ぼっちゃんのブログ

当ブログの掲載記事・文章・画像等は
Twitter、2ch、5ch、爆サイなどからの転載です。
様々な情報や話題をお届けするブログです。

    タグ:工藤会

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    no title


    【《自宅の車庫に火炎瓶も…》“トップに死刑判決”の工藤会に安倍晋三前首相サイドが「300万円提供」の過去】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    【【ヤクザ】《死刑判決に控訴》工藤会 野村悟“総裁”の真の姿】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【山口組】捜査関係者「工藤会の組員を弘道会が預かる⁈」警察が警戒


    NO.9796284 2021/08/31 01:23
    工藤会トップ死刑判決、暴力団の動きを警察が警戒
    工藤会トップ死刑判決、暴力団の動きを警察が警戒
    特定危険指定暴力団・工藤会(北九州市)のトップに死刑判決が言い渡され、指定暴力団・山口組(神戸市)の動向を関係者が注視している。工藤会の弱体化を見すえ、九州進出をうかがうのではとの見方も出るなか、愛知県警は名古屋市内に本部を置く中核組織に対して警戒を強めている。

    福岡地裁は24日、工藤会総裁の野村悟被告(74)に死刑を言い渡した。

    「いま九州に手をかけたら火事場泥棒だ。うわさも出ていない」

    国内最大規模の山口組の関係者はそう語る。

    ただ、山口組の中核組織「弘道会」(名古屋市中村区)出身で、山口組ナンバー2の高山清司若頭(73)は昨年10月、空路で福岡入り。福岡拘置所で約30分間、野村被告と面会したとされる。

    愛知県警幹部は「判決が確定したわけではないが、新たな動きがあるかもしれない」と警戒する。

    別の捜査関係者は「工藤会の組員を弘道会が預かることはありうる」と指摘する。

    暴力団事情に詳しいジャーナリストは「高山若頭の動きを、みな注目している」と言う。

    「国内最大勢力の山口組にとって、九州の支配を何とかしたいというエネルギーは大きい。起点として工藤会を取りたいだろう」

    【日時】2021年08月30日 11:30
    【ソース】朝日新聞デジタル

    【【山口組】捜査関係者「工藤会の組員を弘道会が預かる」警察が警戒】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【ヤクザ】工藤会トップ新たな速報wwww

    『速報』工藤会トップ新たな速報wwww

    NO.9791706 2021/08/29 07:14
    死刑言い渡された「工藤会」トップ 弁護士以外の人と面会禁止
    死刑言い渡された「工藤会」トップ 弁護士以外の人と面会禁止
    合わせて4人の市民を死傷させた事件で殺人などの罪に問われ、死刑を言い渡された北九州市の特定危険指定暴力団「工藤会」のトップに対し裁判所が弁護士以外の人との面会を禁止する措置をとったことがわかりました。

    北九州市の特定危険指定暴力団「工藤会」のトップで総裁の野村悟被告(74)とナンバー2で会長の田上不美夫被告(65)は平成10年から26年にかけて北九州市や周辺の地域で漁協の元組合長が射殺された事件のほか、元警察官や看護師ら3人が襲われけがをした事件に関わったとして殺人などの罪に問われ、福岡地方裁判所は野村被告に死刑を田上被告に無期懲役の判決を言い渡しました。

    2人は判決を不服として福岡高等裁判所に控訴していますが、裁判所が28日までに弁護士以外の人との面会を禁止する措置をとったことが関係者への取材で分かりました。

    野村被告は判決後に裁判長に向けて「公正な判断ではない。生涯、後悔する」などと発言していました。

    2人に対しては平成26年に逮捕されてから去年9月までのおよそ6年間、面会を禁止する措置がとられていて、今回が2度目です。

    【日時】2021年08月28日 13:29
    【ソース】NHK

    【【ヤクザ】工藤会トップ新たな速報wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【工藤会】「すみません、しゃべります」“鉄の結束”ほころび始めた瞬間


    NO.9784399 2021/08/26 19:32
    「すみません、しゃべります」工藤会の“鉄の結束”ほころび始めた瞬間
    「すみません、しゃべります」工藤会の“鉄の結束”ほころび始めた瞬間
    ■落日の工藤会 トップ極刑判決(2)
    「中におるんやろうが。出てこい」「関東に帰れ」

     北九州市内の集合住宅前で、男たちが大声を上げていた。住んでいたのは、特定危険指定暴力団工藤会対策のために警視庁などから応援派遣された警察官。暴力団風の男たちは毎晩のように集まり、挑発を続けた。

    福岡県暴力団排除条例が施行された2010年ごろから工藤会は、警察への敵意をむき出しにするようになった。警察官が職務質問をすれば、大勢の組員が集まって取り囲んだ。「違法な職質だ」と怒号を浴びせ、インターネットに動画を投稿した。自宅まで尾行された警察官もいる。

     12年4月19日、工藤会幹部と直接話ができる数少ない捜査員だった元警部が銃撃されたことで、対決姿勢は決定的なものとなった。

     日ごろから組員と付き合い、内部情報を入手する-。そんな従来の暴力団捜査は困難になっていた。打つ手が限られる中、県警は、ある捜査手法に望みをかけた。組員らが使用する携帯電話を割り出し、電話のやりとりを聞き出す通信傍受だ。

    13年1月、東京の通信会社の一室。社員立ち会いの下、「傍受実施班」の捜査員らはヘッドホンをして耳をそばだてた。対象は、元警部銃撃事件に関与した疑いがある組員。証拠隠滅を図るやりとりをするのではないか。そんな狙いで通話を聞いていた。

     「あれがいるのお、1個。名義のないやつが」

     他人名義の携帯電話を準備しようとしているのだろうか。「マシン」「腹九分」といった隠語が飛び交った。「●時●分発」「マフラーをした女の横」。標的にした人物の行動を伝え合うような会話も..
    【日時】2021年08月26日 09:40
    【ソース】西日本新聞

    【【工藤会】「すみません、しゃべります」“鉄の結束”ほころび始めた瞬間】の続きを読む

    このページのトップヘ