ぼっちゃんのブログ

当ブログの掲載記事・文章・画像等は
Twitter、2ch、5ch、爆サイなどからの転載です。
様々な情報や話題をお届けするブログです。

    タグ:火星

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【宇宙】火星で「虹」が撮影される


    NO.9377717 2021/04/06 16:30
    火星で「虹」が撮影される

    雨の後に空を彩る虹は地球の気象現象の中でも最もドラマチックなもののひとつ。ですが、そんな虹は火星でも見ることができるようです。詳細は以下から。

    NASAの火星探査機のリア左のカメラが、現地時間2021年4月4日15時14分に火星の空に掛かる「虹」を撮影しました。

    地球の虹は大気中の水滴を太陽光が分散させて生じるものですが、火星の大気中には虹ができるほどの水滴は含まれていません。
    そのためこの「虹」は地球上の者と違い、大気中のチリによって太陽光が分散されたのではないかとネット上では指摘されています。
    現時点でNASAはこの「虹」について正式なコメントを出しておらず、どれくらい頻繁に見られる現象かも不明。繰り返すこともたまにあるのでしょうか?


    【日時】2021年04月06日 15:15
    【提供】Buzzap!


    【【宇宙】火星で「虹」が撮影される】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 images.newswitch.jp)


    プラズマロケット

    1 すらいむ ★ :2021/02/02(火) 16:28:03.71

    磁場の加速で10倍速く人類を火星に運ぶ「プラズマロケット」を物理学者が発明

     アメリカ・エネルギー省プリンストンプラズマ物理研究所に所属する物理学者ファティマ・エブラヒミ博士は、新しいプラズマロケットを考案しました。

     彼女によると、磁場を使用してプラズマ粒子を噴射させる新しいロケットは、電場を用いた従来のロケットよりも10倍速くなるとのこと。

     詳細は、12月21日付けの科学誌『Journal of Plasma Physics』に掲載されました。

    目次

    プラズマを推力にするロケット
    核融合実験から着想を得る
    新しいプラズマロケットと従来ロケットの3つの違い

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    ナゾロジー 2021.02.01
    https://nazology.net/archives/82069


    【【ロケット】火星まで3カ月でいける「レーザー核融合ロケット」研究開始】の続きを読む

    このページのトップヘ