ぼっちゃんのブログ

当ブログは、Twitter、2ch、5ch、爆サイなど
スレッドのニュースまとめブログです。
様々な情報や話題をお届けするブログです。

    タグ:世界保健機関

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    4月に施行された香川県ネット・ゲーム依存症対策条例は違憲だとして、高松市在住の高校3年の男子生徒らが9月30日、県を相手取り、計約160万円の損害賠償を求めて高松地裁に提訴する。

    この条例は、全国で初めてオンラインゲームなどに対する依存症から子どもを守る目的で、制定された。保護者に対して、子どもゲームの利用を1日あたり60分までにするなどの努力義務を課している。

    原告代理人で、選択的夫婦別姓などの違憲訴訟で知られる作花知志弁護士によると、訴訟では、条例の根拠となる「ネットゲーム依存症」は医学的な根拠が不明確だとして、憲法に違反すると主張するという。

    この条例をめぐっては、「利用時間まで県が定めることは行き過ぎであり、県議会での議論や情報公開も不十分だ」と批判を受けていたほか、香川県弁護士会も憲法に違反するおそれがあるとして、廃止を求める会長声明を発表している。(弁護士ドットコムニュース編集部・猪谷千香)

    「条例の立法目的が正当ではなく、憲法に違反」

    今回の条例の目的「ゲーム障害」について、次のように書かれている。

    インターネットコンピュータゲームの過剰な利用は、子どもの学力や体力の低下のみならずひきこもり睡眠障害、視力障害などの身体的な問題まで引き起こすことなどが指摘されており、世界保健機関において「ゲーム障害」が正式に疾病と認定されたように、今や、国内外で大きな社会問題となっている。とりわけ、射幸性が高いオンラインゲームには終わりがなく、大人よりも理性をつかさどる脳の働きが弱い子どもが依存状態になると、大人の薬物依存と同様に抜け出すことが困難になることが指摘されている。

    原告側は、「ゲーム障害」の定義が不明確であり、「ひきこもり睡眠障害、視覚障害などを引き起こす」という点に対して、「科学的根拠が不明」とする。また、"世界保健機構(WHO)でゲーム障害が正式に疾病と認定された"とされているが、ゲーム障害について触れた「ICD-11」(国際疾病分類第11版)は2018年に公表されたもので、条例成立時は未発効のものであることも指摘している。

    続いて、条例では「ネットゲーム依存症」について、次のように書かれている。

    加えて、子どもネットゲーム依存症対策においては、親子の信頼関係が形成される乳幼児期のみならず、子ども時代が愛情豊かに見守られることで、愛着が安定し、子どもの安心感や自己肯定感を高めることが重要であるとともに、社会全体で子どもがその成長段階において何事にも積極的にチャレンジし、活動の範囲を広げていけるようにネットゲーム依存症対策に取り組んでいかなければならない。

    この部分に対して、原告側は「ネットゲーム依存症」は「医学的根拠を持つ疾病なのかも不明確である」とする。一方、WHOによる「ICD-11」が定義する「ゲーム障害」は、「オンラインゲームビデオゲームのやりすぎで健康を損なったり生活に支障をきたすこと」が対象で、「少なくとも、ゲーム行動ではないインターネット利用は、その対象となっていない」と指摘する。

    コロナ流行下で保障されるべき子どもオンライン活動

    また、原告側は、仮に立法目的に正当性が認められたとしても、利用時間などを定めたことは、原告らの基本的人権に必要以上の制限を強いているとして、次のように指摘している。

    子どもに家庭で何時間ゲームを利用させるべきか、スマートフォンを何時間利用させるべきか、何時まで利用させるべきかは、親子で話し合い、その経験を重ねること自体が、互いに成長することができる貴重な学びの場となることである。この条例は、その場を奪うことを意味しており、憲法が保障する諸権利を合理的な根拠なく侵害するもので、原告らの基本的人権を必要以上に制限していることは明白」

    一方、この条例が施行されたのは今年4月だが、新型コロナウイルスの世界的な流行下にあり、外出制限が求められたり、休校する相次いだ。これを受けて、「あつまれ動物の森」など、ネットを利用したゲーム子どもたちの間のコミュニケーションツールとして活用されたとしている。

    日本も批准国である「子どもの権利条約」の委員会は4月、新型コロナ流行下で、子どもたちにとって、余暇やレクリエーションとして、テレビオンラインでの活動が保障されなければならないという声明を発表している。これについても、原告側は、「条例は子どものそのような活動を制限するものであり、声明に反して許されない」とした。

    原告の男子高校生、渉さんは、この裁判を起こすために、ネットで支援を募るクラウドファンディングで、1844人から約612万円を集めていた。

    「ゲーム規制条例は違憲」 男子高校生、9月30日に香川県を提訴へ「貴重な学びの場を奪う」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 amd.c.yimg.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【「ゲーム規制条例は違憲」 男子高校生、9月30日に香川県を提訴へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 image.rakuten.co.jp)



    1 蚤の市 ★ :2020/09/09(水) 06:32:24.06

     新型コロナウイルスの感染が収まらない中、介護現場で必需品の使い捨て手袋が世界規模で不足している。個人の衛生管理の意識が高まったり、スーパーや飲食店でも使うようになったりしたためとみられ、仕入れ値も跳ね上がり入手しづらい。国内ではほとんど製造されていないうえ、マスクのように手作りできず、急激に高まる需要に供給が追いついていない。(神谷円香)

    ◆個人やスーパーでも使うことで品薄に
     介護現場では、食事の介助や口のケア、おむつを替える排せつ物の処理などで使い捨ての手袋が必需品。しかし、神奈川県の特別養護老人ホームで働く60代男性は「これまで毎月注文していたが、6月以降は注文しても品物が届かない」と嘆く。備品の在庫管理を担当し、3月は「なくなるかも」との情報で2カ月分を購入した。5月初めに再度注文し6月に届いた分が残り少ない。6月以降も毎月注文しているが、7月と8月に届くはずの品物が今も届いていない。
     不足しているのは、塩化ビニール製やニトリル製の薄手の使い捨て手袋。手にフィットして汎用性が高い。コロナ禍以前は通常は1箱100枚入りが数百円程度だったが、今は数倍に跳ね上がっている。男性の施設では、台所用の厚手の手袋で一部代用するなどやりくりするが、品薄が続くならば「どう感染リスクを減らし安全性を担保するか、保健所に指針を示してほしい」と話す。

    ◆日本ではほぼ生産していなかった
     全国老人福祉施設協議会は3月から、マスクやガウン、消毒液、手袋などの供給状況をメーカーに聞き、どこで買えるかを全国の高齢者施設に情報提供してきた。当初はマスクが不足したが、今は手袋がないと切迫した声が各地から届く。
     塩ビ製は中国、ニトリル製はマレーシアが主な生産国で、国内メーカーはこれらの国から買い付けて販売している。あるメーカーによると、現在は「欧米の買い付けが強く、価格高騰に日本の業者がためらううちに持って行かれる」状態。あまりの値上がりに入荷を停止する企業もあり、「国内流通はしばらく回復しそうにない」という。

    ◆一般人には不要「小まめな手洗いの方がいい」WHO
     国内大手のショーワグローブ(兵庫県姫路市)は8月、ニトリル製手袋の生産拠点を香川県に新設すると発表した。担当者は「これまで生産していなかったが、海外に発注しても半数しか入らず、出荷できないのは心苦しかった」と話す。操業開始は2023年春を予定する。
     一般の人が感染予防として手袋を付けるのに効果はあるのか。世界保健機関(WHO)は、「手袋の表面にもウイルスは着く。その手で顔を触れば同じこと。小まめに素手を洗うほうが感染は防げる」。米疾病対策センター(CDC)も普段は手袋は必要ないとし「手袋をするのは、家を掃除する時と病気の人をケアする時」と説明している。

    東京新聞 2020年09月09日 05時55分
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/54242


    【【悲報】「手袋が足りない!」介護現場から悲鳴 マスクより深刻】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    米国がWHO脱退を国連に正式通知 「中国が注目」


    米国が、来年7月6日付で世界保健機関WHO)から脱退すると、国連のグテーレス事務総長に正式に通知したことが中国でも注目されている。
    中国メディアの新浪新聞によると、国連のステファン・ドゥジャリク事務総長報道官は7日午後、米国政府が6日、WHOを脱退する通知を正式に行ったと明らかにした。
    トランプ大統領は4月以降、新型コロナウイルスをめぐるWHOの対応が「中国寄りだ」と批判し、資金拠出の停止や脱退の意向を表明していた。
    中国中央テレビCCTV)のニュースサイトによると、米野党・民主党ロバート・メネンデス上院議員は7日、ツイッターで、議会は大統領から脱退通告の説明を受けたとした上で、「大統領新型コロナ対応は無秩序で一貫性がない」「WHO脱退は米国民の命や利益を守るものではない。米国人を病気にして米国を孤立無援にする」などと批判した。
    米国のWHO脱退について、中国のネット上では「分担金をすべて支払うのが先だ」「遅くまで起きていたら重大な出来事に遭遇」「2020年。また歴史の立会人になった」「離脱・脱退好きのトランプ政権。米国はいつ地球から脱退するのか」「全銀河系があなたを歓迎しません」などのコメントに共感が寄せられていた。(翻訳・編集/柳川)

    米国が、来年7月6日付で世界保健機関(WHO)から脱退すると、国連のグテーレス事務総長に正式に通知したことが中国でも注目されている。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    450種類の指標項目を定義し、世界各国の政府と保健医療政策行政機関から報告を受け、世界各国、大陸地域別、世界全体の統計データベースを公開している。指標項目の一部を抜粋して、世界保健公報(World Health Publications)、世界保健統計年次報告書(World Health
    39キロバイト (4,767 語) - 2020年7月3日 (金) 19:36

    米国がWHO脱退・・・・

    ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

    にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
    にほんブログ村ランキング


    ニュース全般ランキング

    <このニュースへのネットの反応>

    【米国がWHO脱退を国連に正式通知 「中国が注目」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    中国で確認された豚インフル、「WHOは新しいウイルスではないと強調」


    中国国営英字紙チャイナ・デーリーは2日、微博(ウェイボー)への投稿で、人にも感染する豚インフルエンザウイルスが中国で確認されたことについて、「世界保健機関WHO)は新しいウイルスではないと強調した」と報じた。
    チャイナ・デーリーは、「海外メディアは最近、人にも感染する豚インフルエンザウイルスが中国で確認されたと躍起になって報じている。だがこれについて、WHOの緊急対応責任者マイクライアン氏は1日、『これは新しいウイルスではなく、2011年から中国当局や世界インフルエンザ監視ネットワークWHO協力センターの監視下に置かれているものだ。このほど発表された情報は、その期間中の監視の成果だ』と強調した」と伝えている。(翻訳・編集/柳川)

    中国国営英字紙チャイナ・デーリーは2日、人にも感染する豚インフルエンザウイルスが中国で確認されたことについて、「WHOは新しいウイルスではないと強調した」と報じた。撮影:HG-Fotografie


    (出典 news.nicovideo.jp)

    450種類の指標項目を定義し、世界各国の政府と保健医療政策行政機関から報告を受け、世界各国、大陸地域別、世界全体の統計データベースを公開している。指標項目の一部を抜粋して、世界保健公報(World Health Publications)、世界保健統計年次報告書(World Health
    39キロバイト (4,767 語) - 2020年6月25日 (木) 15:48



    <このニュースへのネットの反応>

    【中国で確認された豚インフル、「WHOは新しいウイルスではないと強調」】の続きを読む

    このページのトップヘ