして耳をそばだてた。対象は、元警部銃撃事件に関与した疑いがある組員。証拠隠滅を図るやりとりをするのではないか。そんな狙いで通話を聞いていた。

     「あれがいるのお、1個。名義のないやつが」

     他人名義の携帯電話を準備しようとしているのだろうか。「マシン」「腹九分」といった隠語が飛び交った。「●時●分発」「マフラーをした女の横」。標的にした人物の行動を伝え合うような会話も..
    【日時】2021年08月26日 09:40
    【ソース】西日本新聞

    【【工藤会】「すみません、しゃべります」“鉄の結束”ほころび始めた瞬間】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    タトゥー大流行のいま「ヤクザはどんな刺青を入れているのか?」


    NO.9780044 2021/08/25 08:27
    タトゥー大流行のいま「ヤクザはどんな刺青を入れているのか?」〈暴力団幹部が解説〉――2021上半期BEST5
    タトゥー大流行のいま「ヤクザはどんな刺青を入れているのか?」〈暴力団幹部が解説〉――2021上半期BEST5
    「闇カジノを摘発しても、ケツ持ちの暴力団までは…」警察を悩ませるヤクザの巧妙な“博打ビジネス” から続く

    2021年上半期(1月~6月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。国内部門の第2位は、こちら!(初公開日 2021年2月21日)。

    「自分が背中に刺青を入れたのは20代の中ごろだった。ヤクザにとって刺青は、切り離せないほど重要。自分の体に『墨を入れる』ということは、それまでとは違う人生に進むということだ」

     ヤクザにとっての刺青の意味について、このように強調するのは、首都圏で活動している指定暴力団幹部だ。

    ■暴力団員にとって「刺青」とは?
     タトゥーとも呼ばれ、ファッションの一部と考える若者もいる刺青だが、暴力団員などの反社会的勢力を連想する人も多い。実際に、暴力団幹部の多くは背中に刺青を入れており、暴力団社会で生きていく上では重要視されている慣習となっている。

     冒頭の指定暴力団幹部が続ける。

    「ヤクザとして刺青を入れるのは、この道で生きていく決意を固めたということ。カタギ(一般人)の社会には、もうこれで戻らないという気持ちで入れた。最近は、親分や兄貴分の名前を自分の体に入れる人もいる」

    ■親分の名を広めるという目的も
     暴力団では強制的に刺青を入れさせられるわけではなく、多くは自主的に入れているとされる。

     その中でも前出の指定暴力団幹部が指摘するように、いまは若い暴力団員を中心に、人名を刺青で入れるのが流行っているという。

     実際に親分の名前を体に入れている別の指定暴力団幹部が、詳しい事情を説明する。..
    【日時】2021年08月25日 06:12
    【ソース】文春オンライン

    【タトゥー大流行のいま「ヤクザはどんな刺青を入れているのか?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    【【中継】暴力団「工藤会」トップに死刑判決 市民標的に殺傷事件 福岡地裁】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    NO.9484929 2021/05/16 22:04
    「財布に100万。妻にはスナックを持たせ、女はホストと遊ばせてやる」ヤクザが明かす“女とカネ”の現実
    「財布に100万。妻にはスナックを持たせ、女はホストと遊ばせてやる」ヤクザが明かす“女とカネ”の現実
    「ヤクザの女に手を出したな」コワモテ男が現れる“美人局”は本当にあるのか?〈暴力団幹部が解説〉 から続く

     相次ぐ「ヤクザと女」をめぐる事件、そして、女性をめぐる暴力団のシノギについて、 #1 と #2 で、警察当局の捜査幹部や暴力団幹部の証言を元に振り返ってきた。

     では、そのシノギにもなる女性たちを、ヤクザはどのように引きつけているのか。

     かつて、ヤクザは「格好良い高級車に乗って、“いい女”を連れて歩く」といったイメージで語られることがあった。1980年代の終わりから90年代はじめのバブルの好景気のころは、まさにこうしたイメージを体現していたヤクザが多かったようだ。近年は経済的な困窮から暴力団の数は減少傾向だが、時代は移っても、こうしたイメージは変わらない。

     夜の街での女性たちとの付き合い、女性を引き付けるための身だしなみまで、暴力団の動向をウオッチし続けてきた警察当局幹部やベテランの暴力団幹部が、実体験から語った。

    ■ホストクラブで女を遊ばせ、自分はその横で……
    「ヤクザが女にもてるとすれば、それはカネだな」

     首都圏に活動拠点を持つ指定暴力団幹部がニヤリと笑顔を見せて語る。

    「ヤクザは格好つけて、財布の中にいつも100万円ぐらいは入れている。夜の街で1万円札が、ぎっちりと詰まっている財布の中身をパッと見せれば付いてくる女性は多い。カネだよ、カネ。逆に言えば、カネがないヤクザには女が付いてこない」

     この幹部は気に入った女性がいれば、意外にも若い男性が在籍するホストクラブに連れて行くのだという。

    「高級クラブで酒を飲ん..

    【日時】2021年05月16日 17:12
    【ソース】文春オンライン


    【「財布に100万。妻にはスナックを持たせ、女はホストと遊ばせてやる」ヤクザが明かす“女とカネ”の現実】の続きを読む

    このページのトップヘ