杉村太蔵(写真提供:JP News

27日放送の『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)で、ゲスト出演した杉村太蔵が銚子電鉄の竹本勝紀社長に鉄道事業の廃止とバス化を迫り、一部視聴者鉄道ファンが批判の声を上げている。

■銚子電鉄・竹本社長が出演

番組では新型コロナウイルスを受けた銚子電鉄の現状を放送。赤字経営が続くなか、「ぬれせんべい」や「まずい棒」など、食品販売事業で難を逃れていたが、コロナ禍で客足が激減。かなり厳しい状況なのだという。

スタジオ出演した竹本社長は「首の皮一枚。赤字5,000万」と告白し、現在は線路の石やカットレール、枕木を固定する犬釘の栓抜きなどを販売し、収益を得ているのだと話す。

大竹まことが「電鉄以外の売上が8割もある」と指摘すると、「自質せんべい屋なんで。どっちが本業かわからなくなっている。鉄道の赤字を補うためのオンリーワンのビジネスだと自負している」と話した。

関連記事:杉村太蔵、伊勢谷事件に「被害者いない」と発言の窪塚洋介に「社会的影響大きい」

■杉村太蔵がバス化を主張

竹本社長に憤りを見せたのがこの日ゲスト出演した杉村。「なんで鉄道にこだわるんですか。バスでいいんじゃないか」と、銚子電鉄の鉄道事業を事実上全否定。

ジャーナリスト須田慎一郎氏は意義を主張するが、「北海道なんかは、ローカル線をバスに切り替えたところが、結構ありますね。バスになると家の近くで止まってくれるから、こっちのほうが便利だなって言うようになってますよ 」と「鉄道事業をバスに切り替えるべきだ」と声高に主張する。

杉村はさらに銚子電鉄の全長が6.4キロメートルになっていることに、「たった6.4キロなんですよね。交通弱者だって頑張れば始発から終電までの歩けるだけの距離なんです」と存在意義を再び否定した。


■竹本社長は淡々と意義を説く

須田氏は銚子電鉄が観光や地域の足になっていることから、一定程度赤字を国や自治体が補填するよう進言。

ビートたけし阿川佐和子も同調するが、杉村はまたも声高に「地域の足だったらこんなに経営が苦しくならないんですよ。そんな僅かな人のために私たちの税金使う? それならバスじゃだめなのかってのが私の考え」と鉄道廃止を譲らない。

この後も杉村は「30人乗りのバス1台あれば充分運べるぐらいの乗客」とバッサリ。竹本社長は「全否定」する杉村に対し「反論しにくい」としながらも「学生が通ってくれている」「高齢者が免許を自主返納したら半額で乗せるサービスをやっていて、返納した夫婦が挨拶に来た」と諭す。

そして淡々とした表情で「銚子電鉄に乗りたくて銚子に来たいと言う人がたくさんいる。バスにはない魅力がある」「昭和半ばくらいの古い車両が、ゆっくりと走っていることにロマンを感じる。古びた傷だらけの車両であっても、そこに無限の可能性があると信じたい」「97年間当社を支えてくださった皆さんに恩返しがしたい」と鉄道事業を続ける意義を語った。

■杉村に一部視聴者が怒り

銚子電鉄を「バスでいい」「たった6.4キロ、歩ける」と断罪した杉村に、視聴者鉄道ファンからは「酷い。そういうものじゃない」「鉄道には鉄道の良さがある。不愉快だ」「乗ったこともないくせに言うな」と怒りの声が上がる。ただし「合理化したいならバスもあり」という擁護もあった。

バス化の是非については意見が分かれるところだが、地域や鉄道ファンに愛される鉄道事業存続のため食品販売や映画製作などアイディアを凝らし、経営を続ける竹本社長。

そんな社長の前で「バスでいい」「たった6.4キロ」と話した杉村に「無礼だ」「不愉快だ」と、憤りの声が上がっている。

・合わせて読みたい→堀江貴文氏、テレビ出演しない理由語る 「YouTubeのほうが拡散するし稼げる」

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

杉村太蔵、『TVタックル』で銚子電鉄にバス化迫りファン激怒 「不愉快」の声も


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 post.tv-asahi.co.jp)



<このニュースへのネットの反応>

【杉村太蔵、『TVタックル』で銚子電鉄にバス化迫りファン激怒 「不愉快」の声も】の続きを読む