ぼっちゃんのブログ

当ブログは、Twitter、2ch、5ch、爆サイなど
スレッドのニュースまとめブログです。
様々な情報や話題をお届けするブログです。

    タグ:韓国

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    1 荒波φ ★ :2020/09/05(土) 08:24:53.52

    安倍首相の辞任表明後、日本では次期首相を巡るレースが熱い。おおむね菅官房長官、岸田政調会長、石破元幹事長が有力候補に挙げられている。3人のうち誰が首相になっても、すぐに韓日関係改善を期待するのは難しい。

    最大の懸案である慰安婦問題、強制徴用に関して、3人いずれも自民党の立場と異なる意見を掲げたことはない。実際、首相交代の変数の一つとして韓日関係を予測するのは困難だ。

    だが日本の現代政治史を振り返ってみると、「安倍後」の日本と韓日関係を占う四つの糸口を見いだすことができる。

    第一に「管理型内閣」が登場する可能性が高い。1980年、大平正芳首相が急逝して鈴木善幸内閣が成立したが、これといった足跡もない継投型の内閣にすぎなかった。2000年に小渕恵三首相が在任中に入院して、そのまま死去したときも、森喜朗が自民党有力者間の協議を経て首相に推されたものの、わずか1年で退任した。現職首相の健康問題で急きょ成立する内閣は、大抵が管理型にとどまる。

    第二に、長期政権は政策転換の圧力をつくり出す。1964年から8年にわたり政権を握っていた佐藤栄作首相の後任は田中角栄首相だった。田中角栄は佐藤栄作の親米一辺倒路線に反旗を翻して首相になると、敵性国だった中国を電撃訪問し、世界を驚かせた。2001年に自民党主流派の長期政権に反旗を翻して政権をつかんだ小泉純一郎首相もまた、電撃訪朝を断行したことがある。長期政権は党内に新たな路線への渇望を育む。また政権勢力は、ひとたびポストをつかんだら前任者とは区別される自分の足跡を残そうとする。

    第三に、政策転換には国際的な背景がある。1970年代、田中内閣の親中路線の背景には、ベトナム戦争の後遺症による米国の脱アジア政策があった。82年に政権を取った中曽根康弘首相は軍事力強化路線を打ち出したが、これはソ連との冷戦に集中していた米レーガン政権の外交路線に応えるものだった。小泉首相が電撃訪朝など独自路線を実現できた背景には「テロとの戦い」がある。小泉首相は9・11同時多発テロの後、米国へ積極的に協力することにより、それ以外の外交分野では独自性を確保したのだ

    第四に、韓日関係もまた国際構造とこれへの日本の対応に影響を受ける。70年代の韓日関係は、金大中(キム・デジュン)拉致事件や陸英修(ユク・ヨンス)暗殺事件で最低の状態だった。韓日関係悪化の背景として、アジアの同盟諸国を軽視する米国の政策を無視することはできない。また80年代に韓米日関係が急速に改善した理由として、米国が冷戦遂行のため韓日関係改善を強く望んだ事実を省くこともできない。歴代最高と評される金大中政権時代の韓日関係にも、米国と日本の大戦略が作用していた。彼らは、韓米日を中国に対抗する民主主義同盟としてまとめようと考え、これは太陽政策のために米日の支援を必要としていた金大中政権の需要ともぴったり符合した。

    過去のパターンを総合してみると、 短期的には安倍首相後に管理型内閣が登場する可能性が高い。しかし歴代最長政権となった安倍首相の後任者らは、一定期間の後、新たな外交路線を追求するだろう。

    日本が新路線を模索するとき、最も重視する変数は国際構造、すなわち「米中間の競争の中で利益の最大化をいかに実現するか」だ。彼らは、対韓外交もこのような枠組みの中で見ようとするだろう。

    現在、日本の対韓外交はあいまいだ。輸出規制をしつつも実際の輸出はほとんど全て承認している。徴用問題も取りあえず見守るという姿勢だ。1時間を超えた安倍首相の退任表明記者会見で、韓国関連の質問は一つも出なかった。

    日本は現在、米中対立の構図の中で韓国を抱擁すべきか、中国側へ突き放すべきか、悩んでいるようだ。相手がまごまごしているなら、主導権はこちら側にある。米中対決の時代、韓国は日本を抱擁すべきか、それとも突き放すべきか?


    チャン・*ン関西外国語大学教授

    2020/09/05 06:00/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/09/04/2020090480108.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/09/04/2020090480108_2.html


    【【朝鮮日報】 ポスト安倍の韓日関係、韓国が主導権を握ることができる 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    1 テノホビル(静岡県) [ニダ] :2020/09/04(金) 17:21:01.42


    韓国「日本が独島に巡視船を送ってきやがる! 大型警備艦を作って威嚇しろ!!」

    3千トン級の環境にやさしい'独島守護の警備艦'を建造 日本の挑発に対応
    2020.09.03. 16:30
    http://kannyu.blog.jp/archives/7015829.html
    独島を守護する警備艦が建造されている。 文在寅政府発足後に推進される初の独島警備艦だ。
    昨年の輸出報復を強行した日本が独島近くに随時、巡視船を送り、韓国海洋研究を妨害すると、政府が対策作りに乗り出したのだ。

    海洋警察庁は3日、3000トン級警備艦を建造する内容などを盛り込んだ2021年予算案を国会に提出したと発表した。
    警備艦建造には、2021年から2024年までの4年間で計900億ウォン(約81億円)の予算が投入される。
    独島警備艦が建造されるのは2017年文在寅政権発足以来初めてのことだ。

    警備艦は燃料と電気を使う環境にやさしいハイブリッド(複合動力型)の形で作られる。
    2024年に建造が完了すれば独島、鬱陵島と近くの大和堆海域に配備される。
    イム・ミョンギル海洋警察の企画財政担当官は「海洋領土や海洋主権守護のための予算に沿って
    警備艦が配備されれば、東海(=日本海)の警備活動と韓国の船舶の安全管理が強化されるだろう」と話した。

    韓国に対する輸出規制で経済報復を強行した日本は、昨年の海上保安庁の巡視船を独島付近に送り
    、韓国海洋調査を相次いで妨害した。 昨年の巡視船の出現回数は100回に達した。 これは2014年(101回)以来5年ぶりの最多規模だ。

    キム・ユンベ韓国海洋科学技術院鬱陵島・独島海洋研究基地隊長は「研究陣が独島海洋調査に乗り出すと、
    日本の巡視船が『日本水域から出て行け』と調査を妨害した」、
    「最近、日本の妨害が更に多くなり、調査船の航海進路まで邪魔している」と話した。

    海洋警察は、警備艦の建造をはじめ、海洋領土・主権守護予算(3453億ウォン)、
    国民生命・安全保護予算(1135億ウォン)、公正な海洋秩序確立予算(561億ウォン)、
    クリーンな海づくり予算(55億ウォン)などを来年度予算に編成した。 来年の海洋警察の全体予算は、
    今年より3.5%(521億ウォン・約47億円)増額された1兆5425億ウォン(約1388億円)で編成された。


    【韓国宣戦布告 『70年間戦争準備し20代以上の男性80%が銃を撃つことができる事を日本に見せてやる』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 www.at-s.com)



    1 首都圏の虎 ★ :2020/09/02(水) 21:12:12.06

    統一まで100億年

    【ソウル聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦被害者を支援する韓国市民団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)は2日、慰安婦問題の解決を求める定例の「水曜集会」をソウルの日本大使館前で開催し、日本の次期首相が慰安婦問題について謝罪すべきだと主張した。

     新型コロナウイルスの感染拡大防止のため記者会見の形で行われた集会は、先月29日に亡くなった被害者のイ・マクダルさんを追悼する黙とうで始まった。



     正義連は声明を出し、「新首相が真っ先にすべきことは旧日本軍の性奴隷制の被害を受けた全ての女性に謝罪し賠償することだ」とした上で、「残酷な戦争を起こさないと約束すべきだ」と求めた。

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6a74e46c7f6008854b4821b669385bfe00a9602f

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1599042621/


    【【韓国慰安婦団体】 「日本の次期首相は被害者に謝罪すべき」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    「私は反日じゃない」韓国の知事が日本メディアに警告=韓国ネット「韓国も同じ」



    (出典 assets.st-note.com)




    2020年9月2日韓国メディア韓国経済は「京畿道知事が日本メディアに警告した」と報じた。
    記事によると、ソウル近郊・京畿道(キョンギド)の李在明(イ・ジェミョン)知事はこの日、Facebookに「日本の保守右翼に警告します」というタイトルの文章を掲載し、「再武装と軍事大国化を夢見る日本の保守右翼政界を警戒しているだけであり、日本国民と日本に対する反感や敵対的な考えをしたことはない」と主張した。
    李知事は日本経済新聞が最近、自身を「日本に友好的でない人物であるかのように紹介した」と指摘し、「日本の保守右翼にとって私は非常に気に入らない人物だろう」としながらも「よりによってなぜ今、私を反日の人物と規定したのか、その隠された意図を問わざるを得ない」と問い掛けたという。
    さらに「今日本は極右勢力を支えてきた最長寿安倍首相の没落と新型コロナウイルス、経済の低迷などでパニック状態だ。現実に苦しむ自国民の視線を外部にそらして敵対心をあおり、内部の結束を強化する日本の極右勢力の伝統的戦略により、日本の極右勢力が選択した突破口は日韓関係をこじれさせること」と分析し、「結局、彼らが望むのは反韓感情の助長を通じた日韓の葛藤だ」と主張したという。
    これを受け、韓国のネット上では「さすが、よく言ってくれた」「快刀乱麻!すっきりした。李知事ファイト」と賛同の声が上がっている。
    一方で「いや、京畿道民の暮らしに気を使うべき」「今首都圏コロナで大変。まずはそこから何とかして」「大統領や首相にでもなったつもり?」とツッコむ声も上がっている。
    また「間違ったことは言ってないけど、韓国政府も反日感情を刺激して支持率を上げてるのは同じ」「韓国の左派も日韓対立の原因の1つ。彼らにも一言言って」「韓国国民が韓国政府与党に警告します。反日感情をあおって国を駄目にしてるのを隠すのはやめて」と指摘するコメントも寄せられている。(翻訳・編集/松村)

    2日、韓国メディア・韓国経済は「京畿道知事が日本メディアに警告した」と報じた。写真は李知事(李知事のFacebookより)。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「私は反日じゃない」韓国の知事が日本メディアに警告=韓国ネット「韓国も同じ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    引継ぎまで行い、部隊員に組織的に苛酷行為の疑い 
    昼夜を問わず半年にわたり強制わいせつ、暴行


    1 荒波φ ★ :2020/09/02(水) 09:43:01

    ■引継ぎまで行い、部隊員に組織的に苛酷行為の疑い 
    ■昼夜を問わず半年にわたり強制わいせつ、暴行

    海兵隊の兵士が、ある後任兵に半年以上にわたって強制わいせつを含む苛酷行為を行っていたという主張がなされている。加害兵士の退役後も、この部隊の先任兵は「引継ぎ」まで行い、組織的に苛酷行為を続けていたという。

    軍人権センターは1日、昨年12月から今年7月まで、海兵隊第1師団所属のある兵士が、同じ中隊の複数の先任兵から、強制わいせつをはじめとする苛酷行為を受けていたという情報提供を受けたことを明らかにした。

    情報提供の内容は、昨年12月に海兵第1師団に配属された被害者が、今年1月から所属小隊の最先任であるA兵長(階級名)から強制わいせつと暴行を受けてきたというもの。

    A兵長は時を選ばずズボンを*被害者に自分の下半身を見せたり、顔に体を突きつけるなどの強制わいせつを行ってきたという。

    同僚兵士はA兵長を制止することもあったが、A兵長は、建物の廊下などの公の場所でもこのような苛酷行為を日常的に行っていたというのが被害者側の説明だ。

    A兵長は、退役を控えた3月からは後任のB上兵(階級名。兵長の下)と共に苛酷行為を続けてきた、という主張もなされている。

    A兵長とともに被害者をいじめ始めたB上兵は、起床時刻の午前6時から喫煙、課業、洗面、就寝時間を利用し、毎日十数回以上、強制わいせつと暴行を行っていたと被害者は明らかにした。

    強制わいせつなどの苛酷行為を行っている間、B上兵は被害者に対し、「気をつけの姿勢は不動の姿勢」と言ってじっとしているよう強要したり、「ありがとうございます」と答えるよう強要したという。

    加害者たちは「お前は海兵隊一兵(階級名。上兵の下)だ。我慢しろ」と強要したという。被害者は軍人権センターに「C兵長、D兵長も共謀してベッドの上に縛った状態で醜行を行った」と訴えた。

    軍人権センターは「先任を通報する海兵は海兵の敵という指針は、海兵隊で長年続いてきた悪習で、海兵隊で発生するあらゆる苛酷行為が続いている主な原因の一つ」とし「犯行が半年以上にわたり昼夜を問わず、部隊の様々な公の場所で行われていたにもかかわらず、所属部隊の幹部たちはただの一人もこれを認知できていなかった」と批判した。

    そして同センターは「幹部たちが兵営管理を行っているのか疑うほど」と指摘した。被害者は軍人権センターの支援を受け、軍検察にA兵長らを軍刑法上の強制わいせつ、特殊強制わいせつ、常習暴行の容疑で告訴した。


    ハンギョレ新聞 2020-09-02 07:13
    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/37638.html


    【【韓国】「お前は海兵隊だ、我慢しろ」 強制わいせつなど半年にわたり苛酷行為 】の続きを読む

    このページのトップヘ